地球の終焉!2036年4月13日アポフィスは地球に衝突するのか?

スポンサーリンク




地球太陽系の中で一つ生命を育む場所

地球の軌道を横切る物はいつか地球に激突するでしょう!

今、この瞬間にも宇宙をうろつく獰猛な

天体が地球に一撃を与えようとしている。

破壊力は、全世界の爆弾を一斉に爆破、

または世界中に原爆を落としたかの様です。

体内にある全ての組織がバラバラに引き裂かれ吹き飛ばされるでしょう。

しかし、研究者達はその恐怖の時を黙って待ってるつもりはない!

地球が終わりを迎えないうちに

2036年4月13日アポフィスは地球に衝突するのか?

くぼみが多い直径およそ230mのアポフィスは2004年に地球に大接近した。

そして、再び地球への大接近が予測されている。

2029年4月13日金曜日である!!!

2029年アポフィスは地球を周回している

通信衛星より地球の近くに来る予定です。

かなり近くに来るので場所によっては

アポフィスの通過が地上から肉眼で見えるでしょう。

双眼鏡で見る必要のない位、すれすれの所まで来るのです。

2029年にアポフィスが衝突する確率は1%にも満たない。

しかし、もしアポフィスが地球から丁度30,410キロの距離を

通過すると幅800mの狭い領域重力のキーホールを通る可能性がある。

もし、そうなるとアポフィスは地球の重力の影響を受けてその軌道を変え、7年後の2036年4月13日に再び地球に接近する。

現在アポフィスが2036年に地球に衝突する確率は45,000分の1である。

アポフィスは人類を破滅へと導く小惑星になるかもしれない。

地球終焉

宇宙の殺人者を捕えようとしているのである。

太陽系の中でサファイヤのようにルビー色に煌く地球

この星で私たちは何時ものように日常生活を送っている。

遠く離れた宇宙の果てからトラブルが

近づいている事など知るよしもないまま。

2004年地球に大接近したアポフィス

アポフィスは衝突の可能性が高かったのでたちまち注目を集めました。

その確率は、他のどの衝突より高かったのです。

過去の隕石の衝突

1908年6月30日午前7時15分

直径50m前後の大きさの物体が時速5万4千キロの速度で

背後にガスの尾を引きながら地球に突進していた。

数分後、その火の玉は大気圏内に突入し

シベリアのツングースカの森の上で大爆発した。

それは、近代史上地球で最も大きな爆発となり

その爆風の熱によって8千万本の樹木が炎上した。

幸い人口が少ない地域だったので、爆発による犠牲者を出さずに済んだと、アメリカ自然史博物館のニール・デグラース・タイソンは言う。

もし、あの落下が数時間遅れていたらシベリアではなくヨーロッパに落ちそして、都市部の上空で爆発していたら百万人近い人が犠牲になっていたでしょう。

以後100年間、ツングースカの爆発は様々な議論を呼んできた。

現在では小惑星による爆発という見解で一致している。

ただし、その小惑星は地面に落下せず

シベリアの大地から8000m上空で爆発していた。

ツングースカの爆発の破壊力はTZT火薬にして15メガトン

広島の原爆の1000倍である。

これが大都市上空だったら全滅していただろう。

スポンサーリンク




接地球近傍天体NEO

地球に接近する天体は、地球近傍天体NEOと呼ばれている。

それは、主に惑星の形成に漏れた小惑星や彗星である。

現在彗星は海王星周辺に、

小惑星は木星と火星の間の小惑星帯に集まって、

軌道を描きながら周っている。

小惑星の中には、通常の軌道からそれて

地球へ向かい始めるものが少なくない。

小型の小惑星は地球の分厚い大気圏に入ると大部分が燃え尽きる。

しかし、大型のものの場合は大気圏を突き抜け地上に落下する。

恐竜を絶滅させた小惑星は、やがて人間も消滅させる可能性もある。

1998年アメリカ議会はNASAに直径800m以上の

地球近傍天体の探査を命じた。

その結果、地球の近くに850もの居所の定まらない小惑星が発見された

それは、太陽系の中にいる極めて危険な存在である。

NASAのスペースガード探査計画の観測によって

地球近傍天体の9割以上が警戒を要するという結果がでた。

地球に衝突した時の破壊力は全世界の核兵器の合計より大きいという。

大量絶滅を起こす威力である。

小型の小惑星でも地球に大惨事を招きかねない。

議会はNASAに今度は、直径150mの

地球近傍天体をすべて探し出すよう命じた。

しかし、研究者が心配しているのは発見した小惑星ではない!

まだ発見していない小惑星である。

地球が45憶年も生き続けているのは大変なことである。

何故なら、揺籃期から苦難を強いられてきたからだ。

スポンサーリンク




2036年4月13日は、いずれにせよアポフィスを肉眼でとらえる事ができるかもしれない。

一歩間違えば、人類滅亡の危機さえあるのだ。

NASAはそれを予測して火星移住計画を立てているのかもしれないのである。

スポンサーリンク