人間だけが劇的な進化を成し遂げるの謎に迫る

スポンサーリンク




頭で考えたことを文字で表現する能力の発達は人とその他の動物を分かつ最初の転機であったとされる。

それから5000年をかけて人類は電気を手に入れ原子を分割し、コンピュターを作り、そして月へと到達した。

短期間でここまで飛躍的な発展を遂げた生き物は、他に例を見ない。

人間の進化は、他の動物よりかなり早く最初の人類から現在までわずか数百万年です。

人類は何故、現在の様に高度な技術を持つまでに進化したのか?

その理由や経緯と言うのは非常に興味深い問題だと思います。

地球上で他に例を見ない進化と言えます。

知的な生物は他にもいますが、人間の様な技術を持つ種はいません

人間の謎

人間は知能が役に立たない状況に置かれると多様な環境に生きていけないのです。

生物学者によれば、人間は高い知能だけでなく生理学的な面においても他の動物と大きく異なると言う。

人間には高い知能が備わっていますが、一方でもろい面もあります。

二足歩行になったおかげで手足が自由になり、道具を使うことが出来る様になりました。

でも、その代償として背骨に問題を抱える様になったのです。

腰痛と言うのは、他の霊長類には見られない現象ですが、現代人にはとても良くある症状です。

スポンサーリンク




人間の祖先は宇宙人?

2013年生態学者のEllis Silverは著書の中で、人間は地球で生まれたわけではないと主張した。

だからこそ人間は、生態的にこの地球に適応出来ないのだと言う。

人間は、地球ではなく別の場所で進化したのではないかと仮説を立てたのです。

例えば人は、長時間太陽に当たると様々なダメージを受けます。

何故、人間は太陽にこれほど弱いのでしょうか?

それは、もともと太陽以外の恒星の元にいたからだというのです。

また、人のDNAには地球上の他の生物には見られない遺伝子が223個もあります。

つまり、人間だけが特殊なのです。

飛行士が地球を離れると、彼らの生態リズムは地球上にいた時の24時間からわずかに変化することが明らかになっています。

宇宙での人間の生態リズムは火星の1日の周期と同じ長さなのです。

人間の生態や行動のパターンはこの地球上の他の生物とは明らかに異なります。

人間は、他の天体系から言わば移植されて来たというわけです。

そして、もともと地球にいたネアンデルタール人と出会い異種交配したのかもしれません。

人間は、ネアンデルタール人と宇宙人のミックスだという考えたです。

人の起源は本当に地球外の生命だというのか?

その伝説は世界中にあります。

アメリカ先住民には地球全体に種がまかれたのだとはっきり記されています。

昔からアメリカでは人間は地球で生まれたのではないと考えられていました。

例えばアメリカ先住民のホピ族は、オリオン座から降り立ったスターピープルだと信じています。

その謎は、世界各地に隠されている。

まもなく打ち上げられるジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、NASAが中心となって開発を行っている赤外線観測用宇宙望遠鏡である。

ハッブル宇宙望遠鏡の後継機とし打ち上げられる。

NASAの二代目長官ジェイムズ・E・ウェッブ にちなんで命名された。

この宇宙望遠鏡は、人類史上最高の性能を誇る宇宙望遠鏡である。

地球からの距離160万キロ。

居住可能な惑星を見つける飽くなき探索の為に作られた最新ツールだ!

ガリレオ・ガリレイが初めて宇宙に望遠鏡を向けた1609年から、私たちはもう一つの地球を求めて膨大な資金を費やしてきた。

人類は自分たちの故郷である惑星を懐かしみ探し求めているのではないでしょうか。

我々が星を眺めたり、宇宙を探索するのは自分たちは何故地球にいるのか、その歴史を知りたいと言う本能が働いているからかもしれません。

スポンサーリンク