【食べても痩せる】アトキンス式ダイエット!効果は?

スポンサーリンク




数あるダイエットの方法がありますが。

今回は賛否両論のアトシンス式ダイエットとは、いったいどんなダイエットなのだろうか?

これは、ダイエット革命です。

その実態と効果のほどはいかに?

食べても痩せえるアトキンス式ダイエットとは?

アトキンスはダイエットの常識を覆しました。

うさぎの餌の様なサラダやパンや穀類ばかりの食事はやめて、

炒め物やステーキや生クリームを食べる様にというのです!

アトキンス式ダイエットは、最初の2週間が厳しいと言われています。

食べてはいけないものが色々あるのです。

スポンサーリンク




アトキンス式ダイエットのNG食材とは?

アトキンス博士が、避けるべき指導する食品を見ればこれが賛否両論なのが頷けます。

食品には、果物や野菜のほかに三大栄養素があります。

ご飯や、パン、パスタ、ジャガイモなどの炭水化物、肉、魚、卵などのタンパク質。

バター、チーズ、生クリーム、油などの脂質。

過去30年間、標準とされてきたカロリー配分は2分の1が炭水化物。

4分の1がタンパク質、残りが脂質でした。

アトキンス博士は、これを否定。

代わりに、カロリーの大半を脂質とタンパク質から摂り炭水化物を減らせというのです。

アトキンス式なら急激のダイエットも可能だというのです。

ダイエットの歴史

ローカーボダイエットを考えたのは、アトキンス博士が最初ではありません。

1860年肥満に悩んだウイリアム・バンディンクが同じ発想でダイエットに成功していました。

1870年に彼が亡くなった時は、確かに痩せていたそうです。

しかし、100年後のダイエットの常識は全く逆でした。

便利になって人々の運動量が減った社会で、それまでの食生活は脂肪を取りすぎていたとされたのです。

60年代から80年代にかけての研究では、脂肪が標的にされました。

それ以来、減量するなら脂肪分を減らすというのが世間の常識になったのです。

悪者扱いされた脂肪は、癌や心臓病や糖尿病などの元凶ともいわれるようになり、

脂肪を食べれば太ると言われました。

心臓病になりたくなければ、脂肪分を控え炭水化物を摂れと言うのです。

しかし、正反対の考えを持った医師がいました。

アドキンス博士は、それまでは悪者とされていた脂肪分を摂るダイエットを考えていました。

1972年、ロバート・アドキンス博士は初めてのダイエット本を出版しました。

何に着想を得たのでしょう?

アトキンス博士は、医者になってから酷く太ってしまい痩せる方法を自ら模索していました。

そこで、簡単なダイエット法は無いかと探しているうち、

1963年に炭水化物を制限する事によって体脂肪を分解できると説いた医学論文に出会いました。

早速実践してみると実に楽に痩せられることが分かったのです。

アトキンス博士は、その原理と自らの体験に基づいて、

ドクターアドキンスのダイエット革命を出版しました。

これは生物科学に基づいたダイエット法です。

肥満になる最大の理由は、炭水化物の摂りすぎで、炭水化物を控えると痩せられることが証明されました。

今までは、減量するにはカロリー計算をしなければならないというのが常識出来た。

スポンサーリンク




アトキンス式ではなぜ高脂肪の食品で痩せられるのでしょう?

ローカーボダイエットでは、炭水化物の摂取量を減らします。

そうすると、エネルギーの源が炭水化物から体脂肪に切り替わるという訳です。

炭水化物が十分に入って来なくなると人間の体というのは、

体脂肪を燃やして燃料にするものなのです。

博士によれば、太る原因は炭水化物に含まれる等質です。

糖質を摂るとインスリンというホルモンが分泌され血糖値を下げます。

糖質を摂りすぎると、それに伴ってインスリンの分泌も増え血糖値の変動が激しくなります。

すると、もっと糖質を摂りたいという欲求が高まります。

炭水化物には、急激に血糖値を上げる糖質が多く含まれています。

フランスパンを食べるのは、砂糖を食べるのと同じことなのです。

アトキンス博士は、この糖質が太る原因だといいます。

血糖値が激しく上下し続ければインスリンはうまく作用しなくなります。

この状態を、インスリン抵抗性と呼びます。

こうなると糖質は脂肪となって、お腹や太ももにつくのです。

アトキンス式では、炭水化物の摂取を減らし、肉、魚、卵などのタンパク質や、

生クリーム、マヨネーズ、チーズなどの脂質を多く摂ります。

このダイエット法なら空腹感も少なくて済むと言います。

脂質やタンパク質を多く摂るようにすれば従来の方法よりも満腹感が長い間持続するのです。

ホルモンバランスが整い、食生活をコントロールし易くなります。

これがアトキンス式ダイエットなのです。

世の中、様々なダイエット法がありますが空腹に耐えずに済むアトキンス式ダイエットは、

失敗する人は少ないのが利点かもしれないですね。

ダイエットをしても、失敗する人は空腹に耐えられず逆にリバンドしてしまいますからね。

しかし、人間の体の仕組みを考えた場合、ダイエットと健康維持の両立が出来るのかは疑問が残りそうですね。

慢性疾患などお持ちの方は医師と相談されてから始める事をお勧めします。

スポンサーリンク