大好きな人に告白して成功する5つの方法!その秘訣に迫る!

スポンサーリンク




大好きな人に告白して成功する方法

大好きな人に告白したいけど一歩踏み出せずにいるあなたに

告白したいけど、勇気がない!断られたらどうしよう!

そんな、告白を悩んでいる人必見です。

告白を成功させる秘訣とは

1・自身のない告白はしない

恋愛経験が少なかったり、まだ一度も実ったことのない場合は、なかなか自身が持てないはず。

相手の事を大好きであるけれど、告白をして打ち明けたところで「実らなかったらどうしよう」という気持ちでいっぱいです。

しかし、恋愛で成功するためには、告白をして相手からOK をもらう必要があります。

まず、自信のない告白はしないでください。

振られるのが嫌だったり、それによって心にトラウマを抱えるのが嫌な場合は、自信のない告白はしないことです。

自分の立場になって考えたときに、まったく興味のない相手からいきなり告白されたらどうでしょうか?

相手に対して何とも思わないだけでなく、いきなりの告白では同時に告白された側にとってもその場での回答を求められることが多いため、「yse」か「no」で言ったら「No」でしょう。

相手との関係に少しでも不安のある、告白をしたところで成功する確率よりも失敗する確率の方が大きくて当然になります。

2・好きアピールは分かりやすく、間接的に!

告白がダメなら、どうやって相手に好きという思いを伝えていけばいいのでしょうか?

何も告白でしか気持は伝えられないのではありません。

むしろ、いきなり胸の思いを打ち明けるよりも、前々から相手に好きということを伝えておけば、失敗する確率も減ります。

もしかすれば、相手から告白してくるかもしれません。

好きというアピールは、告白というような形で口に出すのではなく、間接的な方法で常に毎日行っておくといいでしょう。

誰でも分かるようなあからさまな、好き気アピールでかまいませんし、好きという間接的なアピールをしていくことで、相手にも考えさせる時間を与えることができるようになります。

好きアピールの間接的な方法としては

他の人より、笑顔を向けて嬉しそうにしたり、相手が近くにいたら常に近くに行って話しかける。

離れている間も、メールやLAINを頻繁に行うなどの方法があります。

3・相手のでかなと様子をうかがう

いきなりの告白よりも、このような間接的なアピールによって相手にじっくりと考えさせる時間を与えた方が恋愛はうまく運びやすくなります。

現在はあなたを何とも思っていないような女性でも、時間をかけてじっくり自分という人間を見せていけば好きになってくれる可能あります。

何よりその女性と常に近くにいるということが相手に好感を抱かせる一番のポイントなのです。

とはいっても、相手の気持ちや状況を無視して金魚のフンのようにつきまとったり、メールやLAINをストーカーだと思われるほど頻繁に行ったりが良くないのは言うまでもありませ。

それではお互いの距離が縮まるどころか、避けられてしまいます。

こうし好きアピールを間接的に行って、相手の出方をうかがうことで大体のことが見えてきます。

相手が全く脈なしの、自分に一切の興味を示さない人であれば、おのずと距離をとってくるでしょうし、そうなってしまえばその後の進展も期待できません。

諦めて次を探しましょう!

しかし、そこで少しでも相手が好感触を示ししてくれる場合は、そのまま関係を継続させれば恋愛関係が成立する可能性が高まります。

相手が特にアタックをしても、何も反応を見せないとしても漕げる必要ありません。

避けられたり嫌がられない限りは可能性は十分にあります。

4・十分にお互いのステップが上がったところで告発

さてこうした相手の様子と心境や距離感を見計らってお互いのステップが十分に上がっていればもう言わずもがな恋愛関係が成立します。

相手から切り出してくることもあるでしょう。

最悪その気になれば、告白などという儀式をしなくてもお互いの気持ちがそろっていれば恋愛は成立知ってしまうのです。

恋愛にとって一番大事なのは、お互いの気持ちであって告白はだの行事でしかないのです。

5・自分なりの恋愛攻略法をつかむ

こうして、失敗しない恋愛方法について説明してきましたが、そのまま実践する必要はないです。

恋愛の基本は、おそらく先に説明してきたような内容にはなるかと思います。

あとは、自分で恋愛攻略法が見えてくるはずです。

そうなればあとは自分なりの方法で恋愛を攻略していくと良いでしょう。

告白せずに後悔するより、告白して後悔する

その人、その人によって告白方法は様々ですが、自分なりの方法を見つけ出せば良いのではないでしょうか!

大好きな人がいる場合、勇気をもって告白しない手はありません。

それは、相手もあなたの事が好きで勇気を持てずにいるのかもしれません。

ふとした時に、よく目があう・・・

などは、もう両想いの可能性があるのです。

いずれにせよ、後悔するより、当たって砕けろですね。

スポンサーリンク