世界の実録ミステリー!未だ解明されぬ不思議な謎4選

スポンサーリンク




世界の実録ミステリー。

謎に満ちあふれる世界「the mystery]

未だ、現代の科学では説明できない不思議なことを4つご紹介します。

世界の実録ミステリー4選

 

ディアトロフ峠事件

この事件はロシア史上最も不可解な事件とされています。

9名の学生が冬山ウラル山脈で謎の死を迎えます。

こちらは、事件前の笑顔の写真です。

「ディアトロフ峠事件」の画像検索結果

ウラル科学大の学生と卒業生が、ウラル山脈をトレッキング、山歩きするのですが生きて帰ってくる人はいませんでした。

9名は雪山登山の経験者でした。

2月2日リーダー、ディアトロフの指揮で猛吹雪の中テントを張りますが、その後9名に何が起こったかは分かっていません。

ディアトロフは、ふもとの集落に戻り次第電報を送ると話していましたが、1週間過ぎても連絡がなく捜索隊が結成されます。

2月26日、捜索隊は破損したテントを見つけます。

テントは中から切り裂かれていました。

テントの外で6名の遺体を発見!

死因は低体温症でした。

残りの3名は頭蓋骨と肋骨を骨折していました。

検診をした医師によると、自動車事故にでも合わないとこうはならないという見解です。

また、スキーウェアからは通常ではありえないほどの放射線が検出されます。

捜査官の報告書では、「原因不明の未知なものにより死亡」とされています。

なぜ雪山登山の経験豊富な若者が、テントを中から切り裂いて脱出をしたのでしょうか?

なぜ薄着で靴も履いていなかった人がいたのでしょうか?

またほかのメンバーの服を着ているものがいたのはなぜなのでしょうか?

雪崩雪、UFO説、ロシア軍の秘密基地説、テントで火事が起こっと説などさまざまな説がありますが仮設の域を出ません。

事件から40年後の、1990年に公開された公式記録では飛ぶ発光体を見たという証言を報告後、組織の最上部からこの調査委員を解任されたという元捜査官の証言が記録されています。

スポンサーリンク




ダンシングマニア

1518年のこと死ぬまで踊り続ける、ダンシングマニアが現れました。

1518年7月、パールという女性が音楽もなしに突然路上で激しく踊り始めます。

1週間をしないうちに34人が加わりました。

踊り続ける人はどんどん増えていき、1か月後には400名まで達したとされています。

最終的に100名以上が死ぬまで踊り続けたそうです。

心臓発作や脳卒中、過労のために亡くなっています。

医師のメモや地元の年代記によると、
ダンシングマニアは実際に起こったことは分かっていますが、なぜ死ぬまで踊り続けたのか、自発的なものなのか、操作されていたのか、などはいまだにわかっていません。

ビミニ・ーロード

バハマのビニミ島近くの海底に人工物としか思えない謎の石組が発見されました。

石組みが道路のようであることから、ビミニ・ロードと呼ばれています。

分かっているのはこの石が、バハマ由来の石灰石であるということぐらいです。

ひき詰められた巨石の先端はJ字形になっていました。

自然な地形として出来上がったものなのか、人工物なのかはいまだに議論をつきません。

謎の119番通報

2014年5月、青森市にある別荘の固定電話から消防へ通報がありましたが、通信状態が悪く、電話の向こう側から声は聞こえませんでした。

一刻一秒を争う事態かもしれない!

青森消防本部は、発信場所を特定し消防署員だ10名が40分ほどかけて現場に到着。

しかし、あたりは真っ暗で家の中に人影はなく傷病者も見当たりませんでした。

しかも、電話線は繋がっていなかったそうです!

現場は、100年前に起きた八甲田雪中行軍遭難事件のあった地区です。

八甲田雪中行軍遭難事件は、1902年1月に日本陸軍第8師団の歩兵第5連隊が、八甲田山で冬季に雪中行軍の訓練中に遭難した事件です。

訓練への参加者210名中199名が亡くなり、日本の冬季軍訓練で最多の死傷者を出した事件です。

おそらく関連はないと思いますが・・・

八甲田山はかなりの心霊スポットであり、数々の心霊体験が残っています。

スポンサーリンク