【宇宙現象】オーロラが引き起こす磁器障害の謎に迫る!

スポンサーリンク




オーロラは地球以外の場所でも発生す。

太陽風は、あちこちへ向かい地球よりも更に遠くへ達するからだ。

木星と土星には地球より大きな磁場があるのでとりわけ大規模で明るいオーロラが発生する。

出現する場所、時間的長さ、または強さに関わらずオーロラは大抵ひだやスジ模様が煌く光カーテンとして姿を表す。

微速度撮影で見ると、ゆらめく様が良く分かり一層その謎めいた様に引き付けられる。

宇宙現象オーラ

オーロラが何故カーテンの形をしているのか?

何故、カーテンや光は小刻みに揺れ動いているのか?

などについては、まだ十分に解明されていません。

更に謎なのは、オーロラは見えるだけでなく音が聞こえるという報告がある。

オーロラにはオトがでるメカニズムがあるかもしれないが、まだ発見されてません。

それに関しては、研究が進められているところです。

オーロラそのものは、人間に害を与える事はない!

スポンサーリンク




オーロラが引き起こす磁気障害

しかし・・・オーロラの原因となる活発な太陽活動が、およそ100万メガワットもの電力を生み出して送電システムの障害など問題を引き起こす事がある。

送電に障害をもたらすのは、太陽から飛ばされてくる電気を帯びた粒子が送電に通信障害を等の問題を起こす。

電気を帯びた荷電粒子の活発な動きはオーロラを発生させますが、その他に電気や磁場に関連する事柄にも影響を

与えます。つまり送電線、電子機器、人工衛星、携帯電話の通信など電気を使うものや磁気を発生させる物は、

オーロラが発生すると同時に荷電粒子の影響を受けるのです。

ラジオの雑音、テレビの中断、携帯電話の通信途絶、また1989年にカナダのケベックを襲った大規模停電も、

地球が、太陽系の中で危険な場所にいる事の証でもある。

太陽にも大気があり、その範囲は地球を超えていて地球は太陽大圏の外延部にいる事になります。

その為、大気外延部に変化が起きると私たちは日常的に使っている電子機器も影響を受けるのです。

オーロラは、太陽が地球に与える影響の副産物に過ぎないが、宇宙について多くを教えてくれる。

オーロラは、地球の大気の上層部や磁場が太陽からやってくる太陽風とどのように相互反応するかを示しています。

オーロラは、今も昔も太陽の活動を図る一つの尺度だと言えることが出来ると思います。

オーロラは太陽活動と連動しています。太陽は22年の周期で活動し11年ごとに磁場曲線を反転させます。

オーロラは昔も太陽活動の目印でした。

世界各地で見られる美しい宇宙現象オーロラ!

夜空に煌くオーロラが輝いていれば、それは太陽活動が活発であり磁場が生活に悪影響をもたらす原因にもなりうるのである。

 

スポンサーリンク