【ストレス】メカニズムとストレスの原因の謎に迫る!

スポンサーリンク




仕事でストレスを感じている人は約84%。

ストレスのメカニズムは偏桃体から始まる全身の変化にあります。

人類は、なぜストレスの能力を進化させたのか?

しかし、その存在が現在ではなぜ病の原因になるのか?

あなたを蝕むストレスの正体から命を守る方法の謎に迫ります。

ストレスのメカニズム

人間はストレスと感じると、脳の中にある偏桃体が活発になります。

偏桃体は脳の中央に近い場所にある、アーモンドのような形をした部分です。

不安や恐怖を感じる偏桃体から始まった反応が体全体に広がっていきます。

偏桃体が働くと体の複数の場所が、活発に活動し始めます。

偏桃体からの指令を受けた副腎は、ストレスホルモンを分泌し始めます。

ストレスホルモンには、心拍数を増やす働きがあります。

また、血液を固まりやすくするなどの作用もあります。

また、偏桃体からの指令で活発に動き始める部分があります。

全身に張り巡らされ、末端の血管にまで巻き付いている自律神経です。

自立神経は、興奮すると血管をぎゅっと締め上げ血圧を上昇させます。

ストレスを受けた時、偏桃体が働くのをきっかけに全身で起こる様々な体の反応。

これがいわゆるストレス反応です。

スポンサーリンク




 

なぜストレス反応が起きるのか?

話は今から数万年前。

私たちの祖先が狩猟をして暮らしていた頃にさかのぼります。

当時、周りには獰猛な動物など天敵だらけ・・・

必死に戦ったり、逃げたりしなければ生き延びる事はできませんでした。

その時、威力を発揮したのがストレス反応でした。

心拍数が増加したり、血圧が高くなるのは瞬時に体を動かせるよう、

全身の血の巡りを良くするための仕組みです。

血液が固まりやすくなるのは、怪我をした時に素早く血を止めるためだと考えられています

ストレス反応は、私たちの祖先が命をつなぐ為に進化させた大切な体の機能だったのです。

現在ではストレスは病の原因

天敵がいなくなった現代。

もはや、ライオンなどに襲われ命の危険にさらされる心配はありません。

ところが、体の中には、恐怖や、不安を感じると反応する仕組みが残ったまま。

天敵相手に働いていたこの仕組みが、精神的な重圧を感じた時に働くようになりました。

これが、私たち現代人の体の中で起こっているストレス反応なのです。

命を脅かすキラーストレス

単なるストレスが、どの様にして人の命を奪うキラーストレスになるのでしょう?

最新の研究によれば、複数のストレスが重なった時、

単なるストレスが命をも奪うキラーストレスへと変貌することが分かってきました。

その時、体の中ではどんな反応が起こるのでしょう?

見えてきたのは、ストレス反応の暴走です。

複数のストレスがかかると、副腎から分泌されるストレスホルモンがとめどなく溢れ、

体の中に大量に蓄積。

すると、心拍数が増加。

血圧が異常に高い状態に陥ります

血圧の上昇に耐えられず、もし体動脈が破裂すれば死に直結します

血管の破裂が、脳で起こると脳出血に陥るのです。

更に、キラーストレスが心臓に深刻なダメージをもたらす新たなメカニズムも明らかになってきました。

これには、自律神経の異常が分かってきました。

あまりにも複数のストレスが重なると、末端の血管を締め上げる自律神経が興奮状態に陥り、

誤って心臓の筋肉の血管まで、ギュッと締め上げてしまうのです。

ストレスホルモンが心拍数を増やすように働き、自律神経は心臓の筋肉の血管を締め上げる。

この真逆の反応が同時に起こった時、心不全を引き起こす可能性が明らかになりました。

スポンサーリンク




5つのストレス解消法

・ストレスの原因を避ける

・笑う

・サポートを得る

・運動は自律神経の暴走を抑える働きがある

ポイントは・・・有酸素運動(ウォーキング30分 週3回)

マインドフルネス

マインドフルネスとは・・・瞑想をベースとしたプログラム

名だたる大企業が導入したプログラム。

学校でも、刑務所でも行われ始めています。

最新の脳科学で調べた結果、ストレス対策に驚くべき結果をもたらす事が分かりました。

瞑想は、老化防止や若返り、ダイエットなどにも効果があり、最近注目されていますね。

医療の現場でも、患者の自然治癒力を高める効果もある事が分かってきました。

ストレスに負けない様、楽観的に生きる、普段からよく笑い、悩みは他人に相談、適度な運動、

そして・・・瞑想 これで、心も体もストレスから解放されるでしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク