夜だけ炭水化物抜きダイエットの効果抜群なポイントとは?

スポンサーリンク




体を動かすエネルギーの重要な栄養素、炭水化物。

しかし、これを1日1食抜くだけで大きなダイエット効果が得られます。

それは、夜食だけ炭水化物であるお米や麺類などを抜くだけの簡単ダイエット。

健康面にも大きなメリットがあります。

その効果とポイントとは?

夜だけ炭水化物抜きダイエット

炭水化物を抜くことで、中毒の改善や血糖値のコントロールにも効果があります。

肥満の原因は、急激な血糖値の上昇や、暴飲、暴食、ストレスなど様々!

炭水化物には糖分が含まれており、それが血糖値を上げるのです。

よって炭水化物を抜くことにより肥満の原因を抑える効果が期待できます。

芸能人でも、これを実践して減量に成功した人も数多く見られます。

ダイエットの基本は炭水化物を抜くというのが世界のダイエッターの定番となっています。

では、なぜ夜だけ炭水化物を抜くと効果的なのか?

毎食、炭水化物を抜くアトキンス式ダイエットは有名ですが危険も伴います。

炭水化物も体にとってはとても重要な栄養素。

摂取した炭水化物は体内でブドウ糖に分解されます。

そのブドウ糖が体にとって重要なのです。

それは、ブドウ糖を栄養源として働く臓器があるからです。

それらの細胞は、主に肺の粘膜、神経組織の内膜、眼の水晶体、血管壁などです。

これらの臓器に糖質が不足すると身体に悪影響が出ます。

例えば、肺気腫や神経痛、白内障、動脈硬化、腎不全などがあげられます。

なので、炭水化物をただ単に抜くのは危険なのです。

炭水化物を抜くのは栄養が一番不必要な寝るだけの夜に抜くのがベストなのです。

朝食や昼食は炭水化物を含む栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

また、ブドウ糖は脳に活動の手助けもするため朝食、昼食で炭水化物を抜くと脳へのストレスとなってしまうのです。

仕事に集中力がなくなり、イライラしたりするのも原因の1つです。

夜は脳も栄養をあまり必要としませんからね。

そして、夕食後は運動も少なく摂取したカロリーや糖類がそのまま体内に蓄積してしまうので、夜だけ炭水化物を抜くことをお勧めします。

ただし、炭水化物を摂らないからと言って脂質の摂りすぎには注意が必要です。

スポンサーリンク




夜だけ炭水化物を抜くメリット

夜は代謝が下がるので夕食に糖質を抜くことで脂肪がたまりにくくなる。

昼間の集中力が続きやすくなる。

などなど様々なメリットがあります。

健康で無理せずダイエット!

是非、夏に向けて今からスタート!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク