シェイクスピア影武者説!研究者が明かした人物の謎に迫る!

スポンサーリンク




ウィリアム・シェイクスピア(1564~1616)悲劇から喜劇、恋愛劇から、歴史劇まで様々な名作を残した史上最高の劇作家。

そんなシェイクスピアは文学史上最も謎に満ちた作家である。

数えきれないほどの研究者が400年に渡りシェイクスピアの謎めいた人物像を明らかにしようとしてきた。

その中で、驚くべきミステリーが浮かび上がった!?

傑作劇の数々は、別人が書いていたというものだ!

シェイクスピア影武者説

数えきれない程の研究者が、

シェイクスピア影武者説を信じる理由は何なのか?

実は、あれほど多くの作品を残したシェイクスピアには自筆の原稿はおろか日記も手紙の1通さえも現存しない。

シェイクスピアが、あの大いなる作品を書いた確かな証拠が何処にもないのだ。

更に、後世の研究者達が注目したのはシェイクスピアが死の間際に書いた遺言書である。

自筆のサインが記された最終ページには・・・

わが妻に二番目に上等な寝台と付属品を与える

など遺産相続について事細かに書かれている。

しかし、あれ程の文豪なら当然所有していたはずの蔵書類に関する記述が何処にもないのだ!

誰もが思った・・・

文豪シェイクスピアが一冊の本も残していない!?

そんなことがあり得るのだろうか?

スポンサーリンク




シェイクスピアの転身

疑問を抱え研究者の多くが訪れたのは、ロンドンから150キロ離れた

田舎町ストラットフォード・アポン・エイボン

シェイクスピア生誕の地である。

しかし、この町に残されているのはシェイクスピアの意外な素顔。

最終学歴は地元のグラマースクールだけで大学にはいかなかった。

18歳で8歳上も年上の女性と結婚。

21歳で3人の子の父親となった。

文豪とは程遠い平凡な男!

それが8年後、突如としてロンドンの表舞台に姿を現す。

俳優に華麗な転身を遂げたシェイクスピアは、

戯曲や詩を次々に発表!

人気作家となった彼は、富と名声を欲しいままにしたのである。

この信じがたい華麗な転身ぶりがシェイクスピア影武者説を生む事となる。

世紀の喜劇王チャールズ・チャップリンはこう語っている。

シェイクスピア作品を書いたのは誰か?

少なくともストラットフォード出身の小僧とはとても思えない!

スポンサーリンク




膨大な作品群は誰が書いたのか?

研究者の間で、様々な説が浮上している。

例えば肖像画が似ている事から、シェイクスピアの正体はエリザベス女王説!

あるいはシェイクスピアの傑作は妻アン・ハサウェイ説!

更にはシェイクスピアと言うのは屋号の様なもので実際は複数の劇団員説!

などなど・・・

諸説が入り乱れる中、特に注目されたのはこの2人

思想家フランシス・ベーコン

哲学者であり、詩人であり、外交官でもあったベーコンは、

正にエリザベス朝を代表する知識人。

しかも外交官だった彼だからこそ、イタリアやデンマークなど

海外が舞台の戯曲を書く知識を持っていた。

 

第17代オックスフォード伯爵

政治家・哲学者・隋筆家であり、役者や文人のパトロンだつた。

しかも、槍の名手だったオックスフォード伯爵のあだ名は・・・

Spear-Shaker(槍を振るう人)

この前後を入れ替えると・・・なんと

Shake Spear シェイクスピアになるのだ!

実は、このオックスフォード説は精神分析の創始者ジークムント・フロイトも熱烈に支持した。

一体何故、歴史に名を残す人物までもがシェイクスピア影武者説の虜になったのか?

後世の研究者たちが繰り広げる影武者論争など知る由もなく、

シェイクスピアは40番目の作品を書き上げ49歳で引退。

演劇とは無縁の余生を送ったのである。

そして1616年4月23日 W、シェイクスピア 永眠(享年52)

その生涯を閉じる。

果たしてシェイクスピアは影武者だったのか?

400年に渡り人々を夢中にさせてきた、この歴史ミステリーこそが・・・

シェイクスピア最後の戯曲だったのかもしれない!

 

 

スポンサーリンク