「358」は救世主を意味する!神の数字の謎に迫る!

スポンサーリンク




エンジェルナンバー「358」!その数字に秘められたパワーの存在が明らかに!

実は・・・666が悪魔の数字に対し、救世主の数字とされているのが「358」なのです。

旧約聖書では救世主を意味する単語を「メシア」という単語で表します。

「358」は神の数字「救世主」を意味する!

メシア」を原文のヘブライ語で表すと「マーシーアハ」となります。

マーシーアハ」の綴りを数字に置き換えると「40300108」となり

40+300+10+8=358になるのです!

358は神の数字です!

この358は、風水でも「3,5,8」は、それぞれ金運を高める数字とされ、

3は金運・5は帝王・8は風水上最も良い数字とされています。

これらは、発展、成就を意味するそうです。

ちなみに、風水の大家であるDrコパ氏は、自身の名前を58(コパ)からとっています。

色や間取りだけでなく、数字には運気を挙げる意味があると風水では考えられています。

それらが合わさった358という数字は幸運の数字と言われています。

また、歴史や世界の名作にも、「385」は隠されています。

例えば、徳川15代将軍の中で、初代と末代以外で有名な名前は・・・

3代将軍・徳川家光、5代将軍・徳川綱吉、8代将軍・徳川吉宗。

また、最遊記に出てくる3人の登場人物は・・・・

3・沙悟浄(さごじょう) 5・梧空(ごくう) 8、八戒(はっかい)

お釈迦様が悟りを得た時は・・・

35歳の12月8日。

お釈迦様の誕生日は4月8日生まれです。

誕生日から、悟りを開くまで35年と8か月の時でした。

奈良や京都のことを「都(みやこ)と呼びますね。

これも・・・385(みやこ)358の組み合わせですね。

スポンサーリンク




神の数字358

358を車のナンバーにすると、燃費が良くなり、事故が少なくなるとか・・・

ラッキーなことが立て続けに起こったなんて話もあります。

ユダヤの数字占いやキリストの聖書では、358は救世主の意味の他に

平和をもたらすという意味もあります。

他にもまだまだある358

仏教伝来は538

坂本竜馬の生まれ年は1835

青森の戸、戸、

などなど、この数字には何か不思議な力が宿っているようです。

また、島根県の荒神谷遺跡では、358本の銅剣が出土しました。

この遺物の数は適当に決められたわけでなく、太陰暦の1年にほぼ近い数字であるとされています。

日本では昔、太陰暦を主に使用しており、昔は太陽と同じくらい月を重んじた時代がありました。

なので、358という数字は古代の人にとっても神聖な数字だったのかもしれません。

山形県米沢市には、古来より三五八漬け(さごはちづけ)という漬物があります。

麹の漬け床で漬物を作るのですか、

3・麹5・米8の割合で作るそうです。

エンジェルナンバー358

エンジェルナンバー358は、大いなる存在、アセンデッドマスターから見守られている数字です。

この数字は、ふと目に飛び込んできたり、脳裏に浮かんだりして送られてきます。

他のも、お札の通し番号に358が入っていると、幸運や金運を引き寄せ効果もあるそうです。

もし、358の数字が入ったお札を見つけたら財布に入れておくと良いでしょう。

358」並びなら、もう使わずにお守りとして財布に大切に保管しましょう。

また、銀行の暗証番号として使用するとお金が貯まりやすという話まであるそうです。

35は聖なる数字、8はメビウスの輪、

ウロボロス、無限大を表すので、世界的に縁起の良い数字として有名なのかもしれません。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク