【衝撃】月が地球から離れる日!地球の受ける影響とは?

スポンサーリンク




地球の衛星月は太陽系の中でとでもユニークな天体です。

しかし、実は月は徐々にスピードを速めながら地球から離れているのです。

月が地球から離れると地球上でどんな影響が出るのか?謎に迫ります!

 

月が地球から離れる日

月が遠く離れた時、地軸は大きく傾き環境が激変するでしょう。

極地の気温が上昇し氷が解けて海面が

100m以上高くなるかもしれません。

世界のあちこちで、大規模な砂嵐や、ハリケーンが猛威を振るいます。

地球は、月に守られていなければ

地球上の生命は消え去ってしまうのです。

地球と月の距離は、およそ38万キロ、

もし、その距離が今より10パーセントに広がると

地球の自転は乱れ、世界中に予測不可能な事態が起こります。

急激な気候変動によって、多くの生物が姿を消すでしょう。

月は地球から遠さかっている

月が徐々に地球から離れてるのは、観測によって証明された事実です

今から40年以上前、アポロ11号の宇宙飛行士たちが月面に小さな反射鏡を設置しました。

NASAアメリカ航空宇宙局は、この鏡を使えば月までの距離を正確に測れると考えたのです。

NASAの狙いは的中し、アメリカニューメキシコ州のアパッチポイント天文台では、今も測定が行われています。

スポンサーリンク




プロジェクト名は・・・アポロ

月面の反射鏡にレーザー光線を照射し月までの距離を計算しているのです。

望遠鏡の上に取り付けられた装置からレーザー光線を月面の反射鏡に向けて発射します。

これは、非常に特殊な鏡でどんな方向から来た光でも、光がやってきた方向に正確に反射させるのです。

跳ね返った光を再びキャッチし光が戻るまでの時間を図れば、光の速さから月との距離が割り出される仕組みです。

なんと、数ミリか1㎝の誤差で計測できるのだ。

月まで往復およそ76万キロの距離を光は、わずか2.5秒で移動します。

レーザーの光が人の目に影響を及ぼさないよう実験は慎重に行われます。

実験の際は、近くの航空機などいないか慎重に確かめます。

視力を完全に損なう程ではないが、もし目に入ったらパイロットの視力に影響が出るかもしれません。

反射鏡の位置は、月のクレーターを目印に割り出します。

大気の影響で光が拡散し、像がぼやけてしまいます。

レーザーは地球から月に向かう途中と、月から戻ってくる途中の2度も不安定な大気を通過します。

そのため、光が拡散し戻ってくる光の量が減ってしまうのです。

レーザー光線は1秒余りで月に到着します。

一度に送り出す光の数は光子にして何千兆に上ります。

ですから、それらの光子が例え1千兆に1個わりでしか戻ってこなくても光を捕える事が出来るのです。

何十年も測定を重ねた結果、月は1年に3.5㎝ずつ地球から遠ざかっているのです。

長い年月が経てばそれは大きな距離になります。

地球の受ける影響とは?

私たちは、月が地球にとってどれ程大切か忘れがちです。

しかし、地球の現象と密接に結びついているのです。

大きな月は地球に大きな引力をもたらし、結果的に地球の自転軸、地軸を安定させてきました。

月の引力のおかげで地軸の傾きはほぼ一定に保たれています。

地球は、太陽の周りをまわる公転面に対して垂直ではなく、およそ23.5度傾いた状態で自転しています。

太陽が東から上り、西に沈むのも地軸の傾きが一定だからです。

もし地軸がグラグラ揺れていたら日の出や日没が全く予想できなくなるでしょう。

地球上の季節のうつろいは月の引力がもたらしているのです。

もし月がなく地軸が不安定になれば植物や動物にも異変が起きるでしょう。

実は、地軸の傾きは常に一定であるわけではありません。

木星などの大きな惑星の影響で周期的に1.5度程の揺れが生じるからです。

月が遠ざかると地軸の揺れは、もっと大きくなります。

そうなれば、地球環境に重大な影響を及ぼします。

今から10万年前、地軸の傾きのわずかな変化がアフリカの青々とした森を砂漠に変えました。

それがキッカケとなり初期の人類がアフリカから北へ移動し始めたのです。

一方ヨーロッパでは、寒冷な時代が何万年も続きました。

もし月がなかったとしたら気候の変動は予測不可能で地球は、今とは完全に違う姿になっていたでしょう。

スポンサーリンク




地球に対する月の影響はそれ程大きいのです。

潮の満ち引きも月の引力がもたらす影響です。

潮の干満は12時間周期。海面は1日に2回上下します。

月の方向に海が盛り上がるのは、月に近い海面が引力によって直接引っ張られるからなのです。

さらに月の引力の影響は海面ばかりでなく陸地にも及んでいます。

地球の陸地も月の引力によって毎日上下しています。

距離にして30㎝程度ですが、陸地全体が上がったり、下がったりしているのです。

もし月の引力がなくなれば赤道付近で4mを超える盛り上がった海面が南北へ広がります。

その結果、ニューヨークや、リオデジャネイロなどの海に近い都市では海面が危険な程上昇するでしょう。

さらに、気候変動が重なり街はゴーストタウンとかすでしょう。

これは架空の話ではなく、月が地球から遠ざかっているのは事実なのです。

そして月の引力から解き放された時、地球は破滅へと突き進むのです。

Related Post

スポンサーリンク