火星に生命は存在するのか?生命の痕跡を探せ!

スポンサーリンク




「火星」この赤い星は太陽から4番目の惑星です。
人々は火星を眺め異星人の世界を創造してきました。
そして、技術の進歩に伴い火星にも生命があると感じ始めます。

火星に生命は存在するのか?

火星に生命が存在するならどのような形をしているのでしょうか?
謎を解明するために宇宙へ飛び立ったものの問題が立ちはだかりました。
必要な要素はそろっているのに生命は日当たりません。

火星に生命はあるのでしょうか?

古代文明が存在したとの説もあります。

しかし確固たる証拠はありません。

しかし生命の存在は未知です。

最初に上陸する宇宙飛行士が目にするのは何でしょう?

異星人、それとも不毛地帯でしょうか?

地球だけが生命のある惑星かという疑問と重なる問いです。

火星に生命が存在する証拠を見つけたら、太陽系で2つめの生命が発見されたことになります。

宇宙が生命の宝庫である決定的証拠です。
火星でで生命が見つかれば、人類についてもわかります。
我々は一つの惑星に適用した、生命体の一種族です。ですから、他の惑星で生命体が生まれている状況を観察できるようになれば、自分たちのことを深く根源的に理解できます。鍵を握るのが、火星かもしれないのです。

しかし、火星旅行はは困難です。
月まででも、アポロで2日かかりました。
火星へは、およそ7カ月かかるでしょう。
火星の公転の速度は地球のおよそ2倍。
ミッションは両惑星が最接近したときに行います。
複雑なミッションで地球に戻るのが困難なため、有人飛行は計画されたことがありません。
しかし火星協会会長のズブリンは夢見ています。
宇宙工学の分野で15年のキャリアを誇るズブリン博士。斬新な案を打ち出し火星の飛行計画を練ってきました。
気軽に行き自給自足をするのです。
火星の飛行で経費がかかる要因は、往復分が必要となる莫大な量の推進剤です。

ズブリンは積み荷を最小限にして、現地で調達する計画を立てています。

火星で調達したいものは3つ

最も重要なのは推進剤、次に、そして酸素

火星の大気の95%の炭酸ガスを原子炉に取り込み、水素を少し混ぜて反応させます。

すると、メタンと一酸化炭素の水が生産されるのです。

メタンと一酸化炭素は、地球帰還時の推進剤に使われます。

水は飲用水にのなるし、電解して水素と酸素に変えることもできます。

酸素は呼吸用にしたり、推進剤に使ったりします。

ただし、莫大なコストに加え有人飛行の危険性を指摘する声も多く上がっています。
そのため無人探査機が惑星の上空や周辺に打ち上げられているのです。

しかし、ズブリンは無人探査機の限界を指摘します。
ロボット探査機は送れますし私もサポートしますが、想像以上に大量に必要になると思いません。
一方ロボットは、あらゆる調査をしてしさまざまなデータや地表の画像をくれるでしょう。
ある意味で私達の目的は達成できるわけです。

しかし、生命の有無はわからないのです。

ズブリンの生命についての見解です 。

宇宙の中ので地球は特別だと考えるのは自然ではないでしょう。
似た環境であれば、地球以外でも生命は進化するはずです。

簡単な発見法はないのでしょうか?

証拠なら地球にあるかもしれません。

毎年地球には宇宙からの来訪者が何千をやっていきます。

彼らは静かに訪れ去って行きますが時折脚光を浴びるものもいます。

それは隕石です。

人は大昔から隕石に興味を持っていましたが、あまり公には取り上げられていませんでした。

近年科学者たちも貴重な情報にあふれた隕石の採取と調査に熱を入れ始めています。

隕石は地球の至る所に落下しますが、採取に最適なのは南極です。

毎年多くの科学者が命がけで氷の大陸訪れます。

そして、系統だった方法で青白い表現ではよく目立つ黒みがかった石を探すのです。

このような調査が行われる中、科学界に論議を巻き起こす特殊な隕石が発見されます。

隕石はヒューストンにあるNASAジョンソン宇宙センター内の施設に送られました。

この奇妙な緑の石は、厳しい管理のもとで期限についての綿密な分析と調査が行われました。

10年に及ぶ調査の後、ついに真実が判明しました。

隕石は火星から飛び出したものだったのです。

何十億年の時と、何百万キロの距離を超え隕石が伝えてきたのです。

それは生命の可能性です。

しかし火星の生命の証拠は他にもあるかもしれません。

生命存在の手がかりは、火星の顔にあると信じる人たちがいます。

リチャードフォーグランドは火星探査機から届く様々な画像を研究しています。

探査機は30年以上も火星を周回しているのです。

1976年バイキング探査機が初めて撮影した火星の表面に彼は驚きました。

フォーグランドが語っているのは、人の顔のように見える巨大な石の画像のことです。

フォーグランドの発見はそれだけではありません。

巨大都市の廃墟のようなものが顔を囲むように存在していたのです。

彼の説を否定する人もいますが、実のところ生命は存在したのでしょうか?

生命体が古代文明を築いたのなら彼らはどこへ消えてしまったのでしょう?

火星に知的生命体が存在するという説は科学的事実に基づいています。

古代の夜空で赤く燃えるように輝いていた火星。

当時の人々には戦いの神と見なされていました。

望遠鏡が発明されると、占星術師は夜空の光のいくつかは地球に似た星だと考え始めます。

火星が注目されるきっかけを作ったのは、イタリア人天文学者のツキアパレッティーです。

1877年、パレッティは望遠鏡で火星の表面の模様を観測していました。

彼はイタリア語で天然の水路と名付けたにもかかわらず、誤って人工水路と英訳されてしまいます。

人工水路すなわち運河は人々の想像をかきたてました。

地球から観測できる程の巨大運河があるなら、知的生命体が作ったはずだからです。

噂をアメリカ人天文学者ローベルが後押ししました。

ローベルは名門出身の天文学を愛する人物です。

そして火星全体に張り巡らされた運河を見つけたと思い込みます。

水の乏しい火星で生命体が考えを行ったという仮説も立てました。

20世紀の初頭まで火星人存在説はメディアを賑わせました。

1911年ニューヨークタイムズが、火星人は2本の巨大運河を建設と報道。

発達した火星文明のイメージができます。

優秀な電気技師のニコラテスラは、地球外の生命体が接触を試みてきたと初めて主張しました。

1899年、テスラは巨大なアンテナで電気の実験を行っていました。

その時、嵐など聞き覚えのあるノイズとは異なる奇妙な信号が繰り返し聞こえてきたといいます。

実世界では世界中の至る所で空飛ぶ円盤の目撃者が出現。

異星人による誘拐が騒がれます。

全世界が異星人騒動に巻き込まれました。

しかし騒動によって科学分野が飛躍的な進歩を遂げたのです。

1960年代初期までにロシアとアメリカは宇宙への有人飛行を成功させ火星に接近します。

月には到達しましたが生命は存在しませんでした。

しかし人間が宇宙飛行できる以上、他の惑星の生命体にもできるだろうということが分かりました。

さらに技術の進歩でロボット探査機が火星へ旅立ちます。

そして探査機の火星上陸が成功。

撮影画像から火星の様子を知ることができました。

予想は裏切られます。

残念な事実でした。

火星には生命や都市、そして運河があると何世紀も信じられていました。

ところが恐ろしく火星は不毛に見える場所だったのです。

数年にわたる観測の結果、火星はは死の世界だと判断されました。

しかし今日の火星に生命がなくとも、かつては文明が反映したかもしれません。

この説を唱えるフォーグランドはエンタープライズミッションの首席調査員で火星の研究者です。

長年自説の立証に努めています。

理論的根拠は単純だそうです。

火星に古代文明があった事を科学者に一言で納得させるとすれば配置に注目をと言います。

この人面像がいい例です。

NASAは単なる自然現象だといいますが、フォーグランドは反論します。

目、鼻の配置をじっくり観察して何千年も前から一般に認知されている人類の顔の配置とピタリと合うのです。

さらにフォーグランドは、顔を取り巻く様々な建造物とも配列にも注目しています。

サイドニアと名付けられたこの地区の配置は、地球の古代の儀式を施設に似ているそうです。

整列、平行、直角の構図が見られます。

また人面像と、その他のいくつかの建造物とは特別な幾何学的関係で結ばれてやるのです。

彼は、自らの説を実証するため画像のコンピューター解析を行い、周りの風景とは異質なものを探しました。

その結果、人面像やいくつかの構造は人工的なものだと分かったそうです。

実際の画像とフラクタル画像です。

厳密に言うとコンピューターでは如何なる処理も可能なので人工花自然かの判断はできません。

しかし目視で確認できるものもあるそうです。

この画像の構造物は鋭い頂点と斜面のある四面体のようです。

間違いなくですね何者かが建造したものなのです。

この種の形状は自然には住まれません。

いつの日か火星に上陸した際には、玄関をちゃんを探して中に入りたいものです。

外観がこれ頃に完璧な状態なのですから、中の保存状態はどうなのか非常に期待が持てます。

ではその文明に何が起きたのでしょうか?

興味深いことですが、科学を超え憶測の域に入ることになります。

証拠は何もありません。

彼は政府の隠蔽により、NASAが調査を控えていると考えます。

隠蔽があるのです。政府は政策だと言い張るかもしれませんが。

ブルッキングス研究所はNASAの委託研究をし1960年にその内容を発表しました。

そこには地球外生命体の発見をほのめかす項目がありました。

NASAが万が一、地球外生命体の証拠を発見した時の対処法も書かれていたのです。

発見時は、極秘にすべきである。

なぜなら文明を破壊する可能性があるからだというのです。

ある文明が異なる発展を遂げた文明と向き合うとき自分たちが遅れている場合は困難に陥ります。

アメリカ政府なら混乱を避け隠蔽するでしょうか?

報告書はさらなる調査の必要性は指摘しても、危機は告げていません。

ショスタッフは現在地球外生命体が技術を持っていることを仮定したプロジェクトに取り組んでいます。

スポンサーリンク




アレンテレスコープアレー

カリフォルニア大学バークレー校とセティ研究所の共同プロジェクトです。

セティは地球外知的生命体探査を意味し、研究所では天体物理学者や技術者学生学者が科学的調査を行っています。

宇宙空間から信号を拾い情報を得ようというのです。

このためセティは感度の良いアンテナを配置し、銀河系の数千億の星を調査しています。

車を運転中ラジオの周波数を合わせるのと同じような作業です。

もどんな信号かは問題ではありません。

内容の解読には別の技術が必要ですが、今はそれがないんです。

だから何者かが送信した事実で十分なのです。

不可能な調査に見えますが天文学は星や惑星を特定する中で目覚ましい進歩を遂げています。

セティはこの最新技術を駆使し、古くからの人間の問いについて精度の高い調査を行うのです。

証拠は得られたでしょうか?

1997年、ウェストバージニアで信号を受信しました。

誰もが大興奮してコンピューターのモニターに釘付けになりましたよ。

信号には異星人接触の特性が揃っていました。

まず周波数が限定されていること。

また自然界には多くの電磁波が飛び交っていますが。信号の発信源は宇宙のどこか特定の場所でした。

科学者は出所必死に探します。

世界はその日を境に変わるだろうと感じていました。

結果についても予想がつかなかったので、実に不安でした。

科学者らによる3日間の調査で、信号は異星人とは無関係がと判明します。

調査の結果、信号は太陽観測衛星から発信されたものを我々のアンテナが受信したと分かりました。

現在に至るまで、セティは地球外知的生命体の証拠を見つけていません。

現時点では地球外に生命がある決定的な証拠は得られていません。

残念な経過報告です

そして30年の遠隔観測によれば、火星には生物はいそうもありません。

しかし、水の存在によって火星の生命説が復活しました。

1976年バイキング探査機が撮影した火星の画像がきっかけでした。

火星の地表にもかつては水をたたえていた湖や川の底の痕跡が見られます。

今の地球のようには水が豊富だった火星が砂漠化して行ったとしたら生命体はどうなると思いますか?

隕石で得た手がかりから火星の生命をすでに発見したと信じるか学者もいます。

火星の生命体は2本足ではなく、緑の石に近いかもしれません。

1976年のバイキングによるか火星探査は大成功。

宇宙からの落下物の調査に貢献する予期せぬ成果もありました。

落下物とは身元不明の隕石のことです。

100年前から保管していた隕石が火星から来たものだったと思うバイキングの大気分析によって分かりました。

火星の石はどのように地球に来たのか?

科学者は小惑星が火星に衝突した際、地殻の一部が吹き飛ばされ宇宙に達したと考えています。

その後、宇宙空間をさまよった末地球の引力に引き寄せられ隕石として落下してきたのです。

隕石は火星にかつて水があったことを立証しました。

地球では磁鉄鉱の結晶、マグネタイトは多くの場合微生物が生成します。

高精度の顕微鏡で隕石を念密に調査するとさらなる事実が判明しました。

微小な虫のような構造体を発見したのです。

科学者は勢いづいています。

火星の生命が立証されたのでしょうか?

微生物の説は論議を巻き起こします。

反対派の主張は有機物やマグネタイトは非生物学的メカニズムでも生成する。

また虫のような構造物は研究室でサンプル検査に使われる物質だというものです。

地球に落下して以来1万年以上の間に汚染された可能性も指摘されています。

それでもなお微生物がいた可能性は火星の生命説に活気をもたらしました。

遠い昔、暖かく潤った火星で微生物が生きていたとしたら微生物は繁栄し都市を築いたでしょうか?

その可能性は低いでしょう。

乾燥、放射能、極寒という今の状況を考えれば無理があります。

この厳しい環境で生きられる者はなさそうです。

しかし微生物はそれほどもろいものでしょうか?

宇宙生物学者のボストンは暗闇のそこで火星の生命の痕跡を探ります。

ここは溶岩洞、数千年前に火山噴火の溶岩が流出してできた地下の洞窟です。

ここに何がいるのでしょう?

極限環境微生物です。

宇宙生物学者が極限撃環境微生物と呼ぶ生物を探しています。

過酷な環境で増殖する微生物です。

近年科学者たちは極限の環境に住む微生物を発見してきました。

火星にいた環境だと言えます。

つまり理論的には火星の環境でも声明は生きるのです。

しかし問題があります。

地球上のあらゆる生命がおよそ水を必要とするんです。

いろんな他の惑星の場合はわかりませんが、水は必要だとわれわれは考えます。

この事実は、火星の生命を探る科学者たちが総合的な戦略を決めるのに役立ちます。

ボラード宇宙飛行センターのカービンはNASAの火星探査プログラムに携わっています。

古代の火星には湿気があった上、両極にある曲間には今も氷があります。

そしてNASAは探査機により、最近の水の痕跡と思われる地形を発見しました。

さらに火星の3割程度の地下に氷が存在することも分かってきました。

水があれば生命の存在も考えられます。

各国の宇宙研究機関も火星に注目し過去30年間に無人飛行を実施されました。

しかし途中に真の空間が存在するのか、2/3は失敗に終わっています。

危険とかさむの費用のため有人飛行は遅れています。

けれどもズブリンは諦めていません。

ズブリンは火星探査関連の様々な専門家が集まる火星協会の会長です。

協会は生年火星探査の重要性を議会やNASA、政府に訴えてきました。

協会はユタ州の砂漠とカナダのユタ州に火星の模擬基地を作りました。

基地では有人探査の作業を想定し、シュミレーションを行っています。

火星で使うのに最も効率の良い技術や、方法を確認しているんです。

どんな技術が役に立つかなどです。

ズブリンは単なる旅ではなく火星への入植を考えています。

火星に注目したのは、生命や人類の文明を支えるのに必要な資源があるからす。

彼にとっての新たなフロンティアです。

一方、古代火星文明の痕跡ピラミッドの謎はまだ解けていません。

人面像を作った生物はどこへ行ったのでしょう?

そもそも人面像は滅びた文明を立証する証拠なのでしょうか?

もしかしたら、世界SF大会で手掛かりが得られるかもしれません。

しかし、火星の人面像の謎は簡単に解けるそうです。

パレイドリアと呼ばれる幻覚や錯覚の一種で最小物が人の顔に見えるんです。

目で捉えた証拠は、必ずしも信用できないと言います。

我々の脳はでたら目の形状を嫌い、カタチあるモノに結びつけようとします。

形などないのに視覚的刺激が加わり頭に見えたりキリストに見えたりするんです。

しかし形のないものからなんとか形を見つけようとする脳の現象です。

火星の表面をじっくり見ると顔がいくつも表れています。

顔のように思えるだけで古代遺跡ではありません。

しかしNASAのガービンは異論を唱えます。

アフィン幾何学配列のさまざまなパターンなら、火星上のあちこちに無数に見られるんです。

ほんの一部の地域だけを取り上げて続別だと備えるのは科学界に対する挑戦です。

四面体のピラミッド群は風によって作られたものです。

風が一定の期間ずつ順に4つの方向から吹いていたとしたらどんな事が起こると思いますか?

長期にわたり一貫した砂嵐のパターンが起きているとするんです。

同じような斜面を持つピラミッドの形がで複数作られるはずです。

似た形の自然の構造物ヤルダンがエジプトの西砂漠にあります。

サイドニアも風の浸食で形成されたと考えるのです。

人面像はどうでしょう?

この画像を見ると土地の起伏があって非常に規模が大きいことがわかります。

しかし平面的な写真だけでは判断できないと考えたガービーは構造物の分析をしました。

地形データと高解像度2D画像を合成し3D画像を作成したのです。

ヘリのような視点で人面造を観察できるようになりました。

このコードでは人面は背景に同化します。

目もなく口も見当たりません。

ロボットを送って調査してみてはどうでしょうか?

しかし莫大なコストを掛けローバーのような貴重な探査機を落とすのです。

調査対象は科学的優先度に基づき選定されるべきです。

古代遺跡の不思議を信じる人も、科学で立証された事実のみを信じる人もいるのです。

火星は臆測を呼んできました。

火星の生命が気になるのは人類の宇宙での位置に関わるからです。

我々は広い宇宙に住む民族小さな生命体集団です。

人類が月に上陸して30年が経ちました。

宇宙探査を単なる過去の事実で終わらせないためには、今こそ火星を目指す時でしょう。

広い宇宙において孤独な生命体である事実ほど落胆すべきことはありません。

もし宇宙のどこかに生命が存在するなら一番期待出来るのがこの星。

素晴らしき隣人火星なのです。

スポンサーリンク