ツングースカ大爆発の謎に迫る!

スポンサーリンク




1908年6月30日 午前7時2分

中央シベリアの奥地ツングー

スカ上空で突如原因不明の大爆発が発生!

周囲2千平方キロメートルもの森林が一瞬にしてなぎ倒された。

特に爆心地20キロは熱風により炎の地獄と化した。

その爆発力は、実に広島型原爆のおよそ1000倍に匹敵するものだったと推測されている。

それは正に人類が初めて体験した最大の大爆発現象だったのだ。

爆発時には数百キロ離れた所から上空20キロにも及ぶキノコ雲が観測された。

その衝撃による地震活動は、ヨーロッパ各地の観測所でも検知された。

更に、爆発直後、各地で異常に明るい夜空や、天の強い光など異常な光学現象が観測された。

この爆発こそが20世紀最大のミステリー「ツングースカの大爆発」なのだ。

ツングースカの大爆発の謎

それは、ただ見渡す限りの樹木が焼失した光景。

そして、不思議な事にそれらの樹木はある中心を起点になぎ倒されていたのだ。

更に、不可思議な現象が発見される。

なんと、隕石の衝突によってできるクレーターが発見されなかったのだ。

更に通常見つかるはずの隕石の破片が発見されなかった。

隕石が大気の摩擦で燃え尽きたとしても、破片の一部は地上に到達することが多い。

しかし、研究隊は隕石の欠片すら発見できなかったのだ。

すなわち、爆発の元となる物体の痕跡は発見されなかったことから、

大爆発の謎は更に深まりこの事件は、20世紀最大のミステリー。

ツングースカミステリー呼ばれる様になった。

20世紀最大の謎 ツングースカ大爆発の真相!

仮説1 彗星衝突説

最初に現地調査を行ったレオニード・クーリックは初期の調査で巨大なクレーターこそ発見できずに至った。

後に、爆発が起きた盆地に直径10m程の水の溜まった穴が数十個散在しているのを発見。

調査を開始した。

クーリックは、この穴がおよそ11年周期で地球に近付いてくるホン・ウィンネッケ彗星の破片群が地表に激突した事により出来た小型クレーターではないかと推測した。

しかし、長期間による穴の発掘調査からは破片らしき物体は一切発見されなかった。

その後、この穴はシベリア特有の気象条件により永久凍土が溶けてできる自然現象であることが判明した。

仮説 ブラックホール衝突説

アメリカの物理学者アルバート・ジャンクソン博士は大爆発は、小型のブラックホールが衝突した事で証明が付くと発表した。

博士によると、宇宙空間で生まれた肉眼では見る事が出来ない程の小型のブラックホールが大気圏に突入。

その衝撃波によって大爆発が起こり樹木の倒壊や焼失が起きたという。

しかし、この様な小型のブラックホールが過去に観測されたケースはない!

 

仮説3 核爆発説

カルフォルニア大学ウィラード・リビー博士は、アメリカ国内の樹木を調査した結果、1908年から1909年にかけて放射性炭素が1%増加している事を突き止めた。

この事から、ツングースカの大爆発は半物質の塊が地球に衝突した事による巨大な核爆発であると推測した。

しかし、爆発近くにいたエベンキ族に放射性疾病の痕跡が見つからなかった事などから、この仮説は否定された。

この他にも70以上の仮説が検討されたがどの仮説も有力な手掛かりに欠けツングースカで起きた謎の大爆発の原因解明には繋がらなかった。

スポンサーリンク




果たしたツングースカで起きた謎の大爆発現象とは何だったのか?

1965年3月31日 午後9時47分

カナダ、レベスルストーク上空で突如光輝く発行体が目撃された。

そして、その直後大爆発と共に衝撃が走りアメリカ、カナダ両国の100万平方キロメートルに及ぶ広大な地域が明るく照らしだされた。

爆発現象の直後から、ドミニオン・ラジオ宇宙物理観測所など4つの団体が調査を開始。

現場周辺の目撃情報などから爆発の原因は隕石が衝突したものと推測され、調査団はクレーターの調査に乗り出した。

しかし、クレーターを発見することが出来なかったです。

なんと、ツングースカ同様、クレーターは発見されなかったのだ。

だが、調査隊はある奇妙な光景を目にした!

辺り一面に見慣れない黒いチリが爆心地周辺の雪原に降り積もっていたのである。

そして、この黒いチリのサンプルが分析にかけられ、その結果・・・

炭素質コンドライトと呼ばれる隕石の成分であることが判明した。

現在、地球上に降り注ぐ隕石は3種類に分類される。

隕石の成分の90%以上が鉄からなる鉄隕石。

75%以上が石質隕石。

石と鉄が混ざり合った石鉄隕石である。

そして、石質隕石に分類に含まれる隕石の1つ

炭素質コンドライトは石質隕石に分類される隕石の1つなのだ。

レベルストーク大爆発の正体は石質隕石であったことが判明したのだ。

爆心地にクレーターが無かったのは何故か?

実はこの物体は、大気圏に突入に伴う摩擦によって非常に高温となり地表に到達する前に空中で大爆発を引き起こしたのです。

隕石の空中爆発は何故起こるのか?

通常隕石は秒速2万~3万メートルという高速で地球に突入。

その時、隕石のサイズが数センチほどの小さな物の場合大気圏突入の空気抵抗による摩擦熱によって燃え尽きる。

一方、サイズが数メートル規模になると表面が熱せられる事によって崩壊を起こしながらその一部が隕石として地表まで到達するのである。

しかし、隕石のサイズが更に大きく氷や有機化合物など揮発性の物質が含まれている場合大気圏突入に伴う摩擦熱より体積が膨張。

気化する事によって内部に高い圧力が生じ地表に到達する前に、なんと空中で大爆発を引き起こすというのだ。

スポンサーリンク




ツングースカ大爆発現象の原因は?

ツングースカでの現地調査は1950年代以降に、本格的に調査が始まりました。

その過程で各国の調査団によって様々な新しい発見があったのです。

特徴① ツングースカ・バタフライ

空からの広域調査により何百枚もの写真が繋ぎ合わされ現場の全貌が明らかになった。

結果、爆発により焼失した森林は蝶が羽を広げた形をしていることが判明。

この現象は、ツングースカ・バタフライと呼ばれた。

特徴② 爆発中心部の樹木

爆心地付近の樹木だけが、なぜか立木のまま残り、その周辺の樹木は中心から放射状になぎ倒されていることが判明した。

果たして、これらの特徴が意味する物とは?

ロシア科学アカデミーのゾトキン博士は実験によりツングースカで見られた特徴の解明を試みた。

博士は、床に細い棒を引き詰めて森に見立てその上空で人為的に爆発を起こすとどの様な現象が見られるかを実験。

なんと、空中爆発の衝撃によって爆発の中心部の棒は立ったまま残る。

周辺は放射上になぎ倒され蝶が羽を広げた様な形が現われる現象を確認。

正にツングースカで起きた爆発現象と完璧に一致したのだ。

これにより、ツングースカで起きた爆発現象は何らかが空中で爆発した物であると裏付けられた。

では、空中爆発した物体の正体は?

実は、ロシアを始め各国の調査隊によりツングースカでの爆発地点の土壌サンプルが採取され専門家たちの間で分析が行われていた。

その結果、ある物質が検出された。

実は、爆発が起きた周辺の土壌のサンプルの中に地表には殆ど存在しないイリジウムが含まれていたのです。

イリジウム

イリジウムとは、宇宙空間に存在する元素1つで地表上で発見される場合は、イリジウムを含む小惑星や隕石が地球に衝突した証拠であると考えられている

更に南極でも1908年代の氷の層からツングースカ大爆発によって降り注いだと思われるイリジウムを含むチリが大量に検出された。

これらの結果から、ツングースカ大爆発は隕石・小惑星が関連していることが明らかになってきた。

空中爆発した物体は何だったのか?

スロバキア科学アカデミー ルボル・クレサク博士は、ツングースカ大爆発の原因は33年周期で地球に近づく氷やガスからなる、

エンケ彗星から数千年前に分かれた残骸であると発表した。

つまり、地表にクレーターや隕石の残骸が残らなかったのは、それが彗星の残骸であった為ガスなどの成分が抜け非常にもろい状態にある残骸が摩擦熱によって上空5キロ~7キロメートルで完全に破壊

されたと推定したのである。

これに対しNASAエイムズ研究センターのクリストファー・チャイバ博士は、空中爆発の原因として最も可能性が高いのは直径およそ30メートル級の石質小惑星であると反論した。

分析結果から見て、彗星の残骸による爆発であれば摩擦熱によってもっと高い高度で爆発が起きこるはずである。

また、鉄を多量に含む鉄隕石であればもっと低い高度まで到達しクレーターを残すはずであると分析。

クレーターが残らなかったのは石質隕石の爆発エネルギーによってすべてが粉々に破壊されたものであると断定したのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク