【衝撃】蚊に刺されない方法と対策の謎に迫る!

スポンサーリンク




もう二度と蚊に刺されない。

「プゥーン♪」真夜中気持ちよく寝ている時に耳に響くあの音。
反射的に耳を叩いても、素早くかわされて痛みだけが耳に残る。
そんな経験皆さんも一度はあるのではないでしょうか?
今年も厄介な蚊の季節がやってきました。
楽しいことが多い夏に、唯一不愉快な気分にさせる蚊ですが、今年こそ一度も刺されずに過ごしたいものですね。
それを可能にするために、今回ご紹介する方法をぜひ実践してみてください。
この夏一度も刺されないという困難なミッションを達成するためには、まず敵であるかをよく知る必要があります。

彼の習性や行動パターンを把握すれば百戦危うからずです。

蚊の一日

蚊は、ほとんど動きません。

ターゲットが近寄ってくるのを同じ場所で、待ち伏せをして人間が来た時だけ動くのです。

なぜ蚊は血を吸うのか?

蚊の場合、吸血するのはメスであり、産卵するための栄養が必要なため血を吸うのです。

普段は、花の蜜などを吸って生きています。

餌を取るとき以外、1日のほとんどを休んでいます。

スポンサーリンク




蚊の行動範囲

蚊の行動範囲は約50メートルと言われています。
暗い場所を好み、部屋のアの中でも暗い場所に隠れています。
蚊を発見して追い回しているうちに見失ってしまった場合、テレビの裏など部屋の中の暗い場所を探してみましょう。

蚊にまつわる都市伝説の真相

蚊に刺されやすい血液型は、O型という説があります。

世界的には一番おい血液型はO 型です。

O型の赤血球を覆う物質が花の蜜の成分と似ているからです。

力を入れると刺されにくい

力を入れて筋肉を硬くすると、針が刺さらないとか、刺されている最中に力を入れるとありが抜けなくなって血を吸い続け容量オーバーで破裂するなどと言われていますが、これは間違いです

都市伝説と言っていいでしょう。

まず蚊の針は、とても短く到底筋肉には到達しません。力を入れたとしても抜く動作に何だ影響はありません。

マンションの高層階には蚊は来ない

高層階に蚊があまりいないのは事実です。蚊は自力で飛んで行くと5階ぐらいの高さまでしか上がることができないからです。
そのためそれ以上の高層階になると蚊はいなくなります。
正し、マンションなどではエレベーターなどによって上がってくる蚊がいるのも事実ですし、最初から人についてきたりする蚊もいます。
ですので高いところでも皆無であるというわけではありません。
かなり少なくなるという程度にお考えください。

蚊に刺されないための対策

1・虫除けスプレーを使う

蚊には市販の虫除けスプレーが一番効果的です。

2・扇風機を使用する

蚊の飛行能力は時速2.4km とかなり低いため、扇風機の風で蚊は近寄れなくなります。

3・長袖・長ズボンを着用する

アウトドアでの活動や、庭仕事の場合、虫刺されを防ぐにはまず服装に気を配ってください。
その際、黒っぽい服より明るい色の服を着るとより効果的です。

蚊を仕留める

「プゥ~ン」と音がした時、蚊は20センチ以内にいます。
狙いを定めて両手でバッチンを叩きますが、うまい人でも百発百中というわけにはいかないでしょう。
下手すると半分以上逃げられます。
その確率を高めるためには、横に叩くよりも縦に叩くほうが断然効果的です。
蚊は横ではなく、上下に逃げようとします。
ですから、逃げ道を開けてしまう横叩きよりも縦叩きのほうが有効なのです。
良く野球の例えで、「点で捉えずに線で捉えろ」と言いますが、同じような意味合いです。
意外と知られていない蚊の習性と対策いかがでしたか?
今年こそ、蚊に刺されずに夏を乗り切りましょう!
すでに刺されたという人は、またこれらを実践してみて下さい!

スポンサーリンク