【超能力者】千里眼婦人「御船千鶴子」貞子の母親の謎に迫る!

スポンサーリンク




人類には未知の力が存在するのか否か?

この議論が盛んになったのは19世紀後半のイギリス・ロンドン

空中浮遊やエクトプラズム!

霊媒と名乗る人々が発する不思議な現象について未知の力だと認める者

トリックとして疑う者など賛否両論がとびかった。

超能力は果たして実在するのか?

100年以上の議論と実験。

アメリカ超能力部隊の極秘研究とは?

日本初の超能力者!御船千鶴子

1909年明治42年最初に大きな話題となったのが、九州熊本の

千里眼婦人・・・御船 千鶴子

映画「リング」日本中を恐怖に陥れた「貞子」の母親です!

千里眼とは透視能力

御船は、封筒や箱の中にある紙に書かれた文字を、手に持つだけで言い当てる事が出来た。

更に翌年の1910年明治43年には四国で、頭にイメージした映像を写真乾板に映し出す。

念写の・・・長尾 郁子が現れた。

この常識を超えた現象に対し、東京や京都の帝国大学の学者達が検証実験に挑んだのだ!

東京帝国大学助教授・心理学者

福来 友吉は・・・

「既定の理論では説明できないからと言って研究することもなく新事実を否定しようとするような学者は学者たる本領を理解していない」と語った

しかし、御船は透視をする際に後ろを向き手元が学者から見えない様にしてしまう事が多かった。

一方、長尾の念写実験は長尾の自宅で行われ写真乾板箱に入れるところから始まるのだが、長尾は実験を始める前に何故かその箱を別の部屋に置くように指示!誰も近づかないよう求めるなど不審な行動が多かった。

見えない所でトリックを仕込んでいるのではないか?と

多くの学者は疑うが、本人が力を発揮するためにはこの段取りが必要と訴えれば、要求に従うしかなかったのである。

この様子に世間は、千里眼は手品だ!と断定

しかし、トリックの確実な証拠が見つかった訳でもなく謎が残る幕切れであった。

半世紀の後、科学技術が発達した時代

1970年代以降、超能力を巡る環境は大きく変わる。

テレビでの超能力番組の向上である。

例えばスプーン曲げ!

スプーンを持った手はカメラから隠されることなく最後まで映し出され、

体の中の状態を外から見るだけで言い当てる人体透視。

行方不明の人の居所を突き止める遠隔透視では、解決の詳細が克明に映し出される。

数百万人が監視する前でトリックは困難?そう思われがちなのだ。

コールド・リーディング

コールド・リーディングとは、何気ない会話から相手の表情や、しぐさ等の反応を観察し巧みに相手の情報を引き出し言い当てる会話術だ!

それ事態は優れた技術だが決して超能力などではない。

現代では、スプーン曲げのトリックは人間の錯覚と、科学の力で簡単に誰でも行える。物理と心理学を巧みに使ったトリックであるとされている。

1974年10月

化学の専門の世界で超能力を巡る衝撃的な発表が行われた。

権威あるとされる化学雑誌「ネイチャー」1974年10月18日号で、超能力実験についての論文を掲載したのだ。

内容は、アメリカ・スタンフォード大学の研究所が行った透視実験について・・・・

スポンサーリンク




被験者は・・・ユリ・ゲラー

当時スプーン曲げによって世界的に話題を巻き起こしているさなかだった

遮断された部屋に入ったユリ・ゲラー

実験者がイラストを描くと、ユリ・ゲラーがそのイメージを読み取り絵に表わすという実験。

第三者が、両方の絵を照らし合わせると偶然とは思えないほど一致したという。

遂に科学会が超能力を認めたのかと話題になったが、実は・・・・

ネイチャー編集部は掲載にあたって次の様な見解を載せていた。

「論文を査読した3名は、全員この様な印象を持った!

被験者が意識的、または無意識的に不正を生じさせる可能性に対する

予防措置が非常にあいまいである。学術雑誌への掲載は科学界から正式な

許可を受ける行程ではない、むしろそれは精査されるに値するものがある

事を社会に知らせる役割を果たしているのに近い」

つまり、この実験はトリックや不正を防ぐには不十分であり掲載されたからと言って超能力が認められたわけではない!としているのだ。

科学者たちの超能力研究はさらに続く・・・

1995年アメリカ政府が極秘の超能力研究を行っていたことを示す報告書が発表された。

スポンサーリンク




リモート・ビューイング

遠隔透視の評価~その研究と応用~

過去20年アメリカ陸軍の中心に見込みのある者を集め遠隔透視を軍事利用する為の研究、実験をしていたというのだ。

遠隔透視実験では、リビアのカダフィ大佐の移動先を、アメリカから遠隔透視にて突き止めたというのだ。

その結果、爆弾を落とす事が出来たのだと。

一般にスターゲイト計画と呼ばれるこのプロジェクトが始まったのは、

1970年代アメリカとソ連が東西冷戦の緊張状態にあるさなか!

スパイが入り込めないソ連側の内部情報を透視能力を使って入手する実験

実験の中心人物は、旧ソ連領の軍事施設を遠隔透視した時の事をこう語る

「1時間余りをかけて施設の配置図を明らかにしました。施設の一番の特徴は巨大なクレーンです。建物の上にあり移動用の車輪が人の倍もある巨大な物でした。」

実際の旧ソ連の施設の写真と遠隔透視した絵はピタリと一致したのだ!

こうした20年に渡る研究実験を、CIAの依頼で第三者機関が調査したのが

この報告書だ!

しかし、その報告書によると超能力とは程遠いものだった。

報告書の内容

「偶然よりも高い確率で、通常とは異なる現象が生じるという、統計的に有意な成果が認められるものの、しかしそれが遠隔透視によるものかは、それ以外の原因によるものかは実験方法が信頼できるレベルではなく識別不可能。遠隔透視で得た情報は漠然としてあいまい、実際の諜報活動で活用された例は一切確認できない。」

つまり・・・遠隔透視の実験結果の有効性を客観的に確認できない

したがってこれ以上国の予算をつぎ込む必要はない!そう判断されスターゲイト計画は終了した。

特別な超能力者の実験はトリックを防ぐ「厳密性」と実験結果を判断する「客観性」で常に壁にぶつかっていたのだ。

しかし、こうした困難の先に科学者達は人類の未知なる力の、別の可能性を見出そうとしたのである。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク