7つの大罪の謎に迫る

スポンサーリンク




そもそも7つの大罪とは何なのか?
キリスト教の西方教会(主にカトリック教会)
における用語です。7つの大罪とは人間を罪に
導く可能性があると見解されてきた。

7つの大罪とは

欲望や感情のことを指すものです。

その歴史は4世紀のエジプトの修道士

エヴァグリオス・ポンティコスの著書に

8つの枢要罪として現れたのが起源となっている。

この8つの枢要罪とは

暴食、色欲、強欲、憂鬱、憤怒、怠情、虚飾、傲慢の順に並んでいます。

6世紀後半、グレゴリウス1世によって7つに改定された。

虚飾は傲慢へ、憂鬱は怠情へとそれぞれ1つになり

新たに嫉妬が追加された。

暴食、色欲、強欲、憤怒、怠情、傲慢、嫉妬と現在の形になったのです。

スポンサーリンク




意外な事実

キリスト教の正典の聖書の中では、7つの大罪について言及されていません。

7つの大罪などは悪魔と関連つけられている。

これは、1589年ドイツのペーター・ビンフェルトが

罪と悪魔の関係を記した著作を著したのが始まりとなっている。

この様な、著作によって通俗的なグリモワールにおいて

引用される事になりました。

7つの大罪と悪魔を最初に関連したのは?

16世紀の版画家ハンス・ブルクマイアー。

その後、中世では悪魔でなく動物の姿で表わしたものが

見られるようになった。

スポンサーリンク




7つの大罪の悪魔について

【傲慢】

対応悪魔

ルシファー

対応動物

グリフォン、ライオン、孔雀、コウモリ

傲慢に表れる対応悪魔ルシファーはラテン語で
「光をもたらす者」という意味を持つ悪魔

サタンと同一とされる。

創造主である神に謀反を起こし自ら堕天使となる。

【憤怒】

対応悪魔

サタン

対応動物

ユニコーン、ドラゴン、オオカミ、サル

神に反逆し、敵対者として悪魔に変化した。

【嫉妬】

対応悪魔

レヴィアタン

対応動物

マーメイド、蛇、犬、猫

旧約聖書に登城する神に作られた海の巨大な怪物。

【怠情】

対応悪魔

ベルフェルゴール

対応動物

フェニックス、クマ、牛、ロバ

元々バアル・ぺオレという神として崇められていた。

一神教説を用いる為、排除され悪魔とされてしまう。

【強欲】

対応悪魔

マモン

対応動物

ゴブリン、キツネ、ハリネズミ、鳥

元々はシリア語で「富」を意味する言葉であった。

新約聖書における偽りの神として擬人化され

「富」「食欲」の象徴とされる。

【暴食】

対応悪魔

ベルゼブブ

対応動物

ケルベロス、ぶた、トラ、ハエ

元々は、古代オリエント世界で信仰され

バアル・ゼブルの名で呼ばれていた。

しかし、ヘブライ人が「蠅の王」と蔑んで呼びばれ

これが聖書に掲載され世に広まった。

実力だけならばサタンをも凌ぐとされている。

【色欲】

対応悪魔

アスモデウス

対応動物

サキュバス、山羊、蠍、兔

激怒と情欲の魔人とされ「色欲」を司る悪魔となった。

ゴレティアによれば、72軍団を率いる序列32番目の大いなる王とされていた。

2008年新たな7つの大罪が発表される

遺伝子改造

人体実験

環境汚染

社会的不公平

貧困

過度の裕福さ

麻薬中毒

いずれも現代を表わすものとなっています。

これら、どの問題も解決するには困難なものばかりです。

7つの大罪の歴史から現代の7つの大罪までのご紹介でした。

ゲームのキャラに良く出てくる名前は

これらの元ネタから使われている。

スポンサーリンク