最新研究で分かった「珈琲」の驚くべきパワーの謎に迫る!

スポンサーリンク




10月1日は、「国際珈琲の日」

珈琲の新年度が始まる10月にちなんで、国際珈琲機関によって定められました。

珈琲が、よりおいしくなるこの時期に、体に役立つ珈琲の魅力について探ってみましょう。

最新研究で分かった「珈琲」の驚くべきパワーに迫ります。

珈琲と発がん性の関係の最新発表

1981年以降、日本人の死因第1位は、それまでの脳血管疾患に代わって、日本人の死因のトップになった病気が「」。

2015年の死因別死亡数

肺炎がおよそ12万人

心疾患がおよそ19万5000人

そして、第1位の癌による死者数は37万人に上っています。

計算すると日本人の3.5人に1人が、癌で亡くなっているという現状です。

早期発見ができれば、治る可能性も高まっていますが、怖い病気であることは否めません。

珈琲には、発がん性があるというイメージをお持ちの方が多数いると思いますが実際のところどうなんでしょうか?

確かに、国際館研究機関が1991年に発表した評価では、珈琲は「おそらく発がん性がある」というふうに分類されていました。

以来、珈琲は体に悪いのではないかいうイメージが定着してしまっていたんです。

しかし、当時の評価にはがんのリスクを高める、タバコの原因が排除されておらず、その後の研究結果でも珈琲が癌の要因だうという根拠はないということは示されています。

そうです珈琲と発がん性は関係ないのです。

国際関係研究機関の去年の発表では、珈琲は発がん性が認められないというグループに分類されています。

近年は、珈琲が「死亡リスクを軽減させる」という報告もなされている。

スポンサーリンク




珈琲が作用するがんの部位(2015年)

部位別のがんの死亡者数を見ていくと、男性は?

1位は、「肺がん」

2位は「胃がん」

3位は「大腸がん」

4位は「肝臓がん」

部位別のがんの死亡者数、女性は?

1位は「大腸がん」

2位は「肺がん」

3位は「胃がん」

4位は、「すい臓がん」

では、珈琲はどの部位のがんに作用するのか?

珈琲が作用するがんの部位

まず「肝臓がん」国際がん研究センターはコーヒーの摂取量が多いと、「肝臓がんのリスクは減少する傾向にある」ということを報告しています。

理由については、研究中であるものの珈琲は肝臓の酵素の働きを活性化し肝疾患のリスクを低下させる。

結果、肝臓がんの予防に繋がると考えられている。

女性特有のがんの場合はどうでしょうか?

女性特有のがんについて国際がん究機関を及び国立がん研究センターは、「子宮体がん」のリスク低下を発表しています。

ちなみに珈琲の発がん性は、否定されたが65度以上の熱い飲み物を常飲すると「食道がん」のリスク、高まる可能性があると国際がん研究機関では忠告を与えています。

皆さんも、珈琲を楽しみながら、珈琲の理解を深めてみてはいかがですか!

スポンサーリンク