【実録ミステリー】世にも怖ろしい魔女狩りの謎に迫る!

スポンサーリンク




ほうきに乗って空を飛び、人々の願いを叶る女、
人呼んで「魔女」人々に不幸と絶望をもたらす怖ろしい
魔女が現れと言う事件の真相とは

世にも恐ろしい魔女狩り

今から300年前、アメリカの小さな村からそれは始まった。

人々に不幸と絶望をもたらす怖ろしい魔女が現れと言う事件・・・

魔女の恐怖がもたらしたのは、20人が殺されると言う
血塗られた惨劇でした。

アメリカ東海岸の港町セイラム

通称・・・魔女の街である。

300年前、魔女による惨劇が起きたのは

隣町のダンバース(旧セイラム村)

人口1700人の小さな村だった。

魔女狩りの謎

それは少女たちに起きた異変だった。

1692年1月セイラム村のパリス牧師の家・・・

エリザベス(9歳)アビゲイル(11歳)
の姪が突如奇妙な行動をとり始めた。

何かに怯え、叫びながらうろつき、部屋中の物を投げつけたのだ。

この異常な行動は、少女たち10人以上に拡大していった。

一説には、集団ヒステリーと言われている。

その謎は、今なを特定されていない。

医者は、治療を施してみたが効果はなく、こう診断した。

娘たちに邪悪な魔女が憑りついている・・・と

魔女、それはキリスト教社会において

悪魔と契約を結び手先となった人間。

妖術で人や家畜を呪い殺し疫病を流行させ、天候をも操るとされていた。

不安と、恐怖をまき散らす憎むべき存在だった。

かつて中世のヨーロッパでは、盛んに魔女狩りが行われ
処刑された魔女は10万人にのぼった。

当時の人々にとって魔女は現実的なものでした。

自分たちの暮らしに災いをもたらし現実的な災いをもたらすのは
神よりも悪魔だった。

セイラムのキリスト教徒、ピューリタンは真面目だからこそ
魔女を意識していたのです。

村では、少女たちえお苦しめる存在の聞き取り調査が行われた。

少女たちは、3人の村人の名を魔女としてあげた。

村の役人が逮捕に向かう。

魔女狩りが始まった

捕らえられた魔女は裁判にかけられた。

スポンサーリンク




魔女裁判である。

記録から見えてくるのは、裁判が進むにつれ魔女を撲滅するどころか、

逆に魔女の恐怖に村が襲われていく様子が描かれていた。

3月1日尋問が始まった・・・

尋問が行われたのは、嫌われ者の老婆や、ものごえの女性など、

村で弱い立場にいる人たちであった。

その1人に、召使いティチュバに治安判事から厳しい

質問が浴びせられる。

「お前は、悪魔の書に署名をしたのか・・・」

始めは、無実を訴えていたティチュバ。

しかしやがて

「私は悪魔の書にサインをしました・・・」

そのせきを切ったように悪魔との契約の様子を話した。

なぜ彼女は、ありもしない出来事を語ったのであろうか。

ティチュバはの証言

ティチュバは奴隷で社会的にも地位は低く権力もなく
とても弱い立場でした。

たとえでっち上げの事でも、上の人が望む答えをすれば自分は許されると思っていたのだ。

さらに、ティチュバがら驚きの証言が・・・

「悪魔と契約をした時、そこには魔女が5人いました・・・」

告発されたのは3人、つまり魔女は他にもいるのか?

スポンサーリンク




暴走の始まり

少女たちが告発した魔女は3人、
しかしティチュバは疑いからま逃れようと魔女は5人いると口走った。

この一言は、セイラクム村を混乱へと導いたのである。

当時のセイラム村の人々は不安の中で暮らしていた。

戦争、伝染病、先住民の襲撃や農作物の不作。

こうした不安に拍車をかけたのは、村人たちの対立である。

1692年3月半ば、少女たちが魔女として
名を挙げたのは意外な人物であった。

敬虔なキリスト教徒で村人の尊敬を集めるレベッカ・ナース。

まさか、レベッカが魔女のはずがないと39人の村の人が
無罪を求める嘆願書を提出。

しかし、魔女に対する恐怖心は村人から理性的な判断を奪って行く。

さらに、必死の弁明をするレベッカの身振りと同じ動きを少女が始めた。

これを見た人々は、レベッカが少女に生霊を取りつかせたと思い込んでしまう。

これが、魔女の重大な証拠となってしまったのである。

3ヶ月による審理の結果、6月28日

レベッカ・ナース・・・有罪

魔女から最も遠いはずのレベッカが魔女と認定されたことで、

裁判は歯止めを失った。

少女たちは、容疑者が5人を超えても告発を辞めず、

村人たちが次々に裁判へと引き出されて行く。

裁判で無実を証言すれば、待っていたのは残酷な拷問。

大きな石を乗せられたり、身体中を針で刺されたりして
無理やり自白へと追い込まれる。

一度告発されたら最後。

逃れるすべは無い。

少女たちに原因がある」と主張した男も告発され魔女とされた

やがて、魔女狩りはボストンなど周辺の町へと拡大。

少女達からの告発を怖れたセイラム村の人々は、周囲の町の人を

告発することで、自分たちから目を逸らそうとしたのである。

7月19日・・・最初の処刑が行われた。

そこには、敬虔なクリスチャンとして

名をはせたレベッカ・ナースもいた。

この頃には、1700人の村で100人以上が魔女とされ逮捕。

つじつまの合わない話に疑問の声も上がり始めたのだが、

8月19日となり町の牧師が処刑寸前に聖書の一説を唱え始めた。

魔女が聖書を読み上げる事など出来ないはず、彼は魔女などではない!

皆がそう思い始めた、その時・・・・

魔女研究で有名な神学者・コットン・メーザーが来てこう語った・・・

「皆さん騙されてはいけません、
悪魔は時に天使を装って私たちの前に現れるのです」

権威ある人物の一言に皆黙りかえった。

魔女狩りは、ついに最後の歯止めを失ったのだ。

処刑者  19人

拷問死  1人

逮捕者 約200人

1693年5月

惨劇は異常事態を知った州知事の命令により逮捕者全員が保釈

この命令が出るまで1年半の間、セイラム村の人々は魔女狩りを自らの力で止める事は出来なかったのだ。

スポンサーリンク