【驚愕の真実】月で発見された、かぐや姫(モナリザ)の謎に迫る!

スポンサーリンク




NASAのアポロ計画で月を探査中に発見された「かぐや姫」通称モナリザの正体とは?

驚愕の新事実の謎に迫る!

月の裏側で発見されたモナリザ

宇宙飛行士が、月の裏側すなわち私たちが地球上からは

見る事の出来ない世界で、謎の物体を発見したと言う噂が

世間を驚かした。

その内容とは、アポロ計画の15号の時だった・・・

月面の裏側で、ドーム状の建造物やクリスタルピラミッド

を発見し、撮影したというのだ。

以前から、宇宙飛行士の間では月に人工物があることは

すでに常識となっていた。

さらに、アポロ15号の計画の際に合計77キログラムの岩石を

地球に持っ帰ったが、その中に人工物が含まれていたというのだ。

しかし、この話はそれで終わらなかった。

なんと、アポロ15号が月の裏側で発見した者

それは、アジア人見られる女性のミイラだったというのだ。

この発見を期にアポロ計画は極秘ミッションへと変貌を遂げるのだ。

その後、アポロ20号が月の裏側をくまなく探査した際の

映像がインターネット上で話題となっているのだ。

その映像には、月の裏側で見つけた女性のミイラが映し出されているのだ。

スポンサーリンク




月で発見されたモナリザ

モナリザ」と名付けられたこの女性は、黒髪に褐色の肌で、

どちらかというとアジア人に非常によく似ている。

日本では、「かぐや姫」と言った方がひたしみやすいだろう。

この映像は元論フェイクだという話もある。

しかし、一方でこの女性のミイラを広めるために、

アメリカ政府が制作したと言う話も出てくる。

いずれにせよ、この話が世間に出てきたという事は、

異星人の存在する情報隠蔽の門が、少しずつ開き始めた

という事なのかもしれない。

もしかして、クレオパトラのミイラかもと想像を膨らませてしまう。

クレオパトラのミイラも墓も地球上で見っかっておらず。

その、顔立ち、特徴はクレオパトラのミイラの様に見える。

月の空洞説や内部に宇宙人の基地があるなど噂は様々あるが、

実際、NASAの陰謀論説や、資金調達の問題など複雑に絡みあって

いるに違いない。

人類は火星移住計画の実験場として、月の裏側での実験を開始することは

明らかになっている。

スポンサーリンク




月の裏側で古代都市

2002年10月5日ロシアの新聞「プラウダ」の公式サイトも

月面上に都市発見」と題しNASAの専門家たちは、

古代都市によく似た一部崩壊した建造物に

特に興味を抱いていると大々的に報じた。

ツィオルコフスキー・クレーターは映像で青く見えるが、

ここには、実際に水があると言われ、湖の中の火口島には

地下に続くトンネルがあると言われている。

さらに、クリスタルタワーやピラミッドもあり、

「宇宙基地の宝庫」と言われている。

実際、パラレルワールドの世界では月で生活しているのは

人類なのかもしれない。

次元や空間の違いによって見えないだけで、

別の世界が広がっていても不思議ではないのだ。

Related Post

スポンサーリンク