太陽の誕生と成長は人類に破滅をもたらす?の謎に迫る

スポンサーリンク




太陽は45憶年以上のも間、その光と熱を地球に注ぎ続けてきた。
だが、この宇宙の全ての星と同じ様に太陽もやがて最後の時を迎える。
そして、地球をのみこむかもしれない。
太陽の壮絶な終焉の謎に迫る。

太陽が終焉を迎える時

太陽は今の100倍も明るくなり、地球全体が焼き尽くされるでしょう。

陸地を形成する岩石は全て溶けて溶岩になり、生命はもはや生存出来なくなります。

太陽の死は太陽系全体に致命的な影響を及ぼす。

人類は様々な面で太陽の恩恵を受けて生きている。

太陽とは?

太陽はとてつもなく巨大なガスの塊で、中心部の温度は1600万℃以上!

その内部には、地球が100万個以上入る。

地球からの距離はおよそ、1億5000万キロ、地球が熱すぎるのも寒すぎるのも無い様に、

適温を保つ理想的な距離で離れている。

液体の水が維持され生命が繁殖できるのは、その為である。

太陽の熱や光は全て内部の中心核で発生している。

中心核は、いわば巨大な原子炉だ。

その4分の3は水素、残りの大半はヘリウムで構成され、

中心核の中で、水素の原子核が融合しヘリウム原子核、核融合と呼ばれるこの過程で莫大な熱エネルギーが放出されるのだ。

しかし、太陽もやがて燃料が尽きる!

すると地球は重要なエネルギーの源を失う事になる。

中心核で水素をヘリウムに変え続けると何時かは水素が無くなります。

そうした現象が太陽より年を取った恒星で起きていることが分かっています。

太陽の最後を探るには、まず太陽の誕生を理解する事が重要である。

スポンサーリンク




太陽経の誕生

45億年前、天の川銀河ではガスとチリが重力によって引き寄せられ、やがて巨大な星雲が生み出されました。

その後、星雲が重力で収縮し大量のエネルギーが放出されると、やがて核融合が始まり水素がヘリウムに変換され恒星として光を放ち始めます。

新たに誕生した恒星の周りで爆発した星の残骸物質が渦を巻き衝突と合体を繰り返す。

やがて、8つの惑星が生まれ太陽系が誕生。

その後、太陽風が残った物質を吹き飛ばすと惑星と幾つかの天体が残り、その天体も合体して惑星になりました。

太陽系の太陽は、質量などの点で平均的な恒星だ。

中には、太陽の100倍以上の質量の恒星も存在する。

太陽は、日の出や日没の時真っ赤に見える。

たがこれは、本当の太陽の色ではない!

太陽は実際、黄色ではなく白い色です。

太陽の放つ光は黄色に見える波長の付近に分布のピークがありますが、他に青、赤、黄なども含んでいます。

これらの色が一緒になると人間の脳や網膜は、白い色だと認識するのです。

太陽は、様々な点で人間と似ている。

若い時はとても活動的で気まぐれな行動をとることが多い。

若かった頃の太陽は、今よりもずっと高速で回転していた事が分かっています。

一日以下の短い時間で一回転していたのです。

更に様々な爆発を起こして大量の粒子を放っていました。

その粒子は地球を直撃していた様です。

太陽は現在、人間でいう中年期を迎えており予定表に従って落ち着いて暮らしている。

だが、今も大量のエネルギーを放つ。

スポンサーリンク




太陽の年齢は?

太陽の年齢はおよそ45億歳です。

寿命の半分となるいわば、人生の折り返し地点の直ぐ手前まで来ています。

太陽は着実に、しかも猛烈にペースで水素をヘリウムに変換して燃料を燃やし続けています。

膨大な量のエネルギーを放出していて、いわば億メガトン級の爆発が毎秒起きているのです。

地球では、太陽の放つエネルギーの20億分の1しか受け止められません。

ですが、それは2900万×10億個の100ワット電球を一時間付けて置く事が出来るエネルギーです。

太陽が生み出すエネルギーの量は、実に膨大です。

太陽の寿命は推定でおよそ120憶年。

その間、エネルギーを大量生産し続けると考えられる。

1990年代、太陽の明るさと質量のデータ、そして音波による分析の結果、現在の太陽の年齢と寿命が明らかになった。

現在の太陽は誕生時よりも30%も明るい。

つまり、太陽は成長するに連れてその輝きとパワーを増しているのだ。

10億年後の太陽

10億年後、太陽は今より10%輝きを増すと予測されている。

すると、地球の気温も38℃上がる計算になる。

いわゆる暴走温室効果により気温が急上昇すると、地球の生き物は危機にさらされるはずだ。

人類は、日中地下のシェルターに避難し、気温の下がる夜だけ地上に出るようになるだろう。

だが、地球の温度が上がり続けると、やがて人類の逃げ場はなくなるだろう。

だから、今から火星移住計画を進めなければ人類の存続は難しくなると言えよう。

スポンサーリンク