ロシアUFO極秘ファイル!古代宇宙人の謎に迫る!

スポンサーリンク




ロシアはこの地球上でも極めて多くのUFO現象に悩まされて来た地域だと言えます。

それも遥か太古の昔からです。

ソ連のいたるところで謎の飛行物体が目撃されました。

ソ連はUFOの極秘情報を掴んでいてそれを隠していたのです。

少なくとも5基のUFOが墜落しその回収に成功しています。

ロシアは、間違いなく宝の山です。且つて遠い過去に宇宙人が地球を訪れた事を示す証拠が5万と眠っているはずなのです。

ロシア極秘UFOファイル

1991年12月25日 ロシア モスクワ

午後7時、ミハイル・ゴルバチョフ書記長は、テレビ放送を通して国民に辞任の意を表明した。

その暫く後、ソビエト連邦の旗がクレムリン宮殿から降ろされた。

世界の2大勢力の1つが解体したのだ。

1922年から1991年にかけてロシアはソビエト社会主義共和国連邦という国家体制の元、北アジアや東ヨーロッパの広い地域を支配した。

ソビエト連邦政府は、その一党独裁や抑圧政治、そして徹底した秘密主義を持つ事で知られていた。

元イギリス国防省職員の二ック・ポープは次の様に語る。

「政府内で起きたことは当然政府内に留めるべきであり、万が一漏洩した場合は厳しい処置がとられました。極めて閉鎖的で秘密主義な社会であり我々に西側諸国の人々には対しては勿論の事、

自国の人々に対しても情報は与えられませんでした。」

秘密を維持しようとしても、あれだけ広い国ですから全ての国境を見張ることは困難でした。

その為、国の統制を強化し広い国土を守ったのです。

政治においても常に秘密性が重要視されロシア国民も、また大抵のことは秘密にすべきだと考えていました。

ソビエト連邦が解体した時、国の最重要保安組織も同時に消滅した。

KGBである。

極秘扱いだっあKGBのファイルが危険にさらされた。

元エージェントたちによって、高額を払う者へと売られたのである。

中でも、1972年から84年までの12年に渡りKGBの国際情報を扱ったワシリー・ミトロフィーはその多くを持ち出したとされている。

流失した資料には、極秘の武器貯蔵庫やロシアの工作員に関する情報、そしてUFOの報告も含まれていた。

ソ連では、多くのUFO遭遇事件が起こっていました。

ただ、我々には鉄のカーテンの向こうの事は分かりませんでした。

今になって初めてソ連時代には、何千というUFO事件が発生していたのだという事を知ったのです。

隠されていた多くの情報が明るみに出たのです。

スポンサーリンク




古代宇宙飛行士説

宇宙人に関する重要な証拠が隠されているのか?

古代宇宙飛行士説ではその可能性を指摘する。

更に、最近の発見からソ連は現代のUFO事件だけでなく、遥か昔に宇宙人たちが地球を訪れていたことを示す証拠までも隠していたという

1934年12月1日

ロシア レニングラード 共産党のリーダーであり党員仲間のヨシフ・スターリンのライバルだったセリゲイ・キーロフが暗殺された。

この暗殺がソビエト連邦の最も暗い歴史の始まりを告げる事件となった。

大粛清である。

キーロフが亡くなった事でスターリンは勢いを増し全国において政治的迫害をスタートさせ、反対派を徹底的に根絶やしにしようとした。

こうして絶対的な権力の地盤を築き上げた。

この時期に逮捕され尋問を受けた何百万という人々の中に、ロシアの有能な科学者であり哲学者のゲンリフ・マヴィリキエヴィック・ルードヴィがいた。

彼は正に鬼才でした。20か国もの古典言語と現代語を話すことが出来たのです。非常に博識な人でもありました。

ルードヴィはバチカンの工作員として拘束されクラークと呼ばれるスターリンの集中収容所で何十年という歳月を過ごした。

しかし、ルードヴィの死から38年もたった、2011年 トップシークレットと呼ばれるロシアの新聞がバチカンで働いていたルードゥビイに関する情報と彼が逮捕された本当の理由を記事にしたのだ。

1920年代、ルードヴィは建築家の若い学生としてバチカンを訪れ秘密の図書館に近づくことを許されました。

そのことで、疑いを持たれバチカンの工作員として逮捕されてしまったのです。

この図書館には地球外の文明などに関する情報が書かれた原稿が保管されていました。

ルードヴィは、且つて地球上のあらゆる古代文明で宇宙人とのコンタクトが起こっていたことが書かれた原稿に遭遇したのです。

エジプト・イスラエル・メソポタミアなどです。

原稿には、例えばピラミッドの事が書かれていました。

エネルギーマシンだとして説明されていたのです。

ソ連に戻った彼に世間は冷たかったと言います。

ですがルードヴィは過去に宇宙人が地球を訪れていたと主張する古代宇宙飛行士説の提唱者の中でも特に優れた研究者だったのです。

ルードヴィは、果たして本当にバチカンで地球を訪れていた宇宙人に関する原稿を発見したのだろうか?

ロシア政府は、その発見が世間を騒がす事を恐れ彼にスパイ容疑をかけて逮捕したのだろうか?

スポンサーリンク