【驚愕】体内では毎日5000個のがん細胞が作り出されている!がんと戦うNK細胞の謎に迫る!

スポンサーリンク




あなたは、こんな恐ろしい事実をご存知ですか?

誰でも体内では毎日5000個の「がん細胞」が作りだされている事実を!

1日のうち私たちの体の細胞は、約1兆個生まれ変わると言われている。

しかし、その1兆個の細胞のうち、5000個はがん細胞なのです。

私たちの体は、約60兆個の細胞で出来ています。

日々、細胞分裂を繰り返しています。

その際、コピーエラーの出来損ないの細胞が生まれてしまいます。

その出来損ないの細胞、約5000個誕生します。

この出来損ないの細胞が「がん細胞」なのです。

しかし、私たちの体の中には「がん細胞」と戦う心強い見方が存在します。

その正体の謎に迫ります。

がん細胞と戦うナチュラルキラー細胞

ナチュラルキラー細胞は、体中を駆け巡って、最前線で体を守っている。

ナチュラルキラー細胞は、NK細胞とも呼ばれています。

ナチュラルキラー細胞は、私たちの免疫を司る「リンパ球」の一種。

血液の中にいて、体中を常に駆け巡り有害なウィルスや、がん細胞と戦う「体内のパトロール隊」なのです。

ナチュラルキラー細胞は、がん細胞を見つけると、がん細胞の細胞膜を破りパーフォリンという物質を発射し攻撃するのです。

こうして、ナチュラルキラー細胞が、毎日生まれる「がん細胞」の増殖を阻止しているのです。

ナチュラルキラー細胞の活性が高い人は、「がん」にならないし「ウィルス感染」もしない。

しかし、ナチュラルキラー細胞にも弱点があります!

スポンサーリンク




ナチュラルキラー細胞の最大の敵

ナチュラルキラー細胞の最大の敵は・・・「加齢」です。

子供でも、お年寄りでも、ナチュラルキラー細胞の数は変わりません。

ただし、その働きは10代後半でピークを迎え、50代になるとピーク時のおよそ半分にまで落ちてしまうのです。

高齢者に”がん”が多いのもこの、ナチュラルキラー細胞の活性の低下が原因なのです。

つまり、がん細胞の撃退が間に合わないのです。

また、ナチュラルキラー活性は、ちょっとした”ストレス”で弱くなるのです。

また、生活のリズムの崩れなどでも弱まってしまうのです。

激しい運動の後も、ナチュラルキラー細胞は低下すると言われています。

しかし、ナチュラルキラー細胞を活性化する方法があるのです。

ナチュラルキラー細胞を活性化する方法

最も効率よくNK細胞を活性化させる方法は、R-1乳酸菌を摂取する事。

つまり、ヨーグルトを摂取すると、NK細胞が低い人は高くなる2つの良い面があります。

・R-1乳酸菌

 

近年、乳酸菌の中で特にNK細胞を活性化させる効果があると注目されています。

R-1乳酸菌はを飲んでいると、激しい運動の後でも下がらなくなるのです。

この為、トップアスリートの人は結構R-1乳酸菌を飲んでいる人が多いと言われています。

この、効果に注目したチームがあります。

それは、楽天イーグルス

選手たちの体長管理に、R-1乳酸菌入りのヨーグルトを使用しているのです。

1軍の選手が使用する食堂に、常にR-1ヨーグルトが置いてあるそうです。

松井投手もR-1乳酸菌で体調管理しているそうです。

何故、R-1乳酸菌がK細胞を察生かさせるのか?

それは、R-1乳酸菌が作り出す”EPS”と呼ばれる多糖体。

このEPSが、NK細胞の餌となり、活性化の原動力になっているのです。

更に、R-1乳酸菌でインフルエンザの予防効果もあるのです。


 

毎日の食生活に、乳酸菌を取り入れることで健康維持!

 

 

 

 

スポンサーリンク