海はどのくらい深い?深海という未知なる世界の謎に迫る!

スポンサーリンク




「海」地球は、水の惑星と言われるように広い海で覆われています。

海は、地球全体の約70%を占めていますが、未だに未知な部分が多く存在している。

特に深海は、地球上最も謎に包まれた場所です。

今回は、海はどれだけ深いのか?深海という未知なる世界をご紹介します。

深海という未知なる世界の謎

地球全体の約70%占める海のうち、水深200Mより深い海を深海と呼びます。

地球全体の海の平均水深は、なんと約3800Mもあり、富士山とほぼ同じ高さの水深が、

海全体の平均的な深さとなります。

【水深1M~3M】

一般的に、人々が海で遊泳する深さは、約1.5M~3M。

レジャー目的に潜るスキューバーダイビングである、レクリエーショナル・ダイビングで潜れる深さの最高は約40Mです。

【水深100M】

更に専門的なトレーニングを受けたテクニカル・ダイビングで潜れる深さの限界は100Mです。

【水深200M~300M】

更に100M下、214Mこれは一息で潜る素潜りの世界記録です。

2007年にオーストラリアのハーバード・ニッチさんが達成しました。

息継ぎなしで潜れる人間の限界深度です。

【水深300M~500M】

スキューバダイビングでの世界記録は、エジプト人ダイバーのアフメド・ガマル・カブルさんが達成した332Mです。

これは、東京タワーとほぼ同じ高さの深度です。

潜水艦の通常進行深度は、平均300M~500Mと言われています。

【水深500M~1000M】

深さ約564Mこれは、皇帝ペンギンが最大潜水した記録です。

皇帝ペンギンの潜水能力は鳥類最高で、水深500M以上の深さに20分以上潜るとも言われています。

この深さになれば、珍しい深海魚も生息しています。

深さ600M辺りには、透明な頭を持っているデメ二ギスという深海魚が住んでいます。

目の位置にある部分は、実は目でなく目は透明な頭の中に存在しています。

スポンサーリンク




漸深層】(水深1000M~3000M)

 

一気に1000Mまで潜ると【漸深層】(水深1000M~3000M)

この深さでは、太陽の光が100兆分の1程度しか届かず、これ以降完全な暗黒世界となります。

【水深1300M】

深さ1300Mこのエリアには、その見た目から【深海の悪魔】と呼ばれるゴブリンシャークが生息しています。

ゴブリンシャークは、水深約1300M以上深海に住むサメで、体長約6M未だに生体に謎が多いサメです。

口の中から顎が飛び出す、その姿は深海生物の中でもひと際、異彩を放っています。

【水深1700M】

深さ1700M、驚くことにこの深さまでミナミゾウアザラシはエサを求めて潜水することが出来ます。

世界で最も大きなアザラシである、ミナミゾウアザラシは最大体長約7M、体重5tにもなる巨大動物ですが、

非常に優れた潜水能力を持っています。

【水深2000M】

水深2000Mこの辺りには、深海のギャングと呼ばれるホウライエソが住んでいます。

温帯から熱帯地域に生息するホウライエソは、体長35cmほど、その見た目と共に特徴的なのが、

鋭く長い牙です。これは、食料の少ない深海で確実に相手を逃がさない為に鋭く大きくなったと考えられています。

【深海層】(水深3000M~6000M)

3000Mまで潜水すると【深海層】(水深3000M~6000M)に突入します。

深海層以降、水温は1~2℃になります。

水圧は300気圧以上

遊泳する深海魚もほとんど姿を消します。

【水深3000M】

しかし、深海に最も適したクジラである、マッコウクジラはこの深さまで潜水することが出来ます。

マッコウクジラ、体長約16M~18M肥大化した大きな頭部が特徴で生涯の3分の2を深海で過ごすと言われています。

マッコウクジラは、全身の筋肉に酸素を蓄え肺を空にすることで深海の強い水圧を受けないようになっています。

【水深3800M】

水深3800M、ここにはあの有名なタイタニック号が沈没しています。

1912年に沈没した豪華客船タイタニック号、映画にもなり最も有名な沈没船となりましたが、100年も超えた現在も北大西洋の深海にその姿を残しています。

現在は、水中文化遺産としてユネスコの保護下に置かれています

スポンサーリンク




【超深海層】(水深6000M~)

一気に深さ6000Mまで行くと、そこからは【超深海層】(水深6000M~)となり水圧は600気圧を超えます。

例えば水深6500Mでは、1㎠に約680㎏の力がかかる計算となり、手のひらの上にアフリカゾウ7頭分の重さがのしかかる程の圧力です。

【水深6500M】

そして、この高圧な深度6500Mまで、日本の有人潜水調査船,深海6500は潜水する事が出来ます。

現在、大深度まで潜る事が出来る、有人潜水調査船は世界でも7隻しかありません

6500Mの深さにまで潜水するまで、海上から約2時間半もかかります。

【水深8178M】

水深8178M、2017年5月マリアナ海溝の水深8178Mにおいてマリアスネイルフィッシュが撮影されました。

現時点においてこの魚が、世界で最も深い場所に住む魚となっていますが、魚が生存できる正確な深さは現在でも分かっていません。

【水深8848M】

深さ8848Mこの深さは、世界で一番高い山エベレストと同じ高さの深さです

 

【水深1091M】

そして、北西太平洋アリアナ海溝チャレンジャー海淵そこが地球上で最も深い場所です。

最深地点は現在、水面下10911Mとされています。

この場所の、水圧はおよそ1000気圧ジャンボジェット50機を体に乗せてるようなレベルです

このマリアナ海溝の底まで辿り着いた人間は、たったの3人しかいません

1960年の潜水艇トリエステの乗った、ジャック・ピカールとドン・ウォルシュ。

 

そして、あと1人は2012年「ターミネーター」「タイタニック」「アバター」など

数多くのヒット映画を作った映画監督ジェームズ・キャメロンです。

ジェームズ・キャメロンは2012年深海探査艇ディープシーチャレンジャー号で、チャレンジャー海淵最深海淵に到着しました。

単独でチャレンジャー海淵に到達したのは彼が世界で初めてです。

10911Mという距離は、地上で言えば飛行機が飛んでいる高さとほとんど同じ高さです。

 

海は広く、そして想像以上に深いものです。

実際、海の95%がまだ未知のままと言われており、人間が探索したのは海は現在までに全体の5%にしか過ぎません。

特に深海においては人間の想像を超える生物や事象が、まだまだひしめいてる可能性が高く、技術の発展によりこれから更なる発見が期待されます。

 

 

スポンサーリンク