「意識は脳から宇宙へ」量子もつがもたらす死後の世界の謎に迫る!

スポンサーリンク




死後の世界を科学的に考える場合欠かせない問題があります。

意識とは何かという問題です。

意識とは何処からきて何処へ行くのでしょうか?

意識とマイクロチューブルの関係

スチュワート・ハメロフはアメリカアリゾナ大学にある意識研究センターの所長です。

麻酔科医としても活躍しています。

麻酔をかけられた患者は夢を見ません。

意識を失い目覚めた時には、自分がどれ位眠っていたのかも分かりません。

意識はありませんが、脳自体は活動しています。

何故この状態が生じるのかは解明されていません。

多くの患者と接するうちに、ハメロフは脳の活動と意識にとの関係性を知りたいと思うようになりました。

ハメロフはイギリスの著名な物理学者ロジャー・ペンローズと共同研究を始めました。

2人は脳の働きに関する新しい説を打ち出し永遠の魂を巡る科学的論争を巻き起こしました。

この説の根幹をなす物は、脳細胞の中にあるマイクロチューブルと呼ばれる構造です。

マイクロチューブルは、脳細胞の中にある管の様な構造です

細胞骨格の一種で細胞の構造を決定づけています。

スポンサーリンク




 

量子もつれとニューロンの関係

マイクロチューブルは、細胞を一種のコンピューターとして機能させる役割を果たし、

分子レベルで情報を処理しているのだと考えられま。

マイクロチューブルは、脳を従来のコンピューターとは違う量子コンピューターとして機能させる役割を担っているとハメロフ達は考えている。

一般に脳はニューロンの集合体だと思われています。

1つのニューロンが活動するとシナップスを経て次々と他のニューロンに信号が送られていきます。

1つのニューロンが活動すると周りのニューロンも活動し脳全体に信号が送られます。

これが、従来の考え方です。

従来型コンピューターでは、後を辿ることが出来る回路を経て信号が伝達されます。

しかし、量子コンピューターでは量子もつれと呼ばれる未知のプロセスを経て情報が伝達されます。

量子もつれは、意識と深い関係があると考えています。

ある場所で、ニューロンの活動が起きたとします、すると空間的に離れた全く別の場所でそれに対応した反応が起きるのです。

直接接していないのに瞬時に情報が伝わるのです。

ハメロフ達は、あるマイクロチューブルで起きた変化が離れた場所にある別のマイクロチューブルに影響を及ぼす可能性があると考えました。

また、量子論によれば何もない空間でも情報が伝わります。

スポンサーリンク




 

量子もつがもたらす死後の世界

量子情報は全ての空間、宇宙にも存在しています。

この説が正しければ、マイクロチューブル内の情報が脳の外にある広大な空間と繋がる可能性があります。

脳内の意識が量子もつれによって広く宇宙全体に存在する可能性もある訳です。

人間の意識は脳を構成するニューロンよりも、もっと基本的な宇宙の構成成分の様なもので出来ているとハメロフは考えています。

原意識(プロトコンシャスネス)と定義して物はビックバンのから宇宙に存在しています。

ハメロフ達のいう量子もつれの理論を応用すれば臨死体験の謎も解けるかもしれません

心臓が止まり、血液が流れなくなると脳は量子コンピューターとして機能しなくなります。

しかし、マイクロチューブル内に存在する量子情報は破壊されず宇宙全体に散らばります。

患者が息を吹き返すと、散らばった量子情報は再び脳内に戻ってきます。

そして、白い光を見た!亡くなった家族に会った!身体を抜け出した!という訳です。

息を吹き返さなければ量子情報は肉体から離れたまま魂として存在する可能性もあります。

量子情報が脳内と宇宙空間を行き来する事が臨死体験の本質だとハメロフは考えています。

それは、手術室での体験とも一致すると言います。

脳死宣告を受けた患者の臓器提供手術で何度も麻酔を担当してきました。

つい最近、大動脈が止められ脳に血液が流れていない患者のモニターをチェックしたところ、

脳のニューロンが爆発的に活動している現象を確認しました。

驚くべきことですが、まさにこの目で見たのですと語る。

魂とは、宇宙と繋がる量子コンピューターである。

という説に多くの科学者は懐疑的です。

しかし、ハメロフは自分たちの主張が少しづつ実証されていると感じています。

生物学上の様々な現象が量子論を応用する事で説明可能だと分かって来たからです。

20年程前に出したハメロフの説を根本的に否定出来た人はいません。

今後も新たな証拠がハメロフ達の説を後押ししてくれるはずです。

 

スポンサーリンク