【TOKIO】山口達也ジャニーズ事務所との契約を解除を発表

スポンサーリンク




TOKIOの山口達也がジャニーズ事務所と契約を解除を発表。

強制わいせつ容疑で送検され1日に複素処分なった山口達也について、先ほどジャニーズ事務所が報道各社にFAXで発表したもので本日、山口本人から直接事務所に対して強い辞意表明をがあったと言う事です。

これを受けてジャニー北川社長とリーダーの城島さんが協議し、山口さんの申し出を受理する判断に至ったと言う事です。

山口達也ジャニーズ事務所と契約解除

強制わいせつ罪で書類送検後、起訴猶予処分になった山口達也。

所属するジャニーズ事務所が契約を解除した事を発表したのだ。

本日、本院からも直接、弊社に対し強い辞意表明がありました。

それを踏まえ本日、弊社社長とTOKIOのリーダー城島茂との協議が行われ、この申し出を受理する判断に至りました。

そして、山口さん以外のTKIOのメンバー4人もグループとしてのコメントを発表した。

TOKIO4人のコメント

「誰の為に、何をすべきか?それだけを考え続けた日々でした。

僕らメンバー、1人1人の今の気持ちを表現するには言葉だけでは足りませし、なによりこれ以上言葉で語るべきではないと思います。自分たちに変えられるものがあるとすれば、それは明日であり、目の前にある事からです。

今一度、TOKIOとして頂点に戻り、それぞれが己と向き合い、誰の為に一体何をするべきなのかをしっかりと考え前を向いていきたいと思います。」

TOKIO  城島茂 国文太一 松岡昌宏 長瀬智也

山口さんが、ジャニーズ事務所から契約解除をされ、TOKIOを去る。

その決断の裏には、何があったのか?

いずれにせよ、TOKIOの残されたメンバーはいばらの道を歩むことになるだろう

これによって、精神的に弱い山口達也が廃人にならなければいいが、またお酒に溺れ身体を壊すか、他の事件をまた起こしてしまうのかいささか疑問が残る。

気の毒なのは、残されたメンバー。

これまで何十年も積み重ねてきたイメージが一瞬のうちに崩れてしまった影響は大きいであろう。

しかし、TOKIOのメンバーがこれまで東北の復興に向けた取り組みなど、東日本大震災の被害者に取れだけ勇気を与え、常に寄り添ってきたことは確か。

他のメンバーには、何の罪もないのでこれからも彼らの活躍に期待したい。

 

スポンサーリンク