リアル半魚人!海底を自由に歩く民族「モーケン」の謎に迫る!

スポンサーリンク




半魚人「モーケン族」は、水中を歩き、イルカの目を持つ!国籍を持たず、ミャンマー南のの島々に暮らす。一生の殆どを水上で暮らす。モーケン族の水中で視力はイルカ並みと言われている。彼らは、水中で自由に歩きまわれるのです。

世界で最も豊かな海の1つ、ミャンマー「メルギー諸島」サンゴ礁の楽園が広がっています。

海中を歩く半魚人「モーケン族」

水中を歩く「半魚人」モーケン族。

水中を自由に泳ぎ、まさにイルカのような人間。

彼らは、自分たちを「モーケン」海に潜る人と呼んでいます。

彼らの潜水の能力は、まさに「半魚人」。

水中での視力は非常に高く、約25m先の魚も見えるという。

陸上での視力も3.6~9.0と驚異的な目を持っている。

モーケン族は「イルカの目」を持つ人類なのだ!

彼らは、カバンと呼ばれる「家船」に住む海の遊牧民族である。

生活の大半を、海中で過ごす。

子供の頃から海で過ごしているため、彼らの海中での動きはまさに「半魚人」!

海中を歩く事も、静止する事も「自由自在」に動き回れる能力を身に着けています。

子供のころから海に親しんできた彼らにとっては、陸上より海の中の方が自由に動き回れると言っても過言でもありません。

スポンサーリンク




イルカの目を持つ」モーケン族

その驚きの身体能力は「彼らの水中での眼の良さ」です。人間の目の角膜の屈折力は水中だとほぼ機能しなくなります。

通常の人間であれば、水中で物を見ようとしても地上と同じ様に見ることは不可能です。

しかし。モーケン族の彼らは、角膜の屈折力を補う水晶体の屈折力を上昇させることが出来ます。

この、人間離れした彼らの能力は、水中で獲物を確実に見つける事が出来るのです。

これらの能力は、「アクア説」と呼ばれる。

元々、人類の祖先は水中で生活をしており、現在のモーケン族と同じ能力が備わっていました。

しかし、長い進化の過程で人類の生活スタイルが変わり、その能力は退化していったのです。

モーケン族は、人類の遺伝子に刻みこまれた能力、進化の過程で失われた能力を今でも備えているのです。

そのため、モーケン族は「半魚人」「イルカの目を持つ海の遊牧民」と呼ばれているのです。

モーケン族は、若くして結婚するため、親としての知識を十分に持たないまま子供を持つことになります。

また、ほとんどの親は学校に通っておらず、子供のころから家族の仕事を手伝って育っています。

子供が学校に通える環境になく、乳幼児の死亡率も非常に高く、エイズの蔓延により、エイズ孤児の存在も深刻な問題となっています。

モーケン族は、約9500人程いるようですが、国籍がない、教育が受けられない、子供たちが人身売買の被害にあいやすい、エイズの問題など日常生活のあらゆる問題を含んでいるのです。

スポンサーリンク