【驚愕】アメリカNASAが「月の宇宙人基地を攻撃」の謎に迫る!

スポンサーリンク




元CIAのパイロットでUFO研究家のジョン・リア氏から驚愕の証言がされました。
なんと、月には2億5000万人の人々が住んでいるというのです。
あなた方が、月について見聞きしたことはすべて嘘です
2007年、パブリックレクチャーの壇上でリア氏はそう声を荒げました。
どういうことが詳しく説明します。

奇妙な月面写真

リア氏のウェブサイトを見ると、これまでの研究成果である「無数の異常な月面写真」が掲載されています。
これらの研究を基に、月に2億人以上の人々が住んでいると確信したと思われます。
リア氏によると、NASAなどが公開している月面写真で月面の建造物が確認できないのは、プロジェクションにより月の表面が隠されているからとのことです。


これまでも、未解明の奇妙な月面写真はいくつも存在します。
UFOや人工的な構造物、住居らしきものまで様々あります。
ご存じのようにNASAは巧みにこれらの異常を無視、隠蔽していますが、例えば中国の月面探査機嫦娥3号が昨年12月に撮影した月面画像には建造物らしきものが写っています。
世界的UFO研究家のスコット・ウエアリング氏は、これらは人類が月に建造したものだと考えているといいます。
建造の真意は不明ですが、NASAが長年にわたり、月面の構造物を隠し続けてきた動かぬ証拠と言っていいでしょう。
ですが、リア氏によると月に住んでいるのはヒューマノイドエイリアンとも言うべき、人間型の地球外生命体でありそれらの中にはグレーも存在するとのことです。
では、今回撮影され建物も宇宙人の住居ということでしょうか?

スポンサーリンク




米政府が宇宙人基地を攻撃!?

ここに1つの噂があります。2009年秋、NASAの「無人探査機エルクロス」が時速9,000キロもの速度で激しく月面に衝突しましたが、これには別の目的があったかもしれないというのです。
エルクロは、約2.2tの第2弾ロケット、「セントール」を月の南極に位置する「カベウス・クレーター」に向け発射。
これは表向きは純粋に科学的な理由からでしたが、UFO研究からは別の可能性を指摘しています。
なんと、カベウスクレーター内には正方形に近い人工的な構造物が存在し、セントールがそれをターゲットにした「核ミサイル」だったというのです。
つまり、米政府の真を狙いは、宇宙人基地の破壊だったというのです。
よく言われているように、米政府とNASAは月面の宇宙人基地の存在をずっと前から知りつつ、それらを公表することなく破壊していると言われています。
もしかしたら、これらの建造物は月面の建造物であり、宇宙人らと血で血を洗う地上戦を繰り広げているのかもしれません。

アポロ11号のクルーが発見した囚われた人間

超常現象研究家、並木伸一郎氏は以前「アポロ11号のクルーたちが月の裏側で囚われた人間たちを目撃した」と語っていたが、これはアブダクションされた人間ではないかとも考察されています。
月で発見された、モナリザ(かぐや姫)のミイラも過去に囚われた人間だったのかもしれませんね。


月の不思議は増すばかりで、もしこの噂が本当なら私たち一般人が知らないところで大変なことが起きていることになります。
いつの日か、すべての真相が明らかになることを期待するかないでしょう。

スポンサーリンク