消えたアトランティスの謎!答えはスフィンクスの足元に眠っている!

スポンサーリンク




私はどこから来たのか?
その問いに答えられた者はまだいません。

消えたアトランティスの謎

アトランティス人がスフィンクスやピラミッドの作り方を教えたのでしょうか?

そして、本当にスフィンクスの足元に記憶を残したのでしょうか?

アトランティスの謎を解く鍵はエジプトにあるのか?

プラトンの話は本当に事実なのだろうか?

ピラミッドやスフィンクスはアトランティス人が存在した証拠なのだろうか?

ライオンの体と人間の顔を持つスフィンクス

この巨大な石像は、ピラミッドと同じ時期に建てられたと言われています。

紀元前2500年頃の事です。

しかし、エドガワケイシーの話によれば紀元前10000年頃にはアトランティスの記録庫がスフィンクスの足元に作られたというのです。

答えはスフィンクスの足元に眠っている

アトランティス人は、スフィンクスの建造を監督したのち、記録を隠したそうです。

スフィンクスの下に何があるのか?いまだに謎です。

しかし、この下に部屋があることは一部科学的に証明されています。

スフィンクスにもそう刻まれている。

ケイシーは記録庫は1996年から1998年の間に発見されると予言していました。

しかし、まだ見っかっていません。

それでも、信じる人は後を絶ちません。

エンジニアのギル・ブラウンも記録庫の発見を人生の目標にする一人です。

彼はGPSや地中探知レーダーを使い長い時間かけて地図を作りました。

そして、何かを発見したそうです。

およそ10mほど下に不思議な影を見つけてのです。

洞窟のようなものがあることをはっきりと確認しました。

洞窟の深さは38mほどあり、泥が詰まっています。

泥の中には箱のような物が見えます。

その箱の中にアトランティスの記録が入っているというのだ。

アトランティス人についての記録が残っているはずだ。

滅亡前の歴史や滅びた原因がわかるというのだ。

同じ間違いを起こさぬ様、教訓として私たちに残していったのです。

では、仮にアトランティス人がこれらの建造物を築いたとしたら一体どの様にエジプトに来たのでしょうか。

その答えはアブジラブにあるという。

ギザ大地から1時間、観光地から離れた場所に第5王朝時代に作られた2つの寺院があります。

古代エジプト人は、ここを宇宙人の通り道だといいました。

よく言われるUFOの発着基地であり、アトランティス人が着いた場所です。

アトランティス人は宇宙人でプレアレス星団より、仮想時空装置を使いやってきたというのです。

しかし、この考えに科学者の見解は異なります。

実際、古代エジプト人が、ピラミッドをどの様に建造したのか方法を詳細に示している考古学的証拠は山ほど存在します。

歴史学者や、科学者の多くは、アトランティスの物語は伝説に過ぎないと言います。

スポンサーリンク




アトランティス失われた帝国

しかし、数々の神話が史実に基づいています。

プラトンの身近にモデルとなる場所や人や物が存在していたのかもしれません。

アトランティスが実在するとしたら、プラトンが良く知っているヨーロッパの何処か地中海沿岸の地域かスペインの海岸部でなければ不自然です。

科学がアトランティスの謎を解くかもしれません。

プラトンの記述を信じる者たちは、ヘラクレスの柱の前方と描写された場所ががジブラルタル海峡の外をさすと思っていました。

あるいは大西洋の何処かです。

しかし、プラトンが暮らしたのは地中海沿岸。

では、ヘラクレスの柱がギリシャから少し船で行った場所だと仮定したらどうでしょう。

そこに、進歩的な文明があったとします。

交易で繁栄していて組織化された政治システムと強力な軍隊を持っている国家です。

その国が突然の天変地異で滅亡したら近隣の国々は満遍なく衝撃を受けたはずです。

そんな場所が実在します。

紀元前3000年から1100年間サントリーニ島とクレタ島でヨーロッパで最初の文明が発展しました。

では、この文明が滅亡した原因は?

科学が答えを知っています。

プラトンが出筆を始める1300年前、紀元前1640年頃のころの事です。

大規模な噴火が起こりギリシャの小さな島サントリーに島は崩壊。

島の大部分は高度に発達したミノワ文明の中心地と共に海の底に沈みました。

1939年ギリシャの考古学者スピリドン・マリナテスがこの島を調査します。

そして、発見しました。

スポンサーリンク




発掘されたのは火山灰に守られていたアクロティの街です。

マリナトスが発見したアクロティリは極めて進歩的な都市ででした。

科学は、勿論の事穀物やワインの貯蔵庫もありました。

しかも、想像を絶するような優れた美術品の数々を所有していたのです。

この島にある火山が、大規模な噴火を起こしほぼ一昼夜のうちに島を壊滅しています。

サントリーニの大噴火は1380年に起こったインドネシア最大の噴火でした。

島の火山がアクロテニィをを滅びした事は確かです。

しかしクレタ島から100キロも離れたクレタ島の文化まで何故滅ぼしたのでしょう?

大噴火によって津波が起こりクレタ島にまで押し寄せてミノワ人をの飲み込んだのでしょう。

近年波の破壊的パワーは思い知らされています。

2004年にインド洋で発生した大津波は、おそよ22万5千人の人が犠牲になっています。

その5年前地中海の津波でトルコが壊滅的な被害を受けています。

都市が波に飲み込まれ消滅するという考えは全く突飛ではありません。

紀元前1640年に起こったこの出来事はプラトンが記した伝説に酷似しています。

進歩的な文明の突然の消滅。

アトランティスがあったとされる場所で進歩的な文明を探しとすればミノワ文明が最優先候補でしょう。

アトランティスは常に謎めいた存在である続けるています。

記録庫が見つかるまでは、古代エジプト文明はエジプト人が作ったと信じるしかありません。

スポンサーリンク