隠された歴史!死海文書で分かったノアの正体の謎に迫る!

スポンサーリンク




2001年インド・khambhat岸から40km水深40m程の所を探索していた科学者達が驚くべき物を発見した。

古代文明の痕跡らしき物に遭遇したのである。

インドの海洋考古学者の人たちが、khambhatの沖合で2つの古代都市を発見しました。

何千年も前に地質学的変動により破壊された都市ではないかと考えられています。

インド周辺には、この様に水没した都市がもっとあるのでないでしょうか!

インドの伝説などでは、そう語られています。

khambhatの沖合で見つかった遺跡は、少なくとも9千年以上前のものだと推定されている。

これは、一部の学者が主張する彗星衝突の時期と重なるようだ!

そう、大洪水の頃である。

水没した都市の遺跡は、大洪水が実際にあった事の証と言うだけでなく、我々の知人類の文明以前に、より高度な社会が存在した事を示唆しているのではないか!?

科学者たちによれば、最終氷河期の末期にまでさかのぼる遺跡の発掘現場を探ればその証拠が見つかると言う。

スポンサーリンク




隠された歴史と最終氷河期との一致

トルコの南東に位置する、ギョベクリテベ円形状の石の壁と複雑な彫刻が施された50本にも及ぶ石柱がある。

放射性炭素から判断すると、紀元前10000年頃のもの含まれるという。

これらの遺跡は、洪水により破壊されたと考古学者のロバート・ショックは主張する。

大災害による破壊の痕跡が見られます。

石柱は最終氷河期の終わりに壊されました。

人々はこの建造物を立て直す事を試みましたが、最終的には再建を諦め、

後から戻ってこようとして全体を覆い隠したか、又は子孫の為に埋めたようです

インドネシアの熱帯雨林、段になった丘と壁や階段の跡がみてとれる。

人々はここを、パダンサンと呼ぶ。

地下を掘り、年代を調べてみると少なくとも、紀元前9700年までさかのぼる事が判明した。

大変興味深い事に、地震活動にさらされたパダンサンの層を見ると何重もの地層に覆われた洞窟の入り口部分などは、紀元前9700年位のものだと言うのです。

これは、最終氷河期と一致する時期です。

人々は洞窟の中に隠れ、後にすべてが埋ってしまったのでしょう。

各地で見られるこうした遺跡は、世界規模の洪水が起こる前に高度な文明が存在していた事の証だろうか?

古代神話にも、そんな文明が登場するのだろうか?

アトランティスの神話

古代ギリシャにさかのぼってみるとギリシャ神話や、プラトンの聖なる記述の中に巨大な大陸が登場しています。

これがあのアトランティス大陸です。

アトランティスには、高度な文明があったとされています。

ところが、その巨大都市は大洪水によって滅ぼされました。

プラトンによれば、アトランティスがあったのは紀元前9600年頃で最終氷河期の終わりです。

以上の事から1つ前の文明の波があったことが伺えます。

しかし、当時の文明は自然災害によって滅んでしまいます。

その後、何千年にも及ぶ暗黒時代を経て、今から5000年ほど前にようやく新たな文明が築かれたのです。

アトランティスの物語には、地球が大洪水に見舞われ氷河期末期となった紀元前10000年よりも前の事を指しているのだろうか?

アトランティスの文明は、ギョベクリテべやパダンサン、その他の古代建築物と同じ様に、何か大規模な災害により滅ぼされたのだろうか?

古代宇宙飛行士説によれば、その証はすでに見つかっているという。

それは、失われたものの中にではなく、残されたものの中にある。

死海文書の発見

1946年パレスチナ・クムラ

エルサレムの東16キロ程の所にある砂漠で、羊飼いの少年が群れから逸れた羊を探していた・・・

そして、彼は遠くに洞窟があるのを見つける。

少年は洞窟に石を投げ入れると、壺が割れる音がしました。

そこで中に入ってみると、古い手書きの文書が入った壺が見つかりました。

少年は、11もの洞窟で隠された文書を見つけます。

人類の歴史で、最も驚くべき秘蔵の書死海文書」の発見です。

11の洞窟から合わせて800点もの古代文化に関する文書が見つかったのです。

スポンサーリンク




死海文書で分かったノアの正体

最も驚異的だったのは、旧約聖書には載っていなかった「ノアの物語」です。

ノアは生まれつき非凡な姿をしており、肌の色は特殊で目で部屋を照らすことが出来たと書かれています。

面白いことに、ノアの父親レベクはノアは本当に自分の子だろうかと疑問を抱いていました。

これは、天界から堕天使が降り立ち人間の女性と肉体関係を持ったという話があったからです。

レベクは、赤ん坊は本当に自分の子か?と妻を問い詰めます。

ノアの外見はとても変わっていました。

彼の瞳はビームのような光を放ち、肌まで光輝いていたといいます。

奇妙な描写です。

そこで、こんな疑問が浮かんできます。

ノアは、ひょっとしたら地球外生命体ではないか?と

古代宇宙飛行士説でいうように、聖書の中のノアは実は地球外生命体なのだろうか?

その為に、変わった肌の色と光輝く目を持っていたのか?

重要なのは神や家族の目から見てノアは純粋だったということです。

その純粋さは遺伝子的なものでもありました。

神が残りの人間を一掃しようとしたのは、人間の遺伝子を汚す恐れのある地球生命体の系統を全て取り除こうとした為です。

大洪水は、地球の穢れた遺伝子を洗い流す為にもたらされたのだろうか?

そして、ノアが新たな人類の父として選ばれたのか?

古文書によれば、ノアの子孫たちが生まれた世界は大洪水よりも前の世界とは大部異なるものだったという。

かつては、神、巨人、妖精たちが人類とこの地球に共存していた。

大洪水は、歴史の分岐点だったようです。

聖書によれば、洪水以前の人類は寿命が長く、その後は短くなったと言います。

メソポタミアの伝統でも同じ事が言えます。

シュメール王名標では洪水前に、メソポタミアを収めた王達は非常に長生きでした。

それに比べて、洪水の後に出てきた王達は短命だったのです。

洪水以前は、神が人間のそばにいました。

人と聖なる者との距離が近く、神は人類を導きもし、魔が差す事もありました。

神は人と交わり子孫をも受けたのです。

今、神は遠い存在です。

大洪水が人類の歴史の分岐点になったのです。

崇高ねの者たちと人類が交流していたのは全て過去の出来事です。

かつて地球には、巨人がいて神が人間と交わっていたのに、神たちは何処へ行ったのでしょう?

交わりは薄れてしまいました。

何故こうなったのか?興味深い問題です。

歴史の上で、神と人間を分け隔てる事になったこの大洪水は、いったい何だったのでしょう?

これは、人類が進化を遂げるうえで必要な自然の導きだったのかもしれません。

人類は孤独であるという考え方が我々の進化の為には不可欠だったということです。

大洪水は、地球上の全ての生き物を排除しただけでなく、我々の種に生を与えた宇宙人の痕跡を消し去ろうとしたのか?

その真相は、ノアがどう生き延びたのかについて調べる必要がある。

 

 

スポンサーリンク