堕天使ルシファー「光をもたらす者」悪魔サタンの堕落前の名称である!

スポンサーリンク




昔、神の大座をお守りするという高い地位につくルシファーという美しい天使がいた。

ある日、プライドという罪がルシファーの心に入り込むと彼は全能の神になりたくなった。

ルシファーは、その狂気から天国を乗っ取るよう沢山の天使をそそのかした。

だがルシファーには1つ大きな問題があった。

堕天使ルシファーとは「光をもたらす者」

ルシファーとは、明けの明星を指すラテン語であり、光をもたらす者という意味をもつ悪魔・堕天使の名である。

キリスト教、特にカトリックにおいて、堕天使サタンの別名であり、魔王サタンの堕落前の天使としての呼称である

それは、彼自身も創造された者に過ぎないという事だった。

神はルシファーと反逆した天使達を天国から追放された。

以来、これらの堕天使たちは悪夢に、そしてルシファーはサタンになった。

彼らは、地球という惑星に落ち着き、そこがサタンの領土となった。

地球は、驚くべきドラマの舞台となった。

そして、ついに重要な人物の事が明かされる時がやってきた。

神は仰せられた・・・

「さあ人を作ろう」我々の形として彼らが地の全てのものを支配するように。

神は、人をご自身の形として創造された。

神の形として彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。

神である主は、土地のチリで人を形作りその華に命を吹き込まれた。

そこで人は生き物となった。

アダムは完璧であり、永遠に生きるように作られた。

だが、サタンは怒り狂っていた。

彼の領域が人と呼ばれる新しい創造物によって侵略されたからだ!

アダムはエデンという美しい園に住み、こなる神が創造された動物たちに名前を付けた。

アダムは神と共に歩み、神はアダムに生けるもの全てを収めさせた。

だが、サタンはアダムを憎み彼の死を望んいた。

神である主は、人に銘じて仰せられた。

「あなたは園のどの木からでも思いのまま食べて良い」

しかし、善悪の知識の木からは取って食べてはならない。

それを取って食べるとき、あなたは必ず死ぬ。

神である主は仰せられた。

人が一人でいるのは良くない。

私は彼の為に、彼にふさわしい助け手を作ろう。

そこで主は、アダムのあばら骨の1つからイブを作られた。

2人の園での生活は、至福そのものだった。

イブが1人でいるとき、サタンが美しい蛇になりすまして彼女に近づいた。

蛇は、イブに嘘をつき彼女に禁断の木の実を食べさせた。

イブは重大な誤りを犯してしまった。

神にではなく、サタンに従ってしまったのだ。

禁断の木の実を食べるという、当然の背きによりアダムとイブは神のみまいにおいて罪を犯した。

2人は潔白を失った。

2人は共に霊的に死に、罪はウイルスのごとく彼らの子孫へと受け継がれていった。

その結果、私たちの誰もが皆罪を負っている。

神は罪を憎み、神のみまえではそれは認められない。

死の呪いが、全人類と地球を覆った。

主は罪の報いとしてイバラとアザミが生じる様に地を呪われた。

そこで主なる神は、アダムをエデンの園から追いやり、生れ出た土を耕すようにした。

その結果、サタンはこの世のシステムを支配するようになった。

人はもはや、地上を支配せず、闇の王とその集団の奴隷となってしまったのである。

しかし神は、そのだいによりアダムがもたらした損傷を元通りにする為に

救い主を送るという約束をしてくださったのだった・・・・・・。

 

いや難し話・・・W

ちょっと気になったので調べてみましたが、良くわかりませんw

ルシファーって、アニメとかモンストにも出てくる名前ですね。

ルシファーとは、堕天使サタンの別名だったのですね。

今まで天使かと思っていましたW

2006年、NASAが人工衛星で南極の雪原の下に磁気異常を検出したと発表した。

重力異常が見つかったのは、地表から848メートルの深さで、直径は243キロメートルに及ぶ。

この重力異常について「天使が閉じ込められているから」という噂があります。

ここには、かつて隕石が墜落した場所であり、堕天使が囚われの身になって今なお生きている。

なんて夢のような話もあります。

 

 

 

 

スポンサーリンク