【疑惑】アポロ計画の真実と嘘!陰謀の謎に迫る!

スポンサーリンク




アメリカの宇宙船アポロ1号によって人類は月に降り立った。

それから40年以上、人が月に行ってないのは謎だ!

あなたは、アメリカとNASAが企む巨大な陰謀に騙されている。

【疑惑】アポロ計画の真実と嘘

人類は本当に月に行ったのか?

記録映像に湧き上がる矛盾と疑問!

全てはスタジオ撮影のねつ造か?

1969年7月21日、人類は遂に地球以外の天体に降り立った。

かの有名な言葉

これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、
人類にとっては偉大な飛躍である」byアームストロング船長

その後、1972年アポロ17号まで6回12人の飛行士が月面に着陸した。

しかし、それらの記録映像には、疑惑の瞬間が幾つも捉えられていた。

有名な月面にアメリカ国旗を立てる映像には、

何故か風になびいているようだ。

月面には大気はないはず!

さらに手を離した後でも旗が揺れている!

さらに、月面で撮られた写真の数々、背後に広がる宇宙空間が

不自然な事に星が何処にも・・・ない!

そして2人の宇宙飛行士の陰、太陽光線なら

影は平行に伸びるはず!

しかしこの影は角度も長さも違う!

さらに、手前と奥の陰の向きが違う!

人工的な照明に照らされているからではないのか?

着陸の動作にも怪しいところがある。

それは着陸の動作に関係した矛盾。

重さ14tを超える着陸船が降り立つ時、

ガスを地面に向け猛烈な勢いでガスをを吹き出しているはず!

しかし、着陸船の下の地面にガスの痕跡となる、

クレーターの穴がない!

まるで着陸船が地面に静かに置かれたかのようだ!

つまり、これらは地球のスタジオで撮影されたねつ造!

アポロは月に着陸していないのだ!

アポロ計画の4年後、こうした疑問の数々を最初に

まとめた本が出版された。

我々は月に行っていない」

作者は、アポロのロケットを設計製造する

メーカーで働いていたビル・ケイシング

ケイシングが疑惑を持ち始めたのは、

宇宙開発競争におけるアメリカの技術力への不信感からだった。

東西冷戦のさなか、1961年ソビエトは人類初の有人宇宙飛行に成功。

新たな宇宙時代が幕をあげた。

ライバルに先を越され、追い詰められたアメリカは

翌月、国家の威信をかけた計画を宣言する。

「アメリカは60年代の終わりまでに月に
人を到達させるよう全力を尽くすべきだ」
by ジョン・F・ケネディ

最初に月に人類を送るのはアメリカだ!

大統領ケネディは、逆転を狙った。

しかし、アポロ計画が始まったものの、

大量の燃料を安定して燃焼させる技術が追い付かず、

爆発事故が続出。

ケイシングは、こんな状態からわずか数年で

月への有人飛行など出来るはずがないと思ったのだ。

そうして調べるうちに月面着陸の映像に

幾つか怪しい点があることを発見。

スポンサーリンク




「アポロ計画」の陰謀

ロケット発射は実際に行い。

世界中の人々にそれを目撃させる。

発射直前、ひそかに抜け出した宇宙飛行士は、

アメリカ西部の砂漠に作られた極秘スタジオに移動。

あたかも、月面着陸に成功をしたかのような映像を

撮影し、世界中に中継。

その後、地球に帰ってきた司令船の中に、

飛行士たちを戻す。

こうしたねつ造を知るのは、宇宙飛行士たちと

NASAや軍のごく一握りの幹部、そして大統領だけだったという。

では、なぜこの様な陰謀が行う必要があったのだろうか?

疑惑の推測

ケネディは大統領で、科学者ではなかった。

アメリカの宇宙技術が、わずか15分しか有人飛行出来ないのに

10年以内に月に行くと言ってしまったのです。

後でそれが達成出来ないと知っても、

もともと達成出来ない目標でした」と

世界に向けて言えるはずがない!

アメリカ人のプライドがそれを許さなかった。

果たして月面着陸はアメリカの虚栄心から生まれた・・・

でっちあげだったのであろうか?
ここから検証していこう

スポンサーリンク




アポロ計画の真実

旗がなびく現象

空気がない宇宙では旗がなびかない?

本当にそうなのであろうか?

真空にした試験管の中で実験では、真空状態でも

空気の抵抗がないので旗はなびく!

慣性の法則だ!

では存在するはずの星がない謎は

星の輝きは実際は見た目以上に暗いため、

カメラで撮る場合は長時間光を取り込み

続けなければならない!

宇宙飛行士を撮ると、明るさの違いで

星は写らないのだ!

では影の向きが違う謎は

平らな場所で2人の宇宙飛行士が立っていた場合は、

影の角度は同じになるが、

二人の宇宙飛行士が立つ地形が斜面だったら、

影は斜面に沿う為、長さや角度が変わるのだ!

また遠近法によっても影の長さは変わる。

では、着陸船の下に穴がない謎は

月の地面は隕石などが砕かれて出来たもの

砂が降りっもっている。

砂は降り積もる度にとんどん固まっていく

その為、地表はサラサラでも地中は、

高密度で固いのだ!

この様にねつ造たとされる現象に対しても

いずれも、矛盾に無いものだと分かる。

これらの検証の結果ねつ造は無かったと信じたい。

 

スポンサーリンク