本当に危険!【受動喫煙】タバコの煙が子供に害を与える謎に迫る!

スポンサーリンク




タバコの煙の恐ろしさ!受動喫煙がもたらす害とは?

乳幼児の死亡原因第3位!

受動喫煙の恐ろしさを知れば、きっとあなたの禁にも役立つと思います。

 

【受動喫煙】タバコの煙の種類

 

簡単にいうと喫煙者が吸っているタバコの煙を吸うことです。

タバコの煙といっても種類が色々あります。

それは、主流煙副流煙呼出煙の3種類です。

主流煙

主流煙とは、喫煙者が吸う煙の事です。

タバコにはフィルターがついており、主流煙はそのフィルターを通して体内に吸い込まれます。

このフィルターは、喫煙者がタールやニコチンを摂り過ぎない様にする役割があります。

副流煙

副流煙とは、火のついたタバコの先から出る煙の事です。

当然、副流煙はフィルターを通していないため、主流煙以外の有害物質が含まれています。

呼出煙

呼出煙とは、タバコを吸う喫煙者が吐き出した時の煙の事です。

この煙は、フィルターと喫煙者の体内を通過する過程で、タバコの煙に含まれる有害物質は軽減されています。

本当に危険【受動喫煙】

 

あなたも受動喫煙が危険なのはご存知と思いますが、何が原因で危険だと言われているのでしょうか?

それは、副流煙です。

 

この副流煙を非喫煙者が吸うことが非常に危険なのです。

主流煙も呼出煙も一旦フィルターを通しているため、有害物質が軽減されています。

しかし、副流煙では一切フィルターを通していないため、直接非喫煙者の体内に吸い込まれます

この為、喫煙者より非喫煙者の方か危険だと言われているのです。

副流煙の危険性

あまり知りたくないと思いますが、副流煙は主流煙より発ガン性物質が多く含まれているのです。

主流煙を基準とした場合

・ニコチン(血流を悪化)は2.8倍

・タール(発ガン性物質)3.4倍

・一酸化炭素(酸素不足を招く)4.7倍

・アンモニア(目を刺激する)46倍

・ベンツヒレン(発ガン性物質)3.4倍

・ニトソアミン(発ガン性物質)31倍

数字を見れば明らかに副流煙の危険性が分かりますね。

 

受動喫煙でどのような病気になるのでしょう?

・肺がん

・副鼻腔がん

・子宮がん

・呼吸機能の低下

・脳卒中

・心筋梗塞

・動脈硬化

・糖尿病

などなど、病気のオンパレード!

この他にも様々な病気になるリスクがあります。

【特に注意】妊婦や赤ちゃん、子供への影響

・流産

・早産

・乳幼児突然死症候群

・低出生体重児

など、お腹の中にいる赤ちゃんにも影響があるのです。

 

受動喫煙で亡くなる人の割合

日本を含む世界50カ国以上の研究機関と、世界保健機構が行った共同研究

「世界の疾病負担研究」によると、受動喫煙の影響は下記を参照してください。

・世界中で年間約60万人が受動喫煙で亡くなっています。

・日本では年間約1万人以上が受動喫煙で亡くなっています。

・日本で年間約10万人が受動喫煙によって何らかの害を被っている。

厚生労働省「喫煙と健康(タバコ白書)2016」

・日本で年間1万5千人以上が受動喫煙で亡くなっているとされている。

・虚血性心疾患(心筋梗塞)など4459人

・脳卒中 8014人。

・肺がん 2484人

そして、睡眠中の乳幼児の突然死の原因の1つである「乳幼児突然死症候群」は、73人が受動喫煙で亡くなっています。

2015年度は日本で96人の乳幼児が「乳幼児突然死症候群」で亡くなっています。

なんと、乳児期の死亡原因としては第3位です!

はやり知ってはいましたが、タバコの煙は本当に体に悪影響をもたらすのですね。

大切な家族、赤ちゃんをタバコの煙で失わないように、喫煙者は是非今日からでも禁煙してください。

大切な人を守る為に・・・・・。

 

 

スポンサーリンク