【恐怖】ヒアリ毒針の脅威VSゾンビバエの謎に迫る!

スポンサーリンク




ヒアリ(学名ソレノブシス・インヴィクタ)
インヴィクタとは、ラテン語で攻略不可能
という意味です。ヒアリは自然環境や人間社会に
様々な被害をもたらしています。

中でも深刻なのは農業への被害です。

根や葉にヒアリが潜んでいる可能性の農作物は、

出荷前に検査と処理を行わなければなりません。

ヒアリが、アメリカ経済に与える損失は毎年

日本円にして数千億円に上ります。

【恐怖】ヒアリ毒針の脅威

現在ヒアリの研究は世界各地で進められています。

だが、まだ生態は謎に満ちています。

ヒアリは、新たな土地に侵入すると増殖を始めます。

一つのコロニーの個体数は、最大で4000万匹!

競争関係にある他の種を根絶やしにし、

食料を独り占めにします。

ヒアリは、腹部の先端にある針で敵を刺し

強い痛みを引き起こす毒を注入します。

ヒアリの本来の生息地はブラジル、

アマゾンのジャングルです。

アマゾンには、ヒアリ以外にも攻撃的なアリがいます。

ライバルがいるため、ヒアリが生態系を破壊するほど

増える事はありません。

その為、ヒアリは特に有害な生物だとはみなされていません。

しかし、人間がヒアリを別の土地に運んだ事で、

状況は一変しました。

ライバルのいない土地でヒアリは増殖を始めます。

北アメリカを経てフィリピン、中国、タイ、

オーストラリア、そして日本にも侵入しました。

ヒアリは、アメリカ南東部モービルの港から上陸しました。

船を安定させる為バラストとして積み込まれていた、

土の中にヒアリがいたのです。

土は積み荷と交換するかたちで港に捨てられ増殖をはじめた。

日本には、中国船の積み荷のコンテナから侵入しました。

この問題は、連日ニュースで報道されていました。

ここで問題なのは、女王アリが上陸したかにかかります。

繁殖能力を持つのは女王アリだけだからです。

一度女王アリの侵入を許せばもはや止めるすべはないでしょう。

またヒアリは、過酷な土地にも順応します。

もともと住んでいたジャングルでは、大雨などの洪水が

おきても、働きアリが互いの体を強力な口でかみ合い、

救命ボートのようなイカダを作ります。

水の上でも数時間ヒアリは浮き続けるのです。

全ては、女王を守る為です。

イカダの中には幼虫の姿があります。

働きアリたちは、水際につくまでイカダの形を保ったまま

水面に浮かび続けます。

女王や、幼虫を守るのは最重要事項です。

全ては、迅速に効率よく行われます。

ヒアリの際立った特徴はコロニーの大きさです。

ヒアリが好むのは、人間にとって掘り返された

やわらかい土です。

働きアリは、常にトンネルを掘り続け、

新しい道を開拓していきます。

地中に張り巡らされたトンネルは夏には日照り、

冬には寒さから守ってくれる快適な住処となります。

ヒアリは、氷点下10度の寒さにも耐える事が出来ます。

一つの巣には25万匹以上のヒアリが住むことが出来ます。

正に地下の帝国です。

コロニーの平均寿命は7~8年です。

卵を産む女王アリは一匹、父親も一匹ですから、

全てのヒアリは血縁関係にあります。

ヒアリは、在来種のアリより小さいものの、

遥かに攻撃的で、ほとんどの場合相手を

打ち負かしてしまいます。

 

スポンサーリンク




ヒアリの脅威

ヒアリは、顎を使って相手にしがみつきお腹の先にある

毒針を刺して攻撃します。

ミツバチのように刺した後に針が取れるような

事はないため、続けて7,8回相手を刺す事が出来ます。

戦いが始まるとヒアリは体から臭いを出して、

応援を求めます。

次々に訪れるヒアリの大群の前に敵はなすすべがありません。

ヒアリの針は鋭く尖っており先端はギザギザになっています。

高濃度のたんぱく質からなる毒は、スズメバチの毒と

同じくらい強力です。

ヒアリは、どんな動物も攻撃します。

毎年、何百万もの人々が被害にあっています。

刺されると、のう胞が広がり何週間にもわたって

後が残る事があります。

また、スズメバチなどと同様、強いアレルギー反応を起こし、

命を落とす危険性もあります。

農作物への被害

ヒアリは、農作物の芽を食いちぎります。

また、ヒアリは甘露に引き寄せられます。

害虫のアブラムシとは共存関係にあります。

アブラムシが出す甘露を頂き、変わりに

アブラムシの天敵であるテントウムシを退治します。

完全なる共生です。

生態系を脅かし、人間にも被害を及ぼすヒアリ

では、どうすれば退治できる。

そればヒアリの天敵

スポンサーリンク




ゾンビバエの謎

ノミバエの一種(通称ゾンビバエ)です。

このゾンビバエは、ヒアリの体に寄生することで知られています。

ヒアリよりずっど小さいものの怖ろしい能力を持っています。

ゾンビバエの腹部には曲がったとげの様なものがあります。

このトゲのようなものをヒアリの体に突き刺して一瞬のうちに

卵を産みつけることが出来ます。

一匹のハエの体内にはおよそ200個の卵があります。

次から次へとヒアリを襲い一分間で数匹に卵を産み付けます。

ゾンビバエの卵がヒアリの体内で孵化して幼虫になると、

ヒアリの体液を吸って成長します。

そして、ヒアリの頭に向かって移動し始めます。

幼虫が2週間かけて頭に移動する間ヒアリの行動には

特に変わった様子は見られません。

頭に入り込んだ幼虫はヒアリの脳を食べ始めます。

この時点でヒアリの役目は終わりです。

幼虫は、酵素を分泌してヒアリの首を落としてしまいます。

ゾンビバエは、ヒアリの脳に到着すると、ヒアリの

行動さえも支配するのです。

ここから、ゾンビの通称がつきました

いや、いやヒアリより、ゾンビバエのほうが遥かに

怖ろしい!W

Related Post

スポンサーリンク