JFK暗殺の真実!真犯人の謎に迫る!

スポンサーリンク




1963年11月22日 PM12:30 アメリカテキサス州ダラス

1発の銃弾はアメリカの夢を打ち砕いた。

第35第アメリカ合衆国 ジョン・F・ケネディが暗殺される。

ケネディ暗殺事件の全容

事件直後、リー・ハーヴェイ・オズワルドが大統領暗殺犯として逮捕された。

凶器はイタリア製6.5mライフル銃「カルカノM189」

オズワルドは、パレードの大統領を後方のテキサス教科書倉庫ビル6階の窓から狙う撃った。

捜査当局はそう断定した。

捕らえられたオズワルドは、しかし犯行をかたくなに否定する。

そして事件から2日後、オズワルドもまた移送中に殺害される。

犯人のジャック・レオン・ルビーは監獄に送られた4年後、沈黙を続けたまま謎の病死を遂げる。

真相究明の為に、後任の大統領リンドン・B・ジョンソンが指揮したウォーレン委員会は、

ケネディ暗殺に関する膨大な資料をまとめあげた。

世界を震撼させた暗殺事件について導き出された結論は・・・・

リー・ハーヴェイ・オズワルドの単独の犯行。

だが報告書が公表された直後から今日まで、疑いの声はささやかれ続けている。

スポンサーリンク




ケネディ暗殺の真犯人とは!?

男の名は、ジェイムズ・ファイルズ

その男は、実に明確にケネディ暗殺を語っている。

自ら真犯人だと名乗る人物は、警察官殺人未遂の事件で懲役50年の刑に服している。

ケネディ暗殺の研究者が、その男にインタビューした映像が残されている。

2003年11月19日 シカゴ・ステートヴィル刑務所

VTRの映像はいきなりその男のインタビューから始まる。

ジェイムズ・E・ファイルズ 自称ケネディ暗殺の実行犯

スポンサーリンク




 

ファイルズが事件当日の状況を語りだした。

「パレードの車がヒューストン通りからエルム通りに入っていきた。

車が来ると私は銃を持ち上げた。そして車をスコープで狙っていた。

銃声が聞こえるたびにミスミスと数えた。頭を撃つ事だけを考えていた。

射程範囲のフリーウェイの標識があった。」と語る。

1963年11月22日 ケネディ大統領は妻のジャクリーンと共に、テキサス州ダラスに赴いた。

核実験の停止条約に署名し平和路線を走るケネディにとって、保守的なテキサスは決して好意的な地盤ではない。

だからこそ、なんとしても抑えておかなければならない場所でもあった。

大統領と妻を乗せたリンカーンコンチネンタルは、当初ヒューストン通りと交差するメイン通りを直進する予定だった。

だが、間際になって何故かルートは変更された。

ファイルズによればあの時、彼を含む3人の狙撃手は別々の場所からケネディを狙っていたという。

ケネディを乗せた車がエルム通りを入ってくる。

そこには確かに高速道路の入り口を示す標識がある。

ファイルズが立っていたのは車と標識を結ぶ線の先。

グラシノールの丘と呼ばれる小高い丘の上。

ファイルズが放った最後の一発が大統領の頭を撃ちぬいた。

果たして本当なのか?

ケネディ暗殺を研究してきたジム・マーズはおよそ3時間に及ぶインタビューを行い・・・

信じる事が出来る証拠を見出したという。

彼の話は、真犯人しか知りえない事実を詳細に語っている。

ジェイムズ・E・ファイルズの証言

彼は、ケネディ暗殺はある人物から依頼されたという。

ファイルズは、必要な時にだけ撃つのを任されたバックアップだったのだ。

そこに浮かびあがるのはケネディを憎んでいた者たちの不気味な影。

ファイルズは暗殺犯と断定されたオズワルドとも面識があったという。

暗殺直前までオズワルドと行動を共にしていたという。

オズワルドは単なる手助け役に過ぎなかったとファイルズはいう。

凶器となった銃についてもファイルズの証言は意外だった。

彼の使った銃は、ファイアーボール!

ダラス警察が凶器として押収したイタリア製ライフル、カルカノよりも遥かに小型で機動性に優れた銃だという。

レミントン社製 ファイアーボールは確かに実在した。

普通のライフルよりも銃身を短くし暗殺用に開発されたともいわれる銃

狙撃の位置についても、彼は極めて詳細に説明する。

彼の証言はあらゆる面で事件の公式報告書とくいちがっている。

だが、ほんとう無形な戯言とかたづけるにはあまりにも具体的だった。

20世紀最大の謎ケネディ暗殺!

誰がケネディを撃ったのか?そして背後にどんな組織が潜んでいたのか?

真実は未だ闇の中である。

 

スポンサーリンク