【国内史上最悪】ホテルニュージャパンの悪夢の一夜の謎に迫る!

スポンサーリンク




国内史上最悪!ホテルニュージャパン火災。

悪夢の一夜の真実を公開。

ホテルニュージャパン火災 悪夢の一夜

1982年2月8日に、東京都千代田区永田町のホテルニュージャパンで起こった火災事故である。

2月8日午前3時24分、火災発生。

主に火元の9階と10階を中心に、同日12時半過ぎまで9時間にわたり燃え続けた。

炎は7階まで達しており、延焼面積は約4,200平方メートルに達したのである。

ホテルの宿泊者を中心に死者33名、(台湾人12、日本人11人、韓国人8人、アメリカ人1人、イギリス人1人)。

負傷者34名を出す大惨事となった。

ホテルニュージャパン出火の原因は

出火の原因は9階938号室に宿泊してたイギリス人の男性宿泊客の寝タバコが原因とされている。

9階と10階の生存者の中には、火災で非常口から避難が出来ず、有毒ガスを含んだ煙から逃れるために、シーツをロープ替わりにして、窓から下の階へ避難したものや、消防隊に救出されたものもいた。

この日の宿泊者は442人。

内9階と10階に宿泊していたのは103人で、この多くは台湾や韓国からの札幌雪祭りツアーの宿泊者だった。

スポンサーリンク




ホテルニュージャパンの火災事故でこれだけの大惨事になった原因とは?

・度重なる消防当局の指導のにも関わらず、スプリンクラー設置など消防装備を一切設置していなかった。

・火災報知機も故障したまま放置

・ホテル館内放送設備も故障

・ホテルの宿直従業員の少なさ

・ホテル従業員の教育不足による初動対応の不備

・現場に到着した社員はマスターキーを持っていなかった。

・屋内の消火栓の使用を試みたが、使えなかった。

・客室内の防火環境不備。

ホテルニュージャパン火災の横井英樹の発言に物議

数々の違法運営により、オーナーの横井英樹社長は、業務上過失致死傷罪で禁固3年の実刑判決が確定した。

横井社長は、火災発生現場で報道陣に対し拡声器で「本日は早朝よりお集まりいただきありがとうございます。被害が9階、10階で済んだのは不幸中の幸いでした」など、現場の状況を全く考慮しない、緊張感に欠ける発言をした。

悪いのは、火元となった宿泊客と責任を転換するコメントもしている。

このような対応が、国民からの厳しい非難を呼んだ。

この日宿泊するはずだったビートたけし

たけしは当時35歳。

事件の当日に、ニュージャパンに泊まる予定だったのである。

当時の、たけしさんはお金がなく、北海道からの帰りだった。

ニュージャパンは、フジテレビのプロヂューサーが知人で、タダで泊まれたのだ。

その当時は、関西からの漫才師なんかが、みんなニュージャパンに泊まっていた時代があったという。

たけしさんも、便宜を図ってもらおうかと思ったけど、仕事じゃないんじゃやめよ~って思い、作家の高田文夫さんの所まで行ってお金を借りて、プリンスホテルに泊まったらしい。

たけしさんは、翌朝のニュースを見て血の気が引いたという。

 

 

スポンサーリンク