「嘘つきを見破る10の方法」顔の表情から嘘が分かる謎に迫る!

スポンサーリンク




皆さん、どのくらいの嘘がばれないか知っていますか?

なんと80%です。

考えてみてください!8割の嘘に気が付かずに生活しているのです。

あなたの大親友も嘘つきかもしれません!

しかし人間不信になる必要はありません!

嘘を見抜ける方法があるのです!

真実を知るためには、どんな質問をすればいいのでしょう?

どんな行動が怪しいのでしょう!

ここでは、嘘を見破る10の方法を紹介します。

さらに、嘘をついている時の表情の特徴も解説します。

嘘を見破る10の方法

1・曖昧な返答

質問をしたときの相手の返答をよく聞いてみてください。

質問の仕方がポイントです。

出来れば、二者択一の質問が一番いいでしょう!

もし相手の答えが、はっきりしていたら疑う必要はありません!

しかし、特に意味もないことをだらだらと話し始めたら嘘をついているサインです!

ここで必要なのは、はっきりとした答えを聞き出すことです。

嘘をつく人が答えをはぐらかして、長々と話すのは嘘をついているからです。

ですから話を逸らさないよう指摘して、相手の反応をよく見でください!

2・笑ってごまかす

もし、話を笑いに変えようとしている人がいたら要注意です!

嘘をついているかもしれませんね!

嘘つきは、持ち前のユーモアセンスで、あなたの気をそらそうとしています。

そんなときは笑ってあげてください!いい気分にさせてから、「面白いねえそれで結局どうなの?」と、もう一度聞き直します。突然聞き返され嘘つきは動揺するでしょう!

そこで本当のことがわかるはずです。

一見ジョークに聞こえるけど、相手には本気だと分かるような聞き方ができると一層面白いですよ。

3・大げさな弁解

大げさに弁解をしてくるのも嘘のサインです!

少しも疑っているような言葉を発していないにもかかわらず、本当のことを言っていると誓ってくる人は特に注意してください!

相手を信じたければ、何故そんなに必死に弁解するのか聞いてみるといいでしょう。

うろたえて本当のことがわかるはずです。

こんな風に・・・「ね、何をそんなに心配しているの?ちゃんと信じてるよただ聞いただけでしょ!」

4・同情

自分に同情してくれている人を疑うのは難しいですよね!

しかし心を鬼に!同情に惑わされないでください。

同情はあなたを騙す手の一つかもしれません。

もし質問に答える代わりに、ひたすら気持ちは良く分かると言ってくる人がいたら、おそらく嘘をついています。

こんな手に引っかからないでください。

普通の質問しただけなのに、話題があなたやあなたの問題に移ったら注意が必要ですね!

5・質問に質問で答える

誰でもウソをついている時は、後ろめたい気持ちでいっぱいです。

はっきりと嘘をつくのは難しいので、話題を変えたり逆に質問を返したりして、答えるのを避けようとします。

でも覚えておいてほしいのが、そのような質問には決して答えないことです。

答えてしまったら相手の思うツボです。

そうなりたくはないですよね。

どうしようもない時には、直接相手に対応の流れが好ましくないことを伝えましょう。

まずは相手に、あなたの質問に答えてもらうようにするといいですね。

6・固まる

答えるのを嫌がる。長い間がある。これらは嘘のサインです。

特にそれが簡単な質問だったら間違いありません。

数秒でも相手が固まったら、何も疑っていないかのように質問を繰り返します。

もし沈黙が続くようなら、おそらく大急ぎで言い訳を考えている最中でしょう。

また嘘をつくと緊張状態になるので、体のこわばっている箇所を探すことで、嘘つきを見つけることができます。

肩をすくめていたり、腕や足首を組んでいる場合は要注意です。

7・一人劇場

無実の罪を着せられた人を大げさに演じる人がいても、あまり冷たくしないでください!

彼らは必死なんです。

人間の感情は、大抵6秒から10秒で移り変わると言われています。

しかし、相手が嘘をついている場合はあなたを納得させようともっと長く驚いたふりをしようとするかもしれません。

もちろん時間を計る必要はありません。

演技が下手だったら嘘をついているのはすぐにわかるでしょう。

8・反感

反感を持った態度や悪態をついてくるのは嘘のサインです。

怒って結局何を質問していたのかを忘れないようにしてください。

落ち着いた会話を心がけ質問を繰り返しましょう。

もし本当に相手が正しく後日であれば、話を逸らそうとはしません。

必要ないですからね。

罪の意識があると怒りはじめ我慢ができなくなります。

限界に近づくと、「なんでそんなことを知りたいのそんなことどうでもいいでしょう!」のような言葉であなたを責めて来ます。

9・質問を繰り返す

あなたがした質問を、何度も繰り返す人がいたら間違いなく嘘をついています。

嘘をつくと、本当のことを言うよりも時間がかかりますからね。

また、嘘をついているとき人は声帯が緊張で締め付けられて声が高くなり早口になります。

嘘つきの人は、普段より単調で早口になり、どもりがちで言い間違いも多くなります。

10・答えを言わない

質問に答えようとせず関係のない情報を喋りだし、話題を変えようとする人は、その場からいち早く逃げ出そうとします。

話が全く別の方向にそれていないかよく確認してください。

スポンサーリンク




嘘つきに共通する表情の特徴

咳や唾を飲み込む回数が増えたり、表情がこわばっているのは嘘がばれるのを恐れている証拠です。

顔が左右で肥大症になっているのは嘘のサインです。

落ち着いているときには、鞍上は左右対称に表情に表れます。

普段は恥ずかしがり屋ではない人が、目を泳がせていたらおそらくそれは嘘をついているサインです。

急いで言い訳を考えている時には、右上に視線が行くと言われています。

顔や額、首などを手でを追っている場合本当の感情を隠そうとしています。

鼻・耳・瞼を掻く。下を向き首を振る。

指を口元に持ってくるのは、嘘のサインです。

つまり、無意識のうちに真実が明らかになることを望んでいるのです。

笑顔もまた嘘を見破る方法の一つです。

本当に笑っている時には、目も笑っています。

目元にシワがよっているかで判断ができます。

しかし、笑うバイト目元が変わっていなかったら、それは不安に思っているサインです。

人をようしだけで判断しないでください。

また慎重に判断してください。

二つ以上の特徴に当てはまるとしても、必ずしもあなたを騙そうとしているとは限りません。

相手の話をよく聞き、よく観察してください。

5個以上の特徴が見られるような時があれば、嘘をついていると疑ってもいいでしょう。

そうしないと、周りにいる人を誰も信じられなくなってしまいますからね。

 

スポンサーリンク