【驚愕】ハルマゲドンを生き延びる生物の謎に迫る!

スポンサーリンク




ハルマゲドンを生き延びるであろう生物とは?

数十億年の月日を経た地球には、無数の生物が誕生してきました。

しかし、驚くことに99%の種のがすでに絶滅しています。

地球史では過去5回の大量絶滅が起きた事が知られています。

そして現在6度目の大量絶滅が進行中である事は、多くの専門家が認めています。

ハルマゲドンの原因は、隕石の衝突や、太陽フレア、超新星爆発によるガンマ線バーストや核戦争など様々ありますが。

最近では、AIの脅威もささやかれています。

地球がハルマゲドンを迎えるその日。

地球上で生き残れるであろう生物の正体とは?

そんな脅威の生命力を誇る生物の謎に迫る!

ハルマゲドンを生き延びるであろう生物

ミバエ

ミバエは、最大6万4千ラドという放射線レベルでも共存可能な生き物です。

例え、核によって死の灰が降り殆どの生物が姿を消していまった場所でも、

ミバエは元気に飛び回っている事でしょう。

人間は、わずか1万ラドで死んでしまう事を考えれば驚異的生物です。

その理由としては、体が小さく放射線によって影響を受ける細胞が少ない事。

また、細胞分裂の速度が遅く癌細胞の発生率が低いのです。

しかも、繁殖速度が速い為、新しい環境にも素早く適応する事が出来るのです。

サソリ

サソリは4億3千年前から、この姿をしており4度の大量絶滅を生き延びました。

通常は、穴の中や地表の裂け目に潜んでいるので放射線の危険から逃れられる可能性が高いですが、最大の武器は放射線に対して態勢を持っている、

そのボディです。また、サソリは南極大陸を除く全ての大陸に生息している事から適応能力が高い事が分かります。

更に寒さに弱い訳でもなく仮に、長い期間冷凍してしまっても、何事もなかった様に復活する事が出来る強い生命力を持っています。

ベニクラゲ

少なくとも5憶年前には存在していたベニクラゲは、おそらく最高齢の多細胞生物だろうと言われています。

ちなみに海中でみるクラゲは、ゼリーの様な姿をしていますが神経も呼吸器も消化器も循環器も存在します。

その仲間であるベニクラゲは、不老不死のクラゲと呼ばれていて特に目立った態勢がある訳ではありませんが文字通り不死なのです。

ライフサイクルの終わりが近づくと幼生に戻って若返る事が出来このサイクルの数に制限はない為、生物学的観点から純粋に不死の存在なのです。

 

スポンサーリンク




ゴキブリ

ゴキブリは核戦争でも生き延びると噂されていて人間なら致命的となる放射線量にも耐える事が出来るそうです。

ただ、広島に投下された原爆の放射線量が1万ラドに相当しましたが、これを生き延びたゴキブリはわずか10%と言われています。

また、現代の核兵器は当時の原爆よりもずっと強力なものとなっている為、仮に核のハルマゲドンが起きた場合ゴキブリが生き延びるには爆心地から

ある程度離れている必要があるでしょう。

タマムシ

地球には異形の生物たちも暮らしていて簡保動物やクマムシと呼ばれる生物もそうして生き物です。

体調はわずか1.5ミリですが、侮れません。

極限環境微生物に分類されるクマムシは150℃という高温でも生き抜く凄まじいまでの生命力を誇り、宇宙空間ですら平気で生き残れると言われています。

更に、10年間水分を摂取する必要もなく人間の致死量となる放射線の1,000倍でも耐えてしまうから驚きです。

人間

人類は間違いなく地球史上最も適応能力の高い種です。

高い文明を持ち中東やアフリカと言った極端に熱い地域、あるいは氷点下を下回る北極圏ですら生活しています。

また、知識も豊富で資源が豊富な緑あふれる気候でも、反対に資源に乏しい気候でも生き抜く事が出来ます。

気候に関する物や、生物的なもの、あるいは核によるものなど様々なハルマゲドンにおいて人類の多くが死に絶えるかもしれませんが。

幸いにも人間は、人里離れた森の中や絶海の孤島まで、ありとあらゆる場所で暮らしています。

ですから最後の一人まで消えてしまうとは考え難いです。

以上6種以外にも、デイノコッカス・ラディオデュランスなど様々な生物がハルマゲドンを生き延びる可能性がありますが。

6回目のハルマゲドンが何によりるものかによって大きく変わるでしょう。

人類は、最悪地位球を離れて火星への移動手段を持つ唯一の生物です。

やはり人類が再強化と今では言えるでしょう。

 

 

スポンサーリンク