【驚愕事実!】スフィンクスが建造された年代の謎に迫る!

アイキャッチ画像

スポンサーリンク




エジプトのスフィンクスは、人類文明前に建造されたのか?、
。雨による深い浸食の痕から建造年代を導く新しい説の謎に迫る!。

スフィンクスが建造された年代

カイロ郊外の大地にスフィンクスは建っている。

高さ18m長さ75m人間の頭と、ライオンの体を持つこの巨象は、

背後のピラミッドを守るかの様に真東を向いる。

ピラミットが岩を積み上げた最大の建造物ならば、

スフィンクスは石灰岩をくりぬいて作られた最大の建造物である。

数千年の時間は、スフィンクスの胴体を何度か砂に埋め風化させた。

老いた獅子の様に、スフィンクスの体には深い浸食の痕が刻まれている。

この浸食の痕が、本当に雨によるものなら・・・

今、言われている4500年前よりはるか以前に建造された事になる。

一体いつこの砂漠に雨が降ったと言うのだ。

ロバード・ショック博士は、地質学と地球物理学の博士号を取得

岩石の浸食や、風化は彼の専門分野。

ショック博士は、スフィンクスを取り囲む壁の一面に

雨による浸食によく似た特徴を見出しました。

スフィンクスの囲いの壁に出来た、なだらかな丸みを帯びた縦方向に

伸びる溝は、教科書に載っているような、雨による浸食の例で、

風で出来た風化なら表面が水平方向横方向にくぼむはずだと話す。

博士によると、スフィンクスは雨の多い時代に作られと推測しました。

では、一体いつこの砂漠に雨が降ったと言うのだ!

古代の気象パターンを研究するのは、古気候学と言う学問です。

J・カッツバック博士は、ウィスコシン大学の古気候学教授です。

北アフリカに対しては、かつて砂漠ではなく

広大な湖と緑にが広がっていたと言う。

スポンサーリンク




その年代は、9000年から10000年前。最終氷期が終わった頃。

スフィンクスは10000年前に作られた謎

そうなると・・・・

ダーウィンの進化論は、破綻してしまう。

エジプト文明や、メソポタミア文明の初期文明は5000年前。

ジェームス・チャーチワード著書の「失われたムー大陸」によれば、

ムー大陸が存在していれば、ムー大陸が大西洋に沈んだとされるのは、

12000前なので、そこから生き残った人類が2000年かけて

エジプトにたどり着き文明が発達したと考えられなくもないが

未だ謎の解明には至ってない。

何しろ10000年前の文明の痕跡はエジプトで発見されてないからである。

古代調査で不可解な疑問が浮上するも、エジプト政府は調査を全力で

阻止しているからである。

人類史を書き換えなければならない

重大な隠蔽された事実でもあるというのだろうか

Related Post

スポンサーリンク