世界で最も恐ろしい凶悪な7人の犯罪者の謎に迫る!

スポンサーリンク




世界では日々恐ろしい犯罪が発生してますが、テレビをつけたらだいたい報道されてますよね。
しかし、世間には知られない危険な囚人がいることもう事実なんです。
そこで今回は世界の凶悪囚人を7人ご紹介します!
閲覧にはくれぐれもご注意ください!

7人の凶悪犯罪者

 

リアルペニーワイズ

スティーブン・キング原作の小説や映画「IT(イット)」はとても有名ですよね。
ピエロが子供に近寄って怖がらせ、最後には命まで奪ってしまうという内容ですが実は、1970年代にこれと似た事件が起きているのです。
ジョン・ゲイジーはごく普通の男性で、父親でもあり地域活動や子どものパーティーにも積極的に参加して周りの評判も上々でした。
しかし、とんでもない秘密がありました。
ポゴ」という独自のピエロになり子供のパーティーに参加して多くの子供を誘拐していたのです。
そして6年間で、33名もの尊き命を奪いました

ロブスターボーイ

グレイディ・スタイルスは、 一家代々の遺伝でこのよう手で生まれ、後に「ロブスターボーイ」と呼ばれるようになりました。
この手のせいで何もできないグレイディは7歳の頃に見世物小屋に入りました。
この後、結婚をしてパフォーマーとして生計を立てていたそうですが、奥さんや子供にDVを繰り返すようになります。
とうとう娘の結婚式の日に悲劇が起こりました。
ブレイディは、健康なてを持って生まれた娘に嫉妬しており娘の婚約者に銃を向けたのです。
数年間、刑務所に入りますが釈放されると想定外のことが起こります。
収監中に元妻が再婚していたのです。
これに腹を立てグレイディは復讐を試みようとしますが、妻はパフォーマーに殺害を依頼したことで一命を取り止めます。

ジェイソンバーナム


2012年にバスルームで警官ともめ逮捕されますが、メディアが注目したのは犯行ではなく彼のタトゥー。
頭全体に入ったタトゥーは全部で20個以上もあり、なんと目玉にもタトゥーが入っています。
人を見た目で判断してはいけないと言いますが、ここまで来るとさすがに怖いです。
22年の実刑を受けて現在服役中だそうです。

レッドリッパー


19世紀末に起こった連続殺人事件の犯人といえば「ジャック・ザ・リッパー」が有名ですね。
レッドリッパーという名前も。ジャックザリッパーから奪ったとされています。
彼は12年間で52人の女性や子供に暴行を加えます
しかし長年事件の証拠が見つからず野放しになっていましたが、1990年になり警察の罠にかかって逮捕されます。
罪を認めて刑務所で最期を迎えています。

アイリーン・ウォーノス


彼女が起こした犯罪等は映画にもなっています。
1989年から191010年にかけて、アメリカフロリダ州で7名を殺害。
さらにこの殺害も自己防衛だったと嘘の理由を述べているのです。
逮捕後すべてを自白し2002年に刑務所で最期を迎えました。
アイリーンは小さい頃からとても不幸な子供時代を送っており、犯罪に手を染めたのではないかと思われます。

ヨハン・ウンターヴェーゲル


ヨハンは幼い頃から不幸な環境で育ち、ひったくりなどで刑務所に何度も出入りしていました。
そしてついに最悪の犯罪に手を染めてしまい、40人の女性を殺害したのです。
逮捕された後も仮釈放中に20人の女性に危害を加え、終身刑を言い渡されます。
ヨハンは服役中に雑誌のコラムを執筆しており、収容されてから4年間執筆を続けました。
自分の好きなライターが凶悪犯だった、なんてこともあると思うと怖いですね。

デニースラダーは、通称BTKと呼ばれています。


あまり良い意味の呼び名ではありません。
1974年から1991年にかけて罪を犯すと、「俺は絶対に捕まえられない」という手紙を警察に出しました。
しかしこの手紙が逮捕の決め手となりました。
手紙にはメッセージを入れたフロッピーを一緒に送っていて、その中からラダーが入会していた教会の情報が見つかったのです。
2005年に刑務所に入り、現在も服役中とのことです。

スポンサーリンク