【衝撃】アンチエイジング食品7選!知らなきゃ損する老化を予防する食べ物とは

スポンサーリンク




老化は誰にでも訪れる。

しかし、30歳過ぎから若さを保つ人と妙に老けて見える人に分かれます。

その原因は、毎日の食生活や、生活スタイルに差があった。

その若さを保つ作用のある食べ物とは?

老化の原因には、運動不足やストレス、不規則な生活、暴飲暴食など、

様々な理由が挙げられます。

その中でも、大きな影響を及ぼすのが食生活です。

食事によって老化の原因となる参加や糖化を防ぐ事が出来るのです。

酸化とは・・・体がさびる事です。

糖化とは・・・糖の摂りすぎによって、たんぱく質が変化してしまう事です。

例えば、肌にハリやつやを与えるコラーゲンというたんぱく質が糖化してしまうと一気に老け顔になります。

酸化と糖化は、身体に悪影響を及ぼします。

動脈硬化など、恐ろしい病にかかる可能性も起こります。

老化防止は、見た目だけでなく病気にかかりにくい体を作る為にも必要な事です。

そんな、あなたに今日からできる老化予防の食べ物を紹介いたします。

アンチエイジング老化を予防する食べ物7選

・バナナ

バナナは数ある食品の中で最も抗酸化作用が高い食品です。

また、バナナはアミノ酸や各種ビタミンの宝庫で食物繊維もたっぷりと含まれた食品です

・ニンジン

ニンジンは「若返り」の食材とも呼ばれています。

その理由は、ニンジンに含まれる大量のβカロテンを含んでいます。

その他に、「食物繊維」「ビタミンB1」「ビタミンC」「カリウム」「カルシウム」「ミネラル」「鉄分」も含まれています。これら全ての栄養素は体を老化から守ってくれる栄養素です。

特にβカロテンは、老化の原因となる活性酸素を取り除き免疫力を上げてくれます

疲れ目や認知症の予防の他、皮膚の新陳代謝が上がり紫外線による肌の老化を防いでくれます。

βカロテンは油と一緒に摂取する事で吸収率が3~10倍になります。

なので、野菜炒めなどで召し上がるとより効果的です。

βカロテンを含む食材としてカボチャ、ホウレン草などがあるので一緒に調理すると良いでしょう。

バナナを1日2本食べると効果がある記事はこちら

・キャベツ

キャベツの抗酸化作用は野菜の中では飛び抜けて高いのです

そのキャベツの中でも若いキャベツの抗酸化作用が圧倒的に高いそうです。

特に春キャベツは、必ずチェックしましょう。

その他、野菜の中では、ブロッコリー、ケールなどは、老化を止める働きを持っています。

・ニンニク・ショウガ

ニンニク・ショウガ・セロリ・ネギなどの香味野菜も抗酸化作用が高い事で知られています。

香味野菜独特の臭いの成分アリシンが、体内の活性酸素と結びつき、身体の酸化を防ぐ効果があります。

冷ややっこに、ネギをトッピングしたり毎日少しは香味野菜を取り入れると良いですね。

・レモン

レモンには、ビタミンCが含まれているのはご存知かと思いますが、その他に「エリオシトリン」が含まれている為、

抗酸化作用があります。活性酸素を吸収しコレステロールの酸化を防ぐ効果があります。

他に、疲労回復にも効果のあるクエン酸も含まれてますので、夜寝る前に、白湯にレモンを入れて飲む事で、

デトックス効果も期待できます。

スポンサーリンク




・リンゴ

1日1個のリンゴは医者いらずと言われる程、リンゴは非常に体に良い食べ物です。

リンゴには、ポルフェノールが含まれているので、老化防止や癌の予防にもなります。

特にリンゴの皮にポルフェノールが多く含まれているので皮ごと食べる事をお勧めします。

また、皮にはトリペノイドペクチンが含まれており、乳がんや、大腸がんの予防になったり、

腸内の悪玉菌を減らし、逆に善玉菌を増やしてくれる、とてもありがたい果物です。

・緑茶

「朝茶は七里帰っても飲め」という言葉があるように、とても良い飲み物です。

緑茶には、ポルフェノールカテキンが含まれており抗酸化作用があります。

以上の他、まだまだ沢山の食品で老化予防できる食品はあります。

日々の食事で気を付けることは、暴飲、暴食を避け、栄養のバランスの取れた食事を心がけることが大切です。

 

 

スポンサーリンク