【地球外生命体技術】NASAの極秘計画の謎に迫る!

スポンサーリンク




1933年、アドルフヒトラーは権力の座に就き、ドイツの軍隊・政治・経済組織をナチスの管理下において支配するに至った。

ヴェルナー・フォン・ブラウンは、何年にもわたりナチスのメンバーになることを避けていたが、1937年11月12日、参加を命じられこれに従った。

彼いわく選択の余地はなかったそうです。

彼がナチスに入ることを拒めば、ナチスに逆らう他の人々と同様に死が待ち受けていました。

彼はナチスに賛同はしていなかったものの、ロケット研究のために参加したのです。

1944年、ドイツ政府からの追加支援を受け、フォン・ブラウンは、全長14メートル、重さ12.5トンの A4を打ち上げた。

後の「V2」別名「報復の兵器」である。

地球外生命体技術

フォン・ブラウンの最初のロケットは、上空2200メートルまでしか届かなかったが、V2は高度17万メートルまで達し、人類史上初めて宇宙に届いた人工物となった。

V2ロケットは単段式液体燃料ロケットで、当時ほかのロケットと比べることはできませんでした。

他にロケットがなかったからです。

開発中のロケットはありました。

フォン・ブランは、ロケットの理論を実際に応用し、「V2」という人類初のロケットを作って宇宙へ送り出したのです。

だが、フォン・ブラウンはいかにしてわずか数年の間に、ドイツのロケット計画を前進させたのだろうか?

必要に迫られたドイツが、彼に潤沢な予算と資源を与えたからにすぎないのか?

それとも、他に理由があったのだろうか?

1935年7月1日ヒトラー親衛隊の指導者、ハインリヒ・ヒムラーアーネンエルベを発足させた。

ドイツの文化的、および考古学的歴史の研究を目的とした、ナチスのエリート機関である。

だが、その真の目的は想像をはるかに超えるものだった。

アーネンエルベは、アーリア人は古代宇宙人である神の直系の子孫である、という考え方に基づいていました。

彼らは、世界各地を巡り超自然の力による建造物などを探していました。

契約の箱や聖杯などです。

フォン・ブラウンは、親衛隊やヒムラーを通して、アーネンエルベとのつながりを深めていきました。

アーネンエルベの人々は、ロケットという難解で謎めいた魔法のようなものが実現すれば、世界を支配できると感じたのです。

そして、ヨーロッパでは第二次世界対戦が勃発!

アーネンエルメは、その研究範囲を秘密兵器にまで広げた。

ヒムラーは、ドイツ北西部のペイネニュンデにある、大規模な研究施設の技術責任者としてフォン・ブラウンを起用した。

その後の数年間で、フォン・ブランは垂心技術やロケット誘導システムなどの、不可能に思えた科学技術を前進させていった。

このように複雑な知識を、どうやってこんなに早く習得したのでしょう?

1つの可能性として、各地を巡っていたアーネンエルベの人々が古代の遺跡などを見つけ、そこから優れた技術を習得したことが考えられます。

アーネンエルメは、ドイツ軍の兵器を進化させる古代遺跡を発見したのだろうか?

古代宇宙飛行士説の中には、ナチスが何かを回収したという主張もある。

だがそれは、古代世界ではなく地球外世界のものだったかもしれない!

1937年、ポーランドの南西で光を放つ物体が目撃されました。

これは明らかに、UFOの目撃事件ですが、なんとその物体が地面に墜落したというのです!

当時の調査員たちは、墜落現場で円盤型の物体を発見したという。

ナチスの役人たちが、破損した物体を付近の極秘施設へ回収したとされる。

ヴェルナー・フォン・ブラウンを含め、ドイツの専門家たちがそこで墜落した物体を研究した。

UFOの残骸は戦時中に失われたようだが、ドイツの技術者たちはさまざまな革新的航空機の開発に成功した。

・初のロケット動力付ジェット戦闘機

・初のステルス爆撃地

・反重力式円盤型航空機

などである。

第二次世界対戦が集結した、当時のナチスの技術は目覚ましいものでした。

今も尚、サイエンスフィクションに値するものもあります。

・反重力

・ビーム兵器

・空飛ぶ円盤

・空飛ぶトライアングル

未だ謎に包まれたものばかりです。

1945年6月、ドイツの科学者たちを捕らえたアメリカ軍は、ナチスのロケット工学はアメリカの25年先を行っていると報告した。

そのような知識は一体どこから来たのでしょう?

ナチスのロケット開発の先陣を切っていた、ヴェルナー・フォン・ブラウンはどこか別のところから情報を得ていたとは考えられないでしょうか?

地球外生命体が、ロケット技術の急成長を助けたのかもしれません!

フォン・ブラウンの開発チームが、達成したロケット工学における快挙は、宇宙人の技術から得られたものなのだろうか?

そして、その最たる証拠はナチスが到達した驚異的な技術ではなく、戦後のアメリカにおける劇的な技術発展だというのだ!

スポンサーリンク




NASAの極秘計画

1945年5月、ドイツ・オベロハ

アドルフヒトラーが自殺した後、ドイツは降伏。

フォン・ブラウンと数百人に上るドイツのロケット技術者たちは、アメリカ軍のCIC諜報部隊に投降した。

これは、フォン・ブラウンが何カ月も前に仕組んだことだった。

フォン・ブラウンと彼の仲間は、意図的にアメリカ軍に投降したといいます。

そうすることで、より高度な技術支援を得、で彼の夢である月や火星に向けた探検を実現できると考えたからです。

ペーパークリック作戦

フォン・ブランは、親衛隊のメンバーであったが、ドイツのV2ロケット計画の責任者だった立場を利用し、彼と彼が選んだ100名ほどの科学者チームを受け入れるようアメリカ側を説得した。

最終的に1500名ほどのドイツ人科学者たちが、フォン・ブラウンと共にアメリカへ渡り、「ペーパークリップ作戦」と呼ばれる極秘計画に取り組んだ。

ペーパークリップ作戦」とはナチスの科学者、特にロケット科学者や技術者をアメリカに集め、アメリカのロケット開発を進めようとする極秘かつプライベートなプログラムでした。

この作戦は、何十年もの間明かされませんでした。

我々アメリカ人は、ナチスの研究者の知識、おそらくは地球外生命体の知識を自分たちの宇宙計画にどうしても必要としていたのです。

1945年秋、アメリカ陸軍は33歳のフォン・ブラウンと彼のドイツ人仲間を、ニューメキシコ州のホワイトサンズ試験場に派遣した。

1940年代以降、ホワイトサンズは軍が最先端のロケットや、宇宙計画をテストするための試験場となっていた。

公式記録によると、フォン・ブラウンはここでアメリカ人が回収したV2ロケットを再構築し、発射するための方法を教えていたという。

だがフォン・ブラウンには、他にも極秘の任務があったという見方もある。

元陸軍中佐フィリップは、彼の著書「ペンタゴンの陰謀」の中で、この施設で極秘の研究開発が行われていたと明かしている。

宇宙船の研究も、これに含まれていた。

フィリップ中佐は、長年にわたり米軍に勤務していました。

そして実際、地球外技術の研究に携わったことがあるというのです。

1947年に、ニューメキシコ州のロズウェルに墜落したUFOも回収されました。

ロズウェルやその他の場所で、墜落したUFOの地球外技術がホワイトサンズ試験場で、研究されていたという説があります。

フェルナー・フォン・ブラウンもそこで勤務していました。

そして、そこで行われていたあらゆる研究は、少なくとも部分的に宇宙人の技術だったというのです。

フィリップ中佐によれば、当時の地球が技術の研究から生まれたのが現代の集積回路チップであり、光ファイバーであり、そしてレーザーだという。

第二次世界対戦の技術革新は、多くの人にとって信じがたいものでした。

この為、フォン・ブラウンやナチスが、それらをもたらしたという人もいます。ナチスによる極秘の超兵器リグロッケは、アメリカの手に渡ったと主張する者もいる。

ベルとも呼ばれるそのマシンは、アメリカ政府と親衛隊の将軍ハンス・カムラーとの密約によって、アメリカにもたらされたという説がある。

ベーネミュンデ研究施設の創設にかかわった人物だ。

ベル型円盤という意味の航空機、ディッグロッケは、ナチス親衛隊の超兵器の頂点とも言えます。

金属製で、直径およそ3メートルの謎めいた航空機です。

実際に見たことのある科学者によれば、見た目や用途から判断して反重力の性質を持っていたようです。

ドイツ人科学者たちが、すべてのルーツだと考えることができます。

彼らがアメリカにもたらした技術は、今まさに我々の軍隊が開発を進めているとされる、地球外技術を駆使した航空機に使われているものです。

HISTORYより

スポンサーリンク