「ロケットの父」と呼ばれた男!ヴェルナー・フォン・ブラウンの謎に迫る!

スポンサーリンク




先見の明をを持つ化学者、人類史上最高の飛躍をもたらした人物です!

頑なな執念。

彼が、我々を宇宙へと導いたのです!

謎めいた過去!

そのような知識は一体どこから来たのでしょう!

彼は、人を月へ送り込む手段を開発した!

だが、ヴェルナー・フォン・ブラウンの情熱は、彼自身のものだったのか!?

それとも、別世界の存在から影響を受けたのだろうか!?

ヴェルナー・フォン・ブラウンは地球外生命体の力を受けて、「人類を宇宙へと誘ったのです」。

文明が生まれたその時から、己の期限を神や他の星からの訪問者にあると信じてきた者達がいる。

果たして地球外生命体は、本当に私たち人類の歴史の一端を担ったのだろうか!?

もしそうなら、ヴェルナー・フォン・ブランは宇宙人に影響を受けたのか?

彼らは何者なるか!

その目的とは!

何を残したのか!

そして、どこへ旅立ち再び地球へと戻るのだろうか?

「ロケットの父」と呼ばれた男・フォン・ブラウン

1969年7月24日 アラバマ州ハンツビル

何千という人々が、役所前の広場に集まり、ヴェルナー・フォン・ブラウン博士の凱旋を祝っていた。

アポロ11号の司令船、コロンビアのカプセルが帰還し、太平洋に着水した数時間後だった!

アメリカは、不可能だと思われていたことを実現した!

人類を月へ、送り届けたのである!

翌日、アメリカ全土の新聞には不可能を可能にした、天才ロケット科学者の写真が掲載された。

アリゾナ大学の天文学教授クリス・インペイ博士は語る。

フォン・ブランは20世紀の偉人であり、時代の最先端を行く人でした。

人類の未来は、宇宙にあるのだと彼は信じていました。

フォン・ブランは、宇宙開発プログラム史上最も影響力のある人物

NASAがロケットの父と呼ぶ、ヴェルナー・フォン・ブラウンは現代社会においてなお、最も高度だとされる航空技術の発明に携わり、また開発に貢献した。

・超音速対空ミサイル

・弾道ミサイル

・初のアメリカの人口衛星

・アメリカの宇宙船

勿論、人類を月に送り込んだ「サターン Vロケット」も含まれる。

アポロ計画

大げさでもなんでもなく、「アポロ計画」は、人類が成し遂げた最高の功績だと言われています。

フォン・ブラウンあっての功績でした。

現時点でも、「サターンV」は人類最強のロケットだと言えます。

フォン・ブラウンのずば抜けた開発力は、人を宇宙へ送り出すことを切望する強い熱意によって生まれた。

1950年代、宇宙旅行がまだ夢物語だった頃、フォン・ブランは、ウォルト・ディズニーとタッグを組み、人類が月に到達することは不可能ではない!

近い将来可能になると、世間を説得した。

およそ、4200万人が目にしたとされるこの映像で、フォン・ブラウンは人を宇宙へ送り出す手段だけでなく、様々な概念を提案した。

・宇宙服

・月着陸船

・宇宙ステーション

・火星への有人飛行などである

「今から、組織的かつ十分な支援のある宇宙計画を始めれば、10年以内に実用的な有人ロケットを製造し、テストすることができます」

彼はなぜこれほどまでに必要な、宇宙への熱意を持っていたのだろうか?

人類は必ず宇宙へ向かう、そうあるべきだと強く信じたのはなぜなのか?

宇宙で何を、見つけようとしていたのだろうか?

ヴェルナー・フォン・ブラウンの生い立ち

ヴェルナー・フォン・ブラウンは、1912年3月23日プロシア東部の小さな町に生まれた。

3人兄弟の真ん中だった彼は、名門で裕福な家庭に生まれた。

上流階級で育ったヴェルナーだが、彼の明晰な頭脳と情熱的な姿勢は人目を引いた。

父親は、彼のそんな才能がどこから来たのか分からないと述べている。

父親にとっても、謎の多い息子だったようである。

「フォン・ブランは多彩な人です。

右脳と左脳の両方が優れており、ロケット技術のことを考える一方で、音楽にも長けていました。

両親は、彼4・5歳の頃には特別な才能があることをわかっていたはずです。

母親に望遠鏡をプレゼントされた時、ヴェルナーは月を見てあそこへ行く為の機械を作る」と言いました。

半世紀後、それは実現しました。

ヴェルナー・フォン・ブラウンの少年時代は、ドイツでSF小説が大流行しており、ドイツ
のエンジニアたちが、優れた科学の力で世界中の問題を解決するという夢のような小説が、広く読まれている頃だった!

プリッツラング監督の「メトロポリス」や「月世界の女」といった映画が人々の想像を掻き立て、て言うまでもなくフォン・ブラウン少年にも強い影響を与えた。

1920年代から30年代に育った若者にとって、宇宙旅行は到底実現不可能な夢物語だった。

ライト兄弟は、1903年に人類初の動力飛行に成功したが当時はまだ、馬や馬車が交通手段として広く普及していた時代だ。

作家のマイクバラはこう語る!

「人類を月に送り届けるということは、造像することすら難しいような不可能なことだったのです!

しかし、フォン・ブラウンは幼い頃から、月や火星に行くことに執着していました。

それが運命であるかの様に!」

10代の頃、フォン・ブラウンは機動飛行に関するレポートを書き、二十歳という若さで、ドイツ陸軍兵器局のヴァルター・ベルン将軍から、ドイツのロケット計画の責任者に任命された。

ドルンベルガーは、後の1952年に発行した

宇宙空間を目指してV2号物語」のフォン・ブラウンの情熱、頭脳、理論的知識に感激したと述べている。

彼は一度目標を定めると、短時間でそれを達成することができました。

エンジニアとして働きながら、大学院で物理学を学び、同級生よりもずっと早くに物理学の博士号を手にしたのです。

ヴェルナー・フォン・ブラウンと肩を並べる同世代の偉人たちは、天才科学者といわれるニコラ・テスラ、ロバート・オッペン・ハイマー、アルベルト・アインシュタインなどがいる。

その中でフォン・ブラウンが、ロケット学に秀でていたのは何故だろうか?

宇宙への旅を切望する背景には、何があったのか?

古代宇宙飛行士説を唱える人の中には、彼が別世界の力に突き動かされていたと信じる声もある。

元イギリス国防省職員の、ニックホープは語る。

「SF小説から、刺激を受けたのかもしれません!

自身の想像力やビジョンから、人類の未来を思い描いたのでしょうか?

または、地球外の力のせいなのでしょうか?」

もしかしたら、地球外の力に導かれたとも考えられます!

何者かが彼にコンタクトし、地球の文明の進むべき方向性を感じたのです。

そして、人類が宇宙へ向かうための技術や知識を得るな少年に託したというわけです。

アルベルトアインシュタインニコラ・テスラのような人々には、地球外生命体の介入があり、それを通して豊かな知識を得たのではないかと考える人もいます。

つまり、ヴェルナー・フォン・ブラウンも、そんな知識人の一人だったのではないかということです。

彼のビジョンは、当時としてはあまりに突飛で信じ難いものだったからです。

古代宇宙飛行士説の提唱者が言うようにフォンブ・ラウンは、人類を月やその向こうの世界へといざなう案内役として選ばれたのだろうか?

更なるヒントは、ブラウンとナチスの謎めいた研究機関、「アーネンエルベ」との関係を探ることで見えてくるかもしれない!

HISTRYより

スポンサーリンク