レプティリアン・ヒューマノイドの謎に迫る!

スポンサーリンク




皆さんレプティリアンって言葉聞いたことありますか?
米国では、オバマ元大統領がこのレプティリアンではないかとも言われています。
今回はそんな謎のキーワード、レプティリアンの謎に迫ります。

レプティリアンの謎に迫る

レプティリアンとは、地球では爬虫類特に蛇に当たる知的生命体(人型爬虫類)です。

「レプティリアン・ヒューマノイド」も一般的な名称である。和名に一般的なものはないが、「レプティリアン」(reptilian)は、「爬虫類」を意味する「レプタイル」(reptile)の形容詞形であり、本項目では「爬虫類に属する」という意味[1]で解釈する。また、「ヒューマノイド」(humanoid)は、名詞で「人間の形をしたもの」という意味[1]がある。以上より本項目では、英名を「人間のような姿をしているが、爬虫類的要素をもつ正体不明の生物」と解釈し、「ヒト(人間の学名)型の爬虫類」と呼ぶことにする。

宇宙での的存在の間では、闇の存在の一派に属しそれは光の存在たちから分かれた分離する性質を持ったグループのこと。

冷血性、同情、感情移入する機能が欠如し恐怖、血のいけにえ、性的エネルギーを好み、いくら財産権力を集めても満足ということを知らず、特殊な世界に住んでいて今はあるところに封じ込まれている。
これがレプティリアンなのです。

ではなぜ、オバマもた大統領がレプティリアンと言われているのだろうか?

それはデービッドアイクという人物が、オバマを悪人だと切り捨てていたのです。

オバマは軍を縮小し米国を弱くして世界政府軍が制圧できるようにしたというわけだ!

これはまさに日本の沖縄で起きていることですよね.

ということは、あの人はレプティリアではなくただの犬ですね。

アイク氏は2012年末のエネルギーの転換点に向けて物事は流れていくと語り、2012年末完全アセンションを主張していた。

しかし実際、2013年になってエネルギーの流れなど何も変わらなかったという事実があります。

レプティリアンとは本当に存在するのでしょうか?

レプティリアンは大きな特長の一つとして、シェイプシフトが挙げられることが多く、ときには気を抜いてしまい本当の姿をさらけ出してしまうこともあるのだとか!

そんな信じがたい話だが米国では実際に、ニュース番組でレプティリアンが姿を見せたのです。

これは米国 fox news の人気レポーターのシャノングリームさんです。

シャノンブリームさんは米国内の大学を卒業後、フロリダ州大学のロースクールで学び学業と同時にミスコンにも参加見事ミスバージュニアで優勝。

その後2度にわたりミスアメリカファイナリストにも選出された米国指折りの美女なんです。

この日のつけどころのない経歴と、美貌を持ち合わせたブリームさんはニュースを読み上げている最中に、全米を震撼させる怪現象が数年前に起きていたことが今になって発覚したのだ。

これが話題となった衝撃の映像です。

目に注目してください。

伏し目がちにニュースを読み上げるブリームさんは顔を上げた瞬間、なんと目が白く変色しているのです。

ブリームさんは、その後も何事もなかったかのようにニュースを読み上げ再び目を上げると通常の状態に戻っていた。

一体彼女に何が起こったというのだろうか?

この映像からネット上では彼女はレプティリアンではないかとの声が多数あがった。

ちょっと衝撃的すぎません。

皆さんはどう思いますか?

かつてサッカー界の有名なレプリーであるマーククラッテンバーク氏も試合中にレプティリアンにシェイプシフトした瞬間を捕らえられた。

何気なく開いた口からまるで大型爬虫類のような、黒ずんが幅広したは一瞬ベロンベロンと飛び出してきたと言う。

最近では米オルタナティブバンド、スマッシングパンプキンズのプロントマン、ビリー・コーガン氏もシェイプシフターを目撃したことがあると語り、全世界に衝撃が走ったばかりだが、もしかしたらフォーガン氏が目撃したのもレプティリアンだったのかもしれない。
レプティリアンの代表格といえば、英国のエリザベス女王だがどうやら彼らはすでに世界中のあらゆる境界、分野に秘密裏に進出しているようだ。
多くの謎に包まれたレプティリアン。

信じるか信じないかはあなた次第なのです。

スポンサーリンク