【驚愕】アメリカ同時多発テロ!報告書から浮かび上がる陰謀の謎に迫る

スポンサーリンク




9.11同時多発テロ!アメリカ人の4人に1人は9.11の真相は明らかになっていないと考えているのだ。実際、耳を疑うような疑惑が事件直後から噂され続けている。果たして国家的な陰謀があったのか?謎に迫ってみよう!

【驚愕】アメリカ同時多発テロ!

2001年9月11日

アメリカ東部の空港を飛び立った4機の

旅客機がほぼ同時にテロリストによってハイジャックされた。

そのうちの2機は、ニューヨークにある貿易センター1号棟、

2号棟に相次いで衝突。

2つのビルは長時間建ち続けたが、やがて崩壊してしまう。

3機目の旅客機は、首都ワシントンDC近くの、

アメリカ国防総省、通称ペンタゴンに衝突。

4機目はペンシルべニア州の草原に墜落する。

犠牲者は3000人以!

アメリカ政府は、実行犯はオサマ・ビンラディンが率いる

アルカイダメンバー19人と断定。

この事件をきっかけに、ブッシュ大統領はテロとの戦いを掲げ、

アフガニスタンやイラクに侵攻。

イラクは、大量破壊兵器を保有しているしてるとして、

フセイン政権を倒した。

ところが、アメリカ三大ネットワークの1つ

CBSが、2015年に行ったアンケートで真相が他にあると

考えられる出来事の調査を行ったところ、実に24%の人々が

9.11同時多発テロを挙げた。

つまり、アメリカ人の4人に1人は9.11の

真相は明らかになっていないと考えているのだ。

実際、耳を疑うような疑惑が事件直後から噂され続けている。

スポンサーリンク




疑惑の数々「世界は騙されている」

・衝突したのは旅客機ではなく軍用機だ

・近隣のビル崩壊は証拠隠滅が目的だ

・ペンタゴンにはミサイルが撃ち込まれた

・政府はテロの情報を知っていて無視した

・空軍が対応出来なかったのは計画的だ

・監視カメラに旅客機は写っていない

・ハイジャック犯はでっちあげだ

つまり、アメリカ同時多発テロは、イラクなどに戦争を仕掛ける為、

アメリカ政府が仕組んだ自作自演だと言うのだ。

世界貿易センターの崩壊の謎

旅客機衝突後も、1号棟は1時間42分も建ち続けていたが突然

鉄骨製のビルが、こうも早く崩壊したのだろう。

ある人物は、あの崩れ方こそ政府の陰謀の証拠だと主張している。

あの様にビルが崩れるのは制御解体という方法だと話す。

制御解体とは?

ダイナマイトなど爆発物を使い一瞬でビルを倒壊させる技術の事。

周囲への影響をできるだけ無くす為に、垂直に崩れ落ちるよう

綿密に計算される方法。

その崩れ方と似ていると言うのだ。

超高層ビルを垂直方向に真っすぐ、素早く崩壊させる為には、

全ての柱が同時に崩壊されなければなりません。

新型で高性能の爆発物が使われた可能性があると言うのだ。

その、爆破の証拠が映像に残っているという。

確かに、崩れ落ちるビルの下の階で何度も爆発が起きている。

ペンタゴンでも政府の自作自演の声か高まっている

その代表的な疑惑の1つとされているのが破壊された部分の幅だ。

旅客機は、低空飛行で斜めの角度でペンタゴン1階部分に衝突したとされている。

調査報告書によると衝突によって崩壊したのは横幅約36.5m

これを旅客機の侵入した角度から計算すると崩壊する幅は27mになる。

しかし、旅客機の横幅は、約38m

つまり、翼より狭い幅しか穴が開いていないのだ。

この問題を指摘しるのが元アメリカ陸軍少将だ。

冷戦時代から写真画像解析、情報収集担当を行っていたという。

ペンタゴンに開いた穴はとても小さな穴でした。写真を見れば小さすぎるのが分かります。

穴の大きさから見ればミサイルなら説明がつくでしょう。つまり、公式発表が間違っているという事です」と話される。

つまり、旅客機と偽ってミサイルを撃ち込んだうえで旅客機が衝突と偽っている?

やはり、アメリカ軍の自作自演なのか?

この様な陰謀疑惑に、政府や研究機関はどの様な見解を出しているのか。

スポンサーリンク




NISTの報告書による世界貿易センタービル崩壊の最終報告書

午前8時46分40秒、ボーイング767型機が世界貿易センタービル1号棟北側

95~96階を中心に衝突。

大量の燃料が爆発を起こした。

その衝撃は、ビルにどの様な損傷を与えたのか?

世界貿易センタービルは周辺の外壁に300本以上中央のコアと呼ばれる部分に

47本の柱が立ち並び、その内側を床がつなぐチューブ構造と呼ばれる構造になっている。

衝突と爆発の衝撃により、外壁の柱が93階から99階まで破損

内部のコア柱も多数損傷したとされる。

それでも1号棟は、上層階12階分、推定1万3000tもの重量を、損傷を免れた柱や

最上層階にあるハットトラスという内部構造に分散することで1時間以上も支え続けた。

しかし、ジェット燃料によって発生した火災は、ビル内の家財などに延焼

激しい炎の熱は1000℃に達した。

この高熱が床を支える金属の骨組みに影響を与える。

元々この骨組みの表面は、耐火材で覆われていたが爆発で剥がれ構造物の強度が著しく低下、

床が下へとたわみ始めたのだ。

床のたわみは、それと繋がつている外壁を内側へ傾けていく。

その為、旅客機が衝突した反対側の外壁の柱が損傷。

遂に、推定1万3000tもの重みを支えきれなくなったのだ。

衝突から1時間42分後、上層階12階分が落下。

その甚大な衝撃が下のフロアに一気に圧し掛かった。

実は、ビルの外壁の柱は3本ごとに束ねられ積み重ねる構造になっていた。

柱のつなぎ目を止めるボルトの数は4~6本、日本の様な大地震を想定した地域とは異なり、

地震が少なくハリケーン災害などを想定したニューヨークでは、これで十分なはずだった。

しかし、設計上想定していない1万3000tもの質量の物が落下する衝撃に耐え切れず、

柱のつなぎ目は破壊され次々にはじけ飛んだと推測される。

崩壊が進めば進むほど落下物の質量はさらに増加。

この連鎖反応に下の階層は抵抗を出来ずみるみるうちに崩れていった。

NISTの報告書は、ビルの崩壊は旅客機の衝突による構造上の損傷と、

耐火材が剥がれたことによる構造物の急速な加熱、そして高熱による

床の歪みが外壁への負荷を増加させた事など複合的な要因によるものだと結論付けた。

それでは、爆弾の爆発だと考えている下の階で噴き出している煙は?

煙はビルの崩壊が始まってから発生している。

報告書は、これは爆破の煙では無く建物の落下物がビル内の空気を圧縮し、

煙とガレキの様な物質を窓から外へ押し出したものとしている。

制御解体説については?

事前に仕掛けられた爆発物を使った制御爆破による破壊を示す証拠を

NISTは見つけていないと否定している。

ペンタゴンの疑惑

アメリカ土木学会などがペンタゴンの被害状況を調査。

2003年ペンタゴン建物性能報告をしている。

破壊された幅は横約36.5m斜め27m 旅客機は、38m

何故旅客機より小さかったのだろう?

ペンタゴンの破壊された箇所の幅は翼の広がりと比べると小さいのは確かです。

なぜなら、その破壊は衝突した物体の重量によってできたものだからです。

柱を破壊したのは旅客機の重量が集まる胴体近くの部分なのです。

旅客機の重量は、機体の中央20m以内に集中している。

主翼に積載された燃料は中央部分の料が多くこれに胴体の重さを加わるためだ。

これは、ペンタゴン27mの穴に収まる幅だ。

さらに、ペンタゴン建物性能報告では建物の手前およそ30m程のところで、

右の翼が建設機器に接触、その後左エンジンが地面と接触。

旅客機は、ペンタゴンに突入する前に主翼がすでに損壊していた可能性を示唆している。

ペンタゴンの一部は、外壁に鉄のパネルやプレートを埋め込んみ窓には厚さ5㎝もの

強化ガラスが使われるほど頑丈である。

そこに旅客機の重量が集中する中央部分が穴をあけたと考えられるのだ。

実際に大勢の目撃者が「旅客機が突っ込んできた」と証言しています。

そして残念ながら旅客機の遺体を大勢のペンタゴン職員が目撃しています。

彼らが全員嘘をついてるとは思えません。

嘘ならとっくにバレているはずです。

あなたは、どちらを信じますか?

これらの調査報告書はNISTの公式ページで誰でも閲覧できます。

スポンサーリンク