【歴史の影に忍びあり】伊賀忍者の生きざま忍びの謎に迫る!

スポンサーリンク




音もなく、匂いもなく、地名なく、有名もなく、天地造化の如。

姿も見せず、名も残さず、しかし天地を創るかの様な偉業を成し遂げる。

人はその者たちを忍者と呼びました。

知られざる忍者の生きざまとは?

歴史の影に忍びあり!

忍者の実態とは?忍

豊臣VS徳川 大阪冬の陣

大阪城を攻撃する徳川方に味方し秘密の攻撃ルートを探っていたのは忍者!

更に、あの忠臣蔵・・・元禄赤穂事件にも・・・

揺れ動く大石倉之助達の動向は忍者たちの諜報活動で筒抜けになっていました。

戦国から江戸にかけての300年あまり歴史の表舞台に決して現れることなく

常に裏の任務に遂行してきた忍者!

忍者の真実(乱世の陰に忍びあり)

何処からともなく敵の城に忍び込み煙に巻かれてドロンっと消える。

もっぱら超人的存在として語られてきた忍者!

しかし、現代に残された忍術書には、これまでの忍者のイメージを覆す意外な事柄が記されている。

忍術書に記された本当の忍者の姿とは?

それは・・・一体どんなものなのでしょうか?

忍妻之事

人の家に忍び込む時は「女の艶状」または「起請文」を懐へ入れ忍ぶべし!

敵に見っかっても怪しまれない秘策がラブレターだったとはw

密書

絶対に敵に知られてはいけない密書

そんな重要任務をおった忍者の行動とは・・・

魚屋に変身!?

実は人目を盗んでコソコソするのが最も危険!

人に紛れて日中堂々と移動出来るよう魚屋に扮装するのです。

そして、この時大切な密書は懐へ・・・・

ではなく、魚の中・・・

なんと、魚のはらわたの代わりにに油紙に包んだ密書が・・・W

この他、忍者は囲碁や和歌や俳句を身に着ける事で他国に信頼を作り

他国に接近、そこで情報を集めるが忍術の肝です!

更に芸人に弟子入りすることも重要だと書かれています!

能楽師などの芸能集団は転々と各地を周ります。

戦国大名は能楽を楽しんだ為、能楽師となり場内に潜入したのだ!

スポンサーリンク




三大秘伝書の1つ「正忍記」

最も重要な極秘伝として次の様な事が記されていました。

人不破習」(ひとをやびらざるのならい)

相手を論破してリ打ち負かしたりすると、それで関係は終わりになってしまう。

相手を時にはもちあげ時には抑えうまく利用するのが一番と説いてあるW

現代の接待ゴルフと一緒W

忍術書の最後に・・・

奥義として記されていたのは・・・・

現代のビジネス本さながらの教訓でした。

本当の忍術の基本とは、人とコミュニケーションをとりながら人間関係を築いていくという極震シンプルな物だったのです。

では、アニメやドラマでよく見る、甲賀忍法とか伊賀忍法は全部嘘?

手裏剣投げたり、忍法は使わいの?

忍法ではないが、敵側の服を着て敵の陣中で暴れまわる事はあったようだ!

スポンサーリンク




岡山藩に仕えたある忍者一家の履歴書

生きた忍者の姿を姿を今に伝える第1級の資料です!

伊賀生まれで岡山藩に仕えた劇的な生涯を送った忍者の記述

本当の忍者の実態とは?

「奉公書」忍

歴史に隠れていた忍び達のリアルな日常

そこにはこんな記述が・・・

頭分で走り回り信長の人数を多く討ち取った!

守田三之丞が、かの信長と互角に渡り合ったというのだ!

この戦いこそ、伊賀者が世に知れ渡ったきっかけになったのだ。

二度にわたる天正伊賀の乱です。

三重県伊賀市有名な伊賀の故郷です。

この地域には山中でのゲリラ戦を得意とする豪族たちが群雄割拠!

特定の主を持たない独特の戦闘集団を形成していました。

その中で力を持った地侍達が忍びの起源とも言われています。

その忍び達に大きく立ちはだかったのが「織田信長」でした!

当時、信長は天下統一目前!

近畿地方の殆どを支配下に収めていました。

京に至るルートに独立を保って存在していたのが伊賀の組!

信長にとっては、目障りな存在でした。

まず次男の織田信雄が1万の兵で制圧に向かいます!

天正7(1579年)大一次伊賀の乱

組織化されない山の忍びの侍達を、信雄は「烏合の衆」と侮っていました。

対する伊賀勢は得意のゲリラ戦術で不意打ちを仕掛けたのです。

戦いには、忍びのリーダー三之丞(16歳)も参加していました。

三之丞達は侍の常識が一切通用しない奇抜な戦術で激しく抵抗!

信雄軍は、この不思議な戦法に手も足も出ませんでした。

結局、信雄軍はわずか二日間で3000もの兵を失い、撤退を余儀なくされたのです。

怒り狂った信長は、伊賀の事をこう語ったと言われています・・

伊賀は化け物の国、かの地に生ける者たとえ女・子供と言えども、いやキツネ、タヌキとて許すべからず

徹底した合理主義者の信長には、得体のしれない脅威と映っていたのかのかもしれません。

そして2年後・・・

天正9(1581年)

第二伊賀の乱

今度は4万5千もの大軍を率いて信長自らが伊賀へ攻め込みました。

部下を率いて迎え撃つ、守田三之丞!

その時の活躍は、履歴書にこう書かれています。

「西村の城は落ち、近所平野と申す所の城へ敗軍の侍集まり、五十騎ばかり立て籠もり一日一夜待ち固めた」

数では劣る、三之丞達が決して諦めてはいませんでした。

敗れては、場所を移り、また敗れては次の場所へ・・・

拠点を移し、しぶとく抵抗を続けていました。

伊賀勢は、何故これ程まで果敢に戦う事が出来たのか?

その秘密は・・・

うっそうとした森に包まれた「山城」にありました。

丸山城跡は、伊賀の乱で実際に戦場となった山城の一つです。

城と言っても、山を削って本丸を築いた簡素な土の城!

しかし、この自然な地形にこそ三之丞らが施した数多くの仕掛けがあるのです。

山城に入るとゲリラ戦の仕掛けだらけ・・・

至る所に土塁が築かれ、そこに隠れた伊賀者たちが不意に襲いかかります。

更に、急な坂道にも細工!

竹の皮ひきつめ水をまき滑りやすくする細工を施した。

敵が転んだスキに頭上から攻めるのだ!

変幻自在な戦術こそ強さの源だったのだ。

こんな山城の拠点が伊賀には600以上存在した。

しかし、圧倒的な数にものを言わせた信長勢は四方八方から攻める「殲滅作戦」に討ってでたのだ。

そして、およそ二週間の後、伊賀は全面降伏したのだ。

何とか生き残った伊賀者達は全国にちり・・・三之丞もまた命か゚ながら他国へ落ち延びたのです。

天正伊賀の乱によって伊賀の名が全国に知れ渡り

伊賀者達は、有力大名の元で”特殊部隊”として活躍したのだ。

 

 

 

スポンサーリンク