鉄仮面の男の謎に迫る

スポンサーリンク




仮面男

仮面男は、フランスで実際に1703年までバスティーユ牢獄に収監されていた

「ベールで顔を覆った囚人」

その正体については諸説あり。

囚人は1669年に、ルイ14世の大臣からピネローロ監獄の監獄長サン・マールに預けられ、

監獄長自ら世話をしたという。

以降、サン・マールの転任と共にその囚人も移転され、サントマルグリット島を経て、

1698年にバスティーユに移送された。

当時のバスティーユの看守は、「囚人に常にマスクで顔を覆われ、副監獄長直々に丁重に扱われた」と記録している。

尚、鉄製の仮面を常に着用していると言うイメージになってしまったが、実際は布製のマスクだったといわれ、

それも、人と面会する時にだけ着用されていた。

もし、人前でマスクを取ろうとすれば、その場で殺害せよとの命令が出されていたという。

その為、牢獄で世話をしていた者も囚人の顔を知らなかったらしい

囚人は、1703年11月19日に死亡。

スポンサーリンク




彼の所有物は全て破棄されたという。

鉄仮面は、ドラマやアニメでの世界でもよく出てくる。

スケバン刑事や北斗の拳のジャギ、最近ではワンピースのサンジの幼少期でも出現している。

機動戦士ガンダムのシャーの別名も鉄仮面と呼ばれている。

アニメ三銃士や映画では、レオナルド・デカプリオ主演の「仮面の男」が有名である。

結局のところ、鉄仮面の正体は、ルイ14世の双子とか、よく似た庶民であったなど、様々な説があり、

事実は歴史の闇に包まれたままである。

その他では、戦争犯罪者のフランスの将軍説や、まことしやかに語られてきた。

実際、食事は高級だったという説もあり、支給されている服も上等なものであったというのだ。

そう考えると、やはり仮面の男は貴族。

一説による囚人はルイ14世自身で、王についている人物こそが偽物説などもある。

どちらにせよ、ルイ14世に関係する人物であったとしかわからないのである。

スポンサーリンク