【驚愕事実】謎に満ちた巨大ピラミッドの謎に迫る!

スポンサーリンク




エジプトのギザにそびえる大ピラミッド!誰が一体何の目的で建てたのか?未だ謎に包まれている。そもそも現在建築技術でも製造困難な、巨大ピラミッドは、どの様にして作られたのか?クフ王の超巨大ピラミッドの謎に迫ります。

謎に満ちた巨大ピラミッド

 

エジプトのピラミッドは何世紀にも渡り

人々を驚かせてきた。

伝説によると、エジプトの大ピラミッドは

紀元前250年頃クフ王によって作られた。

建設には、20年の月日を要し2万人の労働者がいたと伝わる。

しかし、ここで大きな疑問が浮かぶ!

ロープと滑車木星の道具しかない時代に、少ない労働者で

このような超巨大な建造物がわずか20年で建設されたと信じがたい。

そんな中、世界中の多くの科学者が、ピラミッドは

高度な文明によって建造されと主張している。

実際に、古代エジプト文明において高度なテクノロジーが

存在していた根拠を幾つか見ていこう。

ギザの大ピラミッドは三大ピラミッドのうちで最大で

世界最大の建造物である。

その、ピラミッドには1個2.5トン~15トンの石のブロックが

230万個も使用されている。

考古学者によると近くの砕石場から採掘し運んだと言われている。

ここでの疑問は、この驚異的な重さのブロックを労働者は

どのように運んだのか?

ブロックを巨大な丸太に乗せて押して運んだと考えられているが、

この巨大な石の重さに耐えうる材質の木材がそれほど多くないことから

現実的ではないだろう・・・

ピラミッドの完成期間を計算すると3分に1つのブロックを積み上げる計算になる。

これを人力で行うのは到底不可能だろう。

スポンサーリンク




高性能すぎるドア

一時期ピラミッドには巨大な旋回ドアがあった。

それは、ピラミッドの開口部に完璧に収まっていた為、

巨大なドアだと気づかなかった。

このような旋回ドアはピラミッドが最初に調査され時に発見された。

ドアは、完璧なバランスが取られていた為、

内側から最小限の力で開ける事ができた。

驚くべきは、人間の片手で約20トンもの扉を開ける事ができたのだ。

どのようにして、エジプト人がこの様な高精度のドアを切り出し設置することができたのかは、

いまだ、謎に包まれている・・・

正体不明のモルタル

ミラミッドの建造には、石と石を接着するモルタルが使用されている。

いかし、このモルタルは何度も分析したが、

すべての組織は判明しておらず現在の技術で未だ解明しそれを再現することができない。

しかも、驚くべきこ事に、このモルタルは石自体より強く、数千年の間

その場所にとどまっているのだ・・・

正確すぎる位置関係

ピラミッドの南北の軸は、実際の南北の方向とのずれが

なんと・・・0.15度以内に調整されている。

この様な高い精度でピラミッドを建設するには

複雑なアルゴリズムを使用するほかない。

これらのアルゴリズムは、太陽の位置が簡単に分かる夏至や冬至

でしか利用できない。

加えて、大気の状況、視点その他の要素を考慮する必要がある。

しかし、歴史を遡ってエジプト人が作ったプロセスや記録、壁画など

いまだに発見しておらず謎に包まれたままだ。

しかも、世界中でミラミッドが建造されていることも謎だ・・・

スポンサーリンク




謎の熱源

2015年ピラミッドのを調査したところ、大ピラミッド低部に

3か所の熱源があるる事が判明した。

それらの原因には諸説あり、これらの熱源の下に通路があり

隠された部屋につながるという説。

忘れ去られた古代兵器によって熱が発生しているという説。

など様々な説があげられている。

その中でも興味深いのは、ピラミッド自体が宇宙船ではないかという説。

この説によればギザの大ピラミッドは古代の宇宙船であり

長年にわたり太陽エネルギーを吸収し蓄え宇宙に向けて発射準備をしている。

そして熱源の正体は宇宙船のエンジン部分ではないかとの説。

現在大ピラミッドの建造説は、内部トンネル説が最も有力であるが

実際に、内部トンネルにて人力のみで巨大建造物は作れないと思われる。

さらなる研究が進み、現在の科学の力で全容解明される日がくるのであろうか?

 

 

Related Post

スポンサーリンク