古代宇宙飛行士説「中国」の謎に迫る!

スポンサーリンク




中国の佛山市で何千という人が目撃した物は「宙に浮かぶ都市」としか言い表せない物で。

大勢がアクセスしたインターネット写真には中国の上空を飛ぶUFOが写っていました。

中国政府は、無視しようとしましたが奇妙な物が上空に現れる現象が増えています。

中国には、空飛ぶ龍の神話があるので昔から同じ様な事が繰り返してる可能性があります。

何千年もの間、地球外生命体が中国人に紛れて暮らしているのかもしません。

最終的には中国の本当の歴史が明らかになるでしょう。

文明が生まれたその時から、人は己の起源が神や他の星からの訪問者にあると信じてきた。

果たして地球外生命体は本当に、私たち人類の歴史の一端を担ったのだろうか?

中国と古代宇宙飛行士説の謎

そうだとしたら宇宙人と神秘の国、中国に繋がりはあるのか?

彼らは何者なのか?その目的とは?何を残したのか?

そして何処へ旅立ち再び地球へと戻るのだろうか?

スポンサーリンク




中国のUFOファイル

2011年1月26日

中国の元外務省職員で、且つて毛沢東の元で働いていたという人物が驚くべき情報を公開した。

中国政府は、宇宙人が地球に来ている事を認識していると」というのだ。

中国政府は、客観的で現実的な態度をとっており宇宙人やUFOに関する調査や報告、議論を許可しています。

政府の関心は非常に高く特にUFOと頻繁に遭遇している空軍や民間の航空部門などが興味を持っています。

中国政府は、宇宙人が地球を訪れている事を知っているのです。

それだけでなく、宇宙人が人間を装って私たちの中に暮らしていると主張しています。

厳重な情報管理をしている中国の内部情報が暴露され、この国で起きている宇宙人に係わる出来事について注目が集まる事になったのです。

1972年中国政府の外務省の職員によると、夜勤をしている時に空で光るUFOを目撃しました。

月の様でしたが、月よりも小さくて明るい物があったのです。

これは、十分位の間、上下に動いていましたがその後去っていきました。

当初、冷戦で使われていた偵察機を見たのではないかと考えたが、数年後中国政府の中で更に情報を得ると目撃した物は地球外の宇宙船だったと確信したという。

歴史的に有名だった側近は、地球体生命体の来訪に関する内部情報を掴んでいたのか?

古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、その通りだという。

そして中国は何十年、もしはそれより永く極秘に地球外生命体と接触しているのではないかと疑問を投げかける。

中国は、情報を管理しています。

それは中国という国家とその国民の利益を守る為なのでしょう。

秘密が外に漏れない様に注意しているのです。

中国が秘密主義だという事は、広く知られている事です。

これは、UFOと関係があるのではないでしょうか!

スポンサーリンク




何かを発見しているのかもしれません。

中国政府は、UFOについての見解を説明する義務はないと考えているのでしょう。

そしておそらく、中国の上空を飛行している軍の実験機をUFOと勘違いされるのを懸念しているのだと思います。

自己完結する国なので蓄積してきた知識を、他の国と共有する必要はないと考えているのかもしれません。

世界一人口の多い中国では、古い物と新しい物が融合している。

西洋人がこの国に引き付けられる理由に1つは多くの秘密を抱えている様にみえるからだろう。

中国には、数千年前に建てらえれた全長2万キロもの万里の頂上がある。

現在は万里のファイアーボールと呼ばれるインターネットのサクセス制限がある。

中国は、その様な策を講じて外部から人や情報が入ってくるのを防ごうとして来たが、それは何故なのか?

やはりソ連やアメリカ同様、政府の陰謀説か渦巻いているのか?

しかし、どの国にも言える事は宇宙人の最先端技術を自分の国の軍事技術に使うためである。

人類は、最先端技術を軍事の分野でしか利用しないのだろうか?

これらの地球外生命体の高度な文明があるなら医療の分野などに使う事はないのだろうか?

人類は、それほど愚かなのか?

それとも、権力を牛耳る一部の人間に人類が翻弄されているだけなのだろうか?

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です