超常現象!魚が空から降ってくるファフロツキーズ現象の謎に迫る

スポンサーリンク




その不思議な現象は「ファフロツキーズ

場違いな生物、無生物が空から降ってくるという。

大昔から現代まで世界各地で記録されている謎の現象!

一体何故そのような物が空から降ってくるのか?

日本でも多数の事例「ファフロツキーズ」

事件は、能登半島の中央石川県七尾市で起きた!

車十数台分の駐車場に、オタマジャクシが降ってきたのだと言う。

およそ1m四方のスペースに小さなオタマジャクシが十数匹も確認したのだ。

更には、フロントガラスにも上から落ちて来たと思しき痕跡が認められる。

目撃者によると・・・

「ボン・ボン・ボンって音が3~4回聞こえた瞬間、上空から黒いような物体が数個落ちて来た!

「ナンだこれは!?オタマジャクシが100匹程度は散乱していた」と話す。

現場の周囲には田んぼが広がっている。

騒動があった6月には、オタマジャクシが沢山いたはず!

その、オタマジャクシが何故空から降って来たのだろうか?

この謎の現象は一体!?

実は、場違いな物が空から降ってくる現象は、古くはおよそ1800年前から世界各地で記録されている。

19世紀、ルーマニアでは魚の雨が!

17世紀には、アメリカでネズミの雨が!

他にも、カエルやクラゲ、ミミズにクモが空から大量に降って来たという記録がある。

この様に、場違な生物無生物が降ってくる現象は、空からの落下の頭文字をとって、

スポンサーリンク




「ファフロツキーズ」と呼ばれる!

そしてこれは昔の怪しい伝承だけではない!

ファフロツキーズは、現代でもしばしば発生しているのだ!

2000年8月

イギリスのグレートヤーマスでは、民家の庭に一面に海の魚が!降って来たというのだ。

2010年2月

オーストラリア、人口およそ600人の町ラジャマヌでは2日連続でスズキが降って来たのだ!

この魚たちが降って来た時、まだ生きていたと言う。

そして、日本

2009年6月七尾市に降ってきたオタマジャクシ騒動は全国に波及!

北は北海道から南は鹿児島までオタマジャクシの数は様々だが全て6月に発生している。

原因は・・・

ワームホールによる瞬間移動説や、地表で大量に発生した動物を落ちて来たものだと勘違いした説まで様々!

中でも、最も有力な説が・・・竜巻説だ!

確かに最近のイギリスとオーストラリアのケースでは、どちらも竜巻の可能性を上げている。

激しい竜巻が水と共に水中の魚を巻き上げ遠く離れた場所に降らせる。

いかにも説得力がありそうだ!

実際に、竜巻説はどこまで解明されているのか?

竜巻発生のメカニズムとは

地上と上空の温度差が大きいと上昇気流が強くなる。

そこに、湿った空気が上昇し積乱雲が発生。

この時、風向きの変化で積乱雲が回転を始めると、上昇気流も回転し渦が発生!

この勢いが増すと竜巻となるのだ。

その直径は、数十メートルから1キロ以上に及び、車を巻き上げ、家を破壊する事も。

これならば、海中の魚を巻き上げても不思議ではない様に思える・・・

しかし・・・そもそも竜巻は海上で発生するのか?

日本の竜巻は統計的にみると約6割が海岸線付近で発生する。

少なくとも、日本で発生する竜巻の3割以上が海上で発生していると言う。

ここで疑問が生まれる・・・

水の中の魚は吸い上げられるのか?

そもそも、海面の水を薄く広く吸い上げられるのと、海面深くからゴッソリ吸い上げられるのでは魚の巻き込まれ方も違うはずだ!

そして、日本のオタマジャクシ騒動の場合

現場となる、七尾市周辺には積乱雲の発生が認められず竜巻は起きていない!

更に竜巻ならば、巻き上げられた水も落ちているはずなのに、現場は全く濡れていない。

つまり、まるで定説の様に語られている竜巻説は殆ど立証出来ていないのが現状なのだ!

そこで、もう一つの説が浮上する

スポンサーリンク




鳥が原因の落下物説である。

七尾市の事例を鳥が原因であると仮説すると・・・

オタマジャクシを咥えた鳥が一斉に落としてしまった。

そんな事があるのだろうか?

筑波大学の鳥の生態に詳し教授によると

謎の現象の原因は?

九分九厘サギの仲間の仕業だと話す。

確かに、七尾市周辺にはサギが生息。

オタマジャクシを良く食べると言う。

教授によるとドンブり鉢一杯分くらいのオタマジャクシはおなかに入るという。

100匹なんかはちょろいもんですと話す。

サギの食道は伸縮性がある為、胃袋がいっぱいでも食道に餌をため込む事が出来るのだ!

また、サギは子供に吐き出して与えるという習性を持っている為、捕食者に襲われたりすると、

驚いて吐き出すというのは十分あり得るという。

つまり、一羽のサギがオタマジャクシを吐き出し駐車場にまき散らしたと考えれば筋は通る!

とは言え、これでは海外のオタマジャクシより遥かに大きい魚が大量に降って来た事例は説明できない!

ファフロツキーズは未だ解明できない謎を多く秘めているのだ。

スポンサーリンク