肉食シニアが殺到!?人気の焼き肉チェーンの謎に迫る!

スポンサーリンク




最近は、肉食シニアが増加している。

その理由は、とある大手の焼き肉チェーンの戦略。

一億総活躍で社会支援ステーキで健康長寿の謎に迫る!

いきなりステーキ肉マイレージカード(シニアカード

皆さんご存知の「いきなりステーキ」で、70歳以上の方限定でシニアカードが誕生した!

70歳以上のシニアの方に5つの特典が付いた「シニアカード」進呈します!

7月1日より各店舗にて配布開始が始まった、年齢の確認出来る身分証明書をご提示するだけ。

「いきなりステーキ」シニアカードの5特典とは?

1・飲み物どれでも1杯無料(ご来店1回に付き)(アルコールもOK)

2・1,000クーポン券贈呈(毎年敬老の日)

3・誕生日特典ステーキ300グラム(メルマガ会員登録必須)

4・肉マネーチャージボーナス常時3倍

5・行列時は優先的に入店可能(お連れ様1名まで)

これら5特典を証明書を見せるだけで無料でもらえるのだ!

スポンサーリンク




最近は、高齢者に「肉好き」が増えている

健康維持に効果があるとされた粗食とは一線を画し、「お肉こそパワーの源」と話す高齢者も多数存在。

肉は老化防止に役立ち、積極的に食べる人ほど長生きするとの専門家の指摘もある程である。

肉食シニア”は、長寿への鍵をにぎっているようです。

草食男子が増える中、肉食シニアが増加しているなんて・・・

巣鴨の本格派ステーキ店「中輪手(なかわで)」

300グラムのサーロインステーキをペロリとたいらげるシニア達!

お肉を食べるとパワーが出る」と話す。

東京都豊島区巣鴨のステーキ店「中輪手(なかわで)」で、シニア達は網焼きされた牛タンを口いっぱいに頬張るシニア達。

シニアにとって、「」は最高のごちそうであこがれだった。

今はお年寄りの方が肉好き。

若い人の方が粗食なのでは?と肉好き(70)も「おいしいねえ」とはしを進める。

同店には、ステーキを目当てに訪れる高齢者も多く、「300グラムのサーロインステーキを注文する方も多いですよ」とオーナーの林富雄さん(65)は笑う。

高齢者が好む食事といえば、穀類や野菜を中心とした粗食が思い浮かびますが、団塊の世代を含む今の60代は「肉好き」へと変化しているようである。

厚生労働省の平成25年の調査によれば、60~69歳の1日の肉類摂取量(平均値)は77グラムで、10年前の57グラムから増加している。40~60代の男女2700人に「肉料理が好きか」を尋ねた調査でも、60代の男性の86・0%、女性の78・7%が肉料理を「好き」と答えた。

認知症など老化予防にも寄与

今の60代はバブルを経験している世代である。さまざまな食経験があり、ブランド牛など高級な肉も若いころから食べてきた人が多い。肉料理を普段の食事の中に抵抗なく取り入れており、外食でも肉を好んで食べているのだ。

肉好きの高齢者が増えている背景について、肉を食べる習慣があることは、高齢者の健康維持にも大きく貢献するようだ。

もともと高齢者は、加齢に伴って食が細くなりがち。低栄養状態にも陥りやすい。

栄養不足の状態が続くと、細菌やウイルスに対する抵抗力が衰えたり、血管の壁がもろくなったりと老化が進行してしまう。

そのことから、認知機能が低下しやすいことも分かってきているのだ。

こうした老化予防に役立つとして注目を集めるのが「」なのである。

 

スポンサーリンク